黙っててもおもてなしはできるよ

 

話の腰を折る仲居さん

 

お客様とのお食事。

趣向を凝らした日本料理にウットリなのですが…仲居さんが私達の会話に割って入ってまで、お料理の説明をするので、いちいち話の腰を折られて、なんだか疲れました。。。

途切れた話やムードを、また元の状態に戻すのって、大変なんだよね。。。分かって欲しいよ、私の努力。。。しかも説明は棒読みだし、お品書きをみれば分かることだし。

 

 

口に出すことが全てでは無い

 

敢えて黙ってることで、伝わることってありますよね。

 

 

本音は言えなかった

 

帰り際に、オーナーに「いかがでしたか?」って聞かれたけど、笑顔で「美味しかったです」と言うのが精一杯でした。

味は美味しかったので、嘘の感想ではありませんが、本当は仲居さんの接客態度について、言いたかったんですけどね。

仲居さんもお仕事だからやってることだろうし、空気を察して間を読んで欲しい旨を遠回しに言っても、難癖付けてるだけに思われるかもしれないと思ったので、諦めてしまいました(>_<)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です