ドイツのセミコロン社の付箋で 新たなカラー戦略の実行

井口文華堂

 

日吉のシンボル 井口文華堂

 

東急東横線の日吉駅周辺に住んで、もうすぐ20年。

とは言え、自宅と会社を往復する毎日なので、日吉にはどんなお店があるのか、ほとんど知りません。

そんな中で「井口文華堂」は大好きな文房具屋さんです。

「日吉と言えば井口文華堂」ともネットで書かれていて、地元ではとても有名で、愛されているお店だと思います。

 

 

センスが相当良い井口文華堂

 

「井口文華堂」ってなんと言うか…文房具屋さんらしくない文房具屋さんなんです。

まずお店の外観も内装も可愛い。

レンガとかタイル貼りとか、飴色の木造の階段とか、ヨーロッパのおうちみたいなインテリアのお店なんです。

扱っているものも、事務っぽくない文房具がいっぱいで、多色展開されているものは、全色売れなさそうなのに、売れ色だけではなく全色揃えてあったり、ヨーロッパの有名ステーショナリーブランド発の高級なレターセットが置いてあったり、画材と文房具の中間のような凝った文房具が陳列されていたり、ラッピング用紙やリボンなど、限られた人しか使わなそうなものも、かなりの面積を使って並べられていました。

飴色の階段の横の壁には、おしゃれなシールやカードがズラーっとかけられていて、階段の途中に立って、それらの中のどれを買おうかと、迷ったことは何度もあります。

ここまで個性的に他の文房具屋さんと違うことをして、置いてあるものが全部、どこにも置いていないような珍しいもので、しかもウキウキワクワクするようなもので…って、すごくセンスが良い!と思います。

上品な雰囲気まで漂っていたから、バイヤーの方は、相当センスが良いと思うんですよね。

 

 

綺麗色のペンを買いに行ったら

 

3年ぶりの人間ドックで引っかかり、ここ数日落ち込んでいました。

心を元気にするために、綺麗でカラフルなものが欲しくなって、大好きな「井口文華堂」に、綺麗な色のペンセットを買いに行きました。

12色とか24色のセットで、太字と細字が両端にあって、レタリングができるようなペンを探したかったのです。

「井口文華堂」ならあると思って出かけたのですが…。

なんと「井口文華堂」自体が………無かった!!!!

 

 

縮小移転していた井口文華堂

 

今までの「井口文華堂」があった場所に「井口文華堂」が無いので、狐に化かされたような気持ちで、慌ててスマホで調べたら…Amazonなどのネット通販の波に勝てず、縮小移転したとの記事がありました。

今までの場所から少し離れたところの建物の2階に移転しており、ものすごーく分かりづらかったです。

 

 

階段を昇り切ったところに看板が

 

井口文華堂

 

やっと見つけた「井口文華堂」は階段を昇り切ったところに看板があり…これだと道を歩いている人は分からないよ(-_-;)と思いながら昇ったら…でもやっぱり、センスの良さは健在でした。

相変わらず、文房具屋さんらしくない文房具屋さんの雰囲気です。

日比谷辺りの画廊みたいな看板ですね。

看板をそっと照らす照明もステキ☆彡

 

井口文華堂

 

 

中は一部屋しか無かった!

 

やっと見つけた看板に、心躍らせて中に入ってビックリ!

なんと、ほんの一部屋しか無いのです。

ネットの情報によると、33平方メートルだそうです。

ちょっと広めのワンルームマンションぐらいの広さしか無かったのです。

 

 

レターセットや封筒 たばこが中心

 

センスの良いラインナップは相変わらずでしたが、スペースがとても狭くなったので、置いてあるものは非常に少なくなっていました。

「井口文華堂」が扱うにふさわしいものに、ラインナップを絞りに絞ったんでしょう。

鳩居堂の和紙や、イタリアのカルトス社のレターセット、海外のたばこがラインナップの中心だったと思います。

ラインナップが少なくなったのは残念だったけど「井口文華堂」の個性が際立つようになったと思いました。

 

 

私の目に留まったものは

 

しかし、私が探していたような、12色とか24色のペンセットはありませんでした(>_<)

でもお店が小さくなった分、店主の方との距離が近くて、とてもアットホームなんです。

まるで、文房具屋さんと言うよりは、駄菓子屋さんのような雰囲気でした。

ニコニコと「小さくなってしまって、すみません」と話しかけて来てくださる女性店主の前で、何も買わずに帰るのは気が咎めて、なにか私の心が躍るものは無いかな…と探していたら、12色の付箋セットが目に留まりました。

 

 

12色の心躍る付箋セット

 

セミコロン付箋セット

 

付箋はほとんど使わないけど、見ているだけで楽しくて、購入したこちらは、ドイツのステーショナリーブランド、セミコロン社のものだそうです。

ドイツは、私の大好きなお客様が、長らくドイツにいらっしゃって、ドイツのお話もよく聴くので、勝手に親近感を覚えている国です。

さすが産業の国ドイツ、この付箋はおしゃれで可愛いだけでなく、半透明だから、マーカーとして文字の上に貼っても良さそう!

一応、カラー戦略のプロだから、こういうものも使いこなしてみようかな、と思いました(笑)

 

 

使わなくても心躍るもの

 

人間ドックに引っかかり、落ち込んでいましたが、これからは心躍ることを大切にしようと新しい考え方ができたら、元気になって来ました。

その象徴として、今日は「井口文華堂」でカラフルなものを買いたかった。

新しい考え方ができたイコール、新しいスタートなので、それを象徴する目印が欲しかったんですね。

当初欲しかった12色のペンセットとは大きく違うけど、心躍るもの、持っているだけで楽しくなって来て、何度も見ちゃうものを買うことができたのは、新しいスタートをお祝いできたようで、嬉しかったです(*^-^*)

 

 

新しいカラー戦略の実行

 

そしてこのカラフルな付箋を使って、よりカラー戦略を日常的にすることが、今後の私の大きなヒントになりそうです♪

上手に使えることができるようになったら、またご報告します(*^^)v