ハガキ一枚で届いたこと

目黒潤

 

ポストにハガキが入っていたので差出人を見たら「東京千代田法律事務所」となっていたので、なにかダメなことをやっちまったかと思いました。

偉いところから郵便物が来ると、反射的に自分を振り返ってしまいます(^^;;

 

ハガキの差出人は、弁護士の斎藤悠貴先生でした。

ネットの誹謗中傷にお強い、若くて新進気鋭の先生です。

ハガキには

「フェイスブックにて、メデルが五歳になりましたこと、拝見しました。誠におめでとうございます」

とありました。

 

私の投稿をご覧になってくださったこと、一緒に喜んでくださったこと、そしてそのお気持ちを、わざわざおハガキで送ってくださったことに、とても感動しました。

 

斎藤先生がお気持ちを「届けて」くださったから、こんなに感動したんだなぁ。

私も「届ける」人になろう。