見える・見えないは多数決ではない

 

少数派の感覚も大切にすることが万人に通ずる

 

秋葉原駅の案内。

上2つの道案内、大事なところは色を変えてあるのですが、背景の色との差が無く、本当に分かりにくいです。

 

世の中には、色の識別が苦手な方もいるし、視力が弱い方もいる。

 

その方々は少数派かもしれないけど、案内を作った方や多数派の感覚ではなく、万人が見えるように、つまり少数派の感覚も大切にして、こういう案内は作ってもらいたいと、強く、思います。

 

特に駅の案内は、公共性の高いものなのだから。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です