なぜに「銀座」か

 

銀座の家賃を「高い」と思わない理由

 

私のサロンは「銀座」にあります。

約5年間、銀座でやっておりますが、他の地域に比べると、家賃にはたくさんのお金がかかります。

弊社の経費の中でも、家賃は多くの割合を占めています。

 

だけど私はこれを「高い」と思いません。

 

だって、通勤するだけで、世界の名だたる一流ブランドの、ショウウインドウを見られるのです。

 

 

毎日が活きた勉強

 

「銀座松屋」のショウウインドウに飾られる、様々なブランドの旬の商品達。

プリーツだらけのバッグとか、裏が赤いピンヒールとか、値札を確認しお財布と本気で相談させてしまうドレスとか。

 

 

 

ふはぁ~、今はこれが旬なのかぁ~と思いながらそれらを通り過ぎると、今度はシャネル、カルティエ、ルイ・ヴィトン、ブルガリに囲まれた魔性の一角が待っています(笑)

 

 

銀座は和光の時計台の辺りが最も地価が高いイメージですが、私はこの一角が、とても好きです。

まずそれぞれのブランドが入っている建物自体が、とてもオシャレ。

 

 

Okura houseに惚れ惚れ

 

一番好きなのは、カルティエが入っているOkura Houseです。

 

 

大成建設施工のこちらの建物は、こんなところにこんな飾りが付くの?といちいち感心するほど、細部が凝っています。

壁面の石の焦げ茶色も、重厚感があって上品。

スベスベで、思わず撫でちゃったことも数回あります(;^_^A

 

 

シャネルの主張

 

あと、シャネルの建物も好きです。

この建物は夜になると、壁面全体に映像を映し出すのですが、それが、あ~銀座だな~、これぞ銀座!という感じの映像なのです。

映像自体は白黒なのですが、建物全体で「シャネルだぜ!ようこそ銀座へ!」って言っているようなウェルカム感や達成感を感じます。

 

 

横目で納得するルイ・ヴィトン

 

ルイ・ヴィトンのショウウインドウは、ふ~ん、今はそんなパンツ丈なんだ…とか、なるほど、そういう黄色なんだね!とか、ひとり横目で納得しながら通り過ぎています。

 

 

カラフルなブルガリ

 

ブルガリは、ショウウインドウの中の壁面の色がカラフルです。

マゼンタと呼ばれるような濃いピンクが、印象的だったなー。

 

 

世界の本物を見るということ

 

こんな感じで、毎日通勤するだけで、勉強になり、感性が磨かれる通勤路なのです。

買って自分で身に着けられれば最高だと思いますが、そうじゃなくても、毎日本物を見るということは、すごい勉強になっていると思います。

毎日、世界に名だたる一流ブランドの作品を見ているって、感性が磨かれることだと思います。

 

だから家賃には、私の勉強料、私の感性を磨く料金も入っていると思っています。

 

 

予約した時から感じていただける「ワクワク」

 

こんな風に私が恋している「銀座」。

だけど私がこの「銀座」をサロンに決めた一番の理由は、自分が恋した街だからではありません。

 

一番は「お客様に喜んで欲しいから」です。

 

だってお客様が私のサロンに予約をして「明日、銀座に行くんだ♪」と、場所だけで前の日からワクワクしてもらえるって、すごいことじゃないですか?

 

やっぱり「銀座」にはブランド力があります。

それも国内トップクラスの。

 

前の日、もしくは予約を入れた日から、お客様に最上級のワクワクを提供したい。

ご予約をいただいた時から始まる、私のサービス。

そう思ってサロンの場所は「銀座」に決めました。

 

だからたくさんのお金をお支払いしても「銀座」は私のサービスに必要不可欠、私がお客様を幸せにできる場所だと、感じています。

 

こんな私の気持ちに答えてくださり、最初から両想いになってくださるお客様に、このブログを書きながら、より一層感謝の気持ちが湧いて参りました♡

お客様の皆様、いつも本当にどうもありがとうございます♡

 

銀座、大好き♡

 

 

銀座と真逆のベクトルで完成が磨かれる能登半島

 

しかし私のルーツは能登半島の漁村です。

こちらも私の大好きな場所♡

潮と、船の機械油の匂いが混じった甘ったるい匂いを嗅ぐと、あ~帰って来た~と、とても安心します。

 

ここでも私は感性を磨かれています。

「私」という商品が生まれ、育った場所なので、自分を確かめに、癒しに行くには持って来いの場所なのです。

 

最後に、故郷の写真の中でも、特に気に入っているのものを。

 

 

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です