カテゴリー
カラー戦略マガジン

カラー戦略マガジン029:色気と痔の気のない者はない ~恥の上塗り、緊張の上塗りをしないためのスーツスタイル~

あなたの「選ばれ力」をアップします!

特許取得の色彩設計師® 目黒潤の「カラー戦略マガジン」を開いてくださり、どうもありがとうございます!

こちらのマガジンでは、古来から伝わることわざや慣用句から「色」が入っているものをピックアップし、現代のカラー戦略で読み解いていきます!

あなたの日々の生活や、ビジネスシーンに活かしていただき、「選ばれ力」をアップしていただけたら、とても嬉しく思います!

色彩設計師® 目黒潤

本日のお題

色気と痔の気のない者はない
いろけとじのけのないものはない

こちらの意味は・・・

人は誰でも似たり寄ったりだということ。
痔で悩む人が多いことから、色気と痔の気の語呂を合わせて生まれたことわざ。

(出典:ことわざ辞典 ONLINE.)

だそうです。

が!

こんなことわざ、ご存知でしたか?

私は初めて聞きました!

>痔で悩む人が多い
そそそ、そうですか・・・!?

こちらのことわざを見た瞬間「え、マジで!?」と思いましたが、私自身の視野を広げる意味も込めまして(笑)今回はこちらのことわざを、カラー戦略で読み解いていきたいと思います!

※上記の画像はイメージです。

「恥ずかしい」という感情は他のネガティブな感情を増長させる

20代の頃、超ブラック企業に勤めていた私は、ストレスから身体を壊して入院したことがあります。

結果は、腸の調子が少し悪くなっただけで、お陰様で病気ではなかったのですが、検査がとてもハードでした!

先端に小さなカメラが付いたホースを、お尻の穴から入れられる検査は、本当に、本当に、イヤでした!
(胃カメラの検査を腸にするようなイメージです)

20年以上前の話ですので、今は医学の進歩により、そんなに大変じゃないのかもしれませんが、当時は、本当に、本当に、大変でした。

検査前に、男性の医師から、

「こんな検査をしてごめんね。
若い女の子だから(当時の私は20代だったので)、よけいにイヤだろうし、僕も本当はこんな検査、したくないんだけど…」

と謝られ、まだ検査の全貌がよく分かっていなかった私は、なんでこんなに謝られるのかナ? 検査前の、この「溜め」の空気はナニ?と思っていたのですが、まぁそういうことでした(苦笑)

恥ずかしいわ、痛いわで(特に腸のカーブに合わせてカメラが曲がる時)、その時の記憶はトラウマとなって残っています。

でも今思うのは「恥ずかしい」から、よけいに「痛く感じた」のではないか、ということです。

ここで私が、そんなの検査だから仕方ないよね!と割り切ることができていて、恥ずかしいという気持ちがあまり無かったとしたら、こんなにウェットな気持ちにはなっていなかったと思うのです。

もっとドライに「あ、大腸の検査?うんうん、痛かったよー!」と、カラッと人に語れるくらいになっていたと思うのです。

「恥ずかしい」という感情は、他のネガティブな感情を増長させるのでしょうね。

おしゃれより大切なのは「恥をかかない」こと

そして「恥ずかしい状況」になると、頭に血が上り、冷静に考えられなくなる(つまり、テンパる)ということも、往々にして起こりますよね。

「恥ずかしい」とは少し違うのですが、「緊張していて、しかもその緊張を楽しめない状況」は、「テンパりやすい」という意味では「恥ずかしい」と似たような状況ではないでしょうか。

例えば「好きな人に会いに行く」という状況でしたら、緊張してドキドキしますが、楽しみですよね。

でも「初対面の相手にプレゼンしに行くけど、どんな反応が返って来るのか、皆目見当がつかない。下手したら気分を害されるかもしれない」とか「格式ある場所での仕事関係のパーティ(セレモニー)に出席するけど、完全にアウェイな立場」みたいな状況ですと、緊張しますし、その緊張を楽しむこともできませんし、「とにかく恥はかきたくない」という感情も湧きますよね。

ということで、本日は、

格式ある場所での仕事関係のパーティ(セレモニー)に出席するけど、完全にアウェイな立場

に特化して、

恥をかかないためのスーツの着こなし

をお伝えしていきたいと思います!

おしゃれよりも、「恥をかかない」ことの方が大切ですものね!

生地の「質」で一発勝負

まずスーツの色は「紺」、特に「濃紺」が良いと思います!

「紺」は世界的に「フォーマル感」「ビジネス感」を表現できると認められている色ですので、国際色豊かなパーティでも、堂々とお召しになっていただくことができる色です!

そして「格式ある場所」というのは「質」重視です。

なのでスーツの模様は、大柄なストライプやウインドウペン(格子柄)よりも、「無地」「控えめなピンストライプ」や、生地の「織りの陰影」でストライプを表現する「シャドーストライプ」が良いと思います!

