眼が痛くなった意味

 

眼球を刺されるような痛み

 

先日、眼が超絶痛くなりました。

朝からなんか眼が重くて痛いなぁと思っておりましたが、いつも通りコンタクトレンズを入れ、打ち合わせへ。

打ち合わせ中は眼が霞み、なんとか我慢していましたが、事務所に戻って来てからコンタクトを外し、少し休息を取りました。

しかし良くならない、全然良くならない。

それどころか、痛みは増す一方。

充血もして来ました。

そのうち、痛くて痛くて眼を開けていられなくなり、眼球を刺されるような痛みで、立っていられなくなりました。

涙もあとからあとから滝のように流れて来て、ティッシュも離せない。

もぅ、何がどうしたの⁈ とパニックになりました。

 

 

初めて実感した眼のありがたみ

 

この時、私は生まれて初めて、眼のありがたみを実感しました。

普段はものが見えるのが当たり前、こうして「色を見る」お仕事をさせていただいているのも当たり前。

自分が持っている「眼」に、感謝の気持ちを持ったことも、敬意を払ったことも、全然無かった。

コンタクトレンズを何時間も入れっ放しにし、眼科の検診頻度も適当。

私が大好きなお仕事をさせていただいているのも、この眼のお陰なのに、眼のことを考えたことなんて、ほとんど無かった。

痛くなって初めて、自分の「感謝の気持ちの無さ」に気付きました。

なんと情けない。

そして「今までどうもありがとう。これからは大事にするから、なんとか治って!」と必死で自分の眼にお願いしました。

 

 

神様とお医者様と眼に祈った

 

コンタクトレンズを外したよく見えない眼でなんとか眼科に行き、診てもらったら、乾燥で眼球の表面がむくんだようになり、細かい傷がたくさん付いているとのことでした。

眼も皮膚なので、乾燥により、傷が付きやすくなるそうです。

目薬2種類と、あっかんべーをして眼の中に入れる(怖い( ;∀;))軟膏を処方されました。

必死のお願いの効果もあってか、お医者様のお見立てより早く、3日ぐらいして、眼は完全に回復しました。

この出来事、大変だったけど「眼の大切さ」を私に教えてくれた忘れられない出来事となりました。

 

 

眼に感謝!

 

「私の眼」さん、いつもありがとう。

雑な扱いをして来て、ごめんね。

もっともっと、色の力でたくさんの人を幸せにして行きたいので、これからもどうぞ宜しく!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です