なぜならば、そのような控えめな柄だからこそ「生地の上質さ」を際立たせることができる、つまり「生地の質」で勝負できるからです。

模様が無いからこそ、「生地の質」がモノを言います。
まさに、生地での一発勝負です。

大柄な模様は、生地の質をごまかすことができる…というのは言い過ぎですが、控えめな柄の方が、良くも悪くも生地の質が際立ちますよね。

ですので「格式ある場所での仕事関係のパーティ(セレモニー)」には、是非、

上質な生地の「紺」の無地、もしくは控えめな柄の「紺」のスーツ

にてご出席いただけたらと思います!

※仕事関係のパーティでない場合は、また条件が違ってきます。

品の良い艶感と色気が出まくりの組み合わせ

「紺のスーツ」に合わせるネクタイは、お立場それぞれでおススメできる色が異なってきますので、一概には言えませんが、

上質な生地の「紺」のネクタイ

はテッパンで、どなたにもおススメです!

私は今までたくさんの方々に、「紺」のスーツに「紺」のネクタイの組み合わせってカッコ良いですよ!と言ってきましたし、このメルマガでも書いたことがありますが、全身で使う色数が「紺1色」だからか、

「地味じゃない?」

とおっしゃる方が何名様かいらっしゃいます。

でも、全く地味ではありません。

なぜならば、スーツもネクタイも「質重視」というルールを尊重し、生地にこだわると、自然な「光沢」が生まれ、それが「上質な美しさ」を醸し出すからです。

ですので地味どころか、

品の良い艶感
品の良い色気

が出まくりなのです!

今まで「紺×紺」の組み合わせは地味なんじゃないか、と敬遠されていた方も、機会がございましたら、「色」だけではなく「生地の質感」にも着目してみてくださいね。

ものすごく上質なコーディネートになりますよ!

そして、こんなに「上質感」が生まれるのには、もう一つ理由があるのです!

その理由は、次のセクションでご説明しますね!

カラーコーディネートの「落ち着き」は何に繋がるのか

色はそれぞれに、イメージを持っています。

これは言い換えると「色はそれぞれに、人に与える情報が異なる」ということです。

「赤い洋服」と「青い洋服」はそれぞれ印象が違いますし、「赤をメインカラーにしたプレゼン資料」と「青をメインカラーにしたプレゼン資料」でも、雰囲気が異なってきますよね。

なので、色は単なる装飾ツールではなく、

色は情報

と捉えていただければと思います!

そう考えると、色数の多いコーディネートには、たくさんの情報が詰まっていますが、情報が錯綜してまとまらず、散らかって見える懸念があります。

お洋服の場合には、下品に見えたり、田舎くさく見えたりする場合がありますし、プレゼン資料の場合には、何が言いたいのか、分かりにくくなる場合があります。

しかし、色数の少ないコーディネートでは、一色一色の特徴が際立つので、その色が持つ情報が、しっかりと地に足を付けて伝わるという「落ち着き」が出ます。

このカラーコーディネートの「落ち着き」が、本物の「上質感」や「高級感」に繋がっていくのです!

なので、「紺」のスーツ×「紺」のネクタイのように、全身で使う色数を少なくしておくと、それだけで、

上質感が生まれる!
高級感が生まれる!

という、カラー戦略ならではの効果が生まれます!

ちなみに、この場合のシャツの色は「白」か「薄い水色」をおススメしますが、プラスアルファとして「白のポケットチーフ」を挿すことを、強くおススメします!

たかがポケットチーフ1枚ですが、これがあると、本当に洗練されて見えるのです!

普段はあまりポケットチーフに馴染みが無い方でも、せっかくの格式ある場所でのパーティ(セレモニー)ですので、是非お試しいただけたらと思います♪

「恥をかくのではないか」という心配を全力で取り除いて、本来の魅力を発揮する

このように「生地の上質さ」にこだわり、さらに「全身の色数」も調整すれば、格式ある場所での仕事関係のパーティ(セレモニー)も、怖くありません!

緊張するアウェイな場面で「俺の服装、変じゃない?」と心配して「緊張の上塗り」をし、テンパることが無くなります!

それどころか、一言で言って「カッコ良い!!」、つべこべ言わなくても「カッコ良い!!」ので、のびのびと、本来の魅力を発揮していただくことができます! 

まとめますと、格式ある場所での仕事関係のパーティ(セレモニー)では、

★上質な生地の「紺」の無地、もしくは控えめな柄の「紺」のスーツ
   +
★上質な生地の「紺」、もしくは「紺」に近い色のネクタイ
   +
★「白」のポケットチーフという

「恥をかくのではないか」という心配を全力で取り除いた服装で、「選ばれ力」を益々発揮してみてくださいね!

※本日のお話は女性にも当てはまりますが、女性の場合は、もっと華やかでもOKです!

本日のカラー戦略的結論

「紺」で「恥」を撃退できない者はない

現代のカラー戦略で読み解いた「まとめ」

定期購読マガジンのご案内

こちらの記事がパワーアップして、noteにて「定期購読マガジン」として掲載されています!

定期購読マガジンには、こんなメリットがございます!

総合的に「選ばれ力」がアップします!

1)リアルでもオンラインでもあなたの実力が伝わるから「選ばれ力」が大幅アップ!
2)新しいアイディアが沸きやすいあなたに!
3)オンラインでも気後れしないあなたに!
4)今のお部屋が、もっと仕事しやすいお部屋、寛ぎやすいお部屋に!
5)毎月定期的に記事が届くので、面倒なお手間が無く、安心!

3本の記事からなるマガジンです!

月額500円(税込)の定期購読マガジンの中に、

●「カラー戦略マガジン」*オンラインでの隠しワザ付き*…2本

●「お仕事がはかどるインテリアの色」…1本

合計3本の記事が、1つのマガジンの中にパッケージされております!
つまり、1か月に3本の記事が届きます!

月額500円(税込)ですが、初月無料です!

*「お仕事がはかどるインテリアの色」は定期購読マガジンご購入者だけがお読みいただくことができますが、「カラー戦略マガジン」は、どなたでも試し読みができます。

カテゴリー
お客様たちのお声 研修・講演系

日ごろの業務では知ることのできないビジュアル戦略

プレゼン資料カラー戦略研修

研修ご担当者

男性

日ごろの業務では知ることのできない、でも色々な場面で重要になってくるビジュアル戦略について、 教えていただく機会を持てたのは、ありがたいことでした。
今後ともよろしくお願いいたします。

カテゴリー
カラー戦略マガジン

カラー戦略マガジン028:白刃踏むべし ~時間と気持ちのコントロールができる色~

あなたの「選ばれ力」をアップします!

特許取得の色彩設計師® 目黒潤の「カラー戦略マガジン」を開いてくださり、どうもありがとうございます!

こちらのマガジンでは、古来から伝わることわざや慣用句から「色」が入っているものをピックアップし、現代のカラー戦略で読み解いていきます!

あなたの日々の生活や、ビジネスシーンに活かしていただき、「選ばれ力」をアップしていただけたら、とても嬉しく思います!

色彩設計師® 目黒潤

本日のお題

白刃踏むべし
(はくじんふむべし)

こちらの意味は・・・

《「礼記」中庸から》白刃を踏むことも辞さないほど勇気のあることのたとえ。

(出典:「コトバンク」)

だそうです。

ちなみに「白刃」とは・・・

鞘(さや)から抜いた刀。

(出典:「goo」辞書」)

つまり「鞘から抜き立てほやほや」の刀だからこそ、勇気を捧げる対象になるわけです。

これが仮に、何度も使った後の刀だったり、鞘から抜いてずーっと放っておかれた刀であれば、そんなに切れる感じはしないので、勇気を捧げる対象にはならないと思うんですね。

「鞘から抜き立てほやほや」だからこそ…「ほやほや」だからこそ、踏むのにものすごく勇気が要るわけです。

この「ほやほや」…つまり「初物」だったり、「場慣れしていない感じ」だったり、「フレッシュな感じ」って、その時だけしか発揮できない魅力がありますよね!

期間限定だからこその「研ぎ澄まされた魅力」なんでしょうね!

…ということで今回は、「期間限定」から派生するカラー戦略をお伝えしていきます!

お断りする勇気

ところで本日のお題の「白刃踏むべし」は勇気があることのたとえですが、私がこれまで生きてきた中で、一番勇気を出したのは、中学生の時に、好きな男の子に告白した時でしょうか。

その時のことを思い出すと「あ~!!!」と絶叫して、壁に頭をぶつけたくなります。

(※注 フラれてはいません。笑)

以降の人生では、ここまでの勇気は出していませんが、起業してからは「断る勇気」というものに苛まれました。

起業して、会社員生活と全く違うんだな、と思ったことのひとつに「飲み会やイベントへのお誘いへの多さ」があります。

起業したばかりの頃は、人脈が欲しかったですし、お断りするのが申し訳なかったですし、なにより、お断りしたら嫌われる、とすら思っていたので、お誘いいただいたものには、ほぼ全て参加しておりました。

参加したかったわけではなく「お断りする勇気が無かった」ので、参加しておりました。

私が一番アホだったのは、Facebookでのお誘いです。

それこそ会社の忘新年会などの大人数の飲み会って、一斉メールでご案内してから、参加者や参加人数を詰めていくと思うんですけど、Facebookにはそれと同じようなことができる「イベントへの招待」という機能があるんですね。

でもその機能って、お誘いされた人には、

「●●さんがあなたを(イベントに)招待しています。」

という大げさな通知が、Facebookから来るわけです。

ただのお誘いなのに「招待」って、なんだかすごく大げさじゃないですか!?

でも起業と同時にFacebookを始めて、Facebookデビューが遅かった私は、そこが見抜けなかったわけです。

なのでFacebookから、

「●●さんがあなたを(イベントに)招待しています。」

と通知が来ると「●●さん」がFacebook上で知り合っただけの人で、リアルでお会いしたことが無い人でも、結婚式の招待状が届いたような感覚になってしまい、

絶対に行かなきゃ!
せっかく招待してくれたのに、行かなきゃ失礼に当たる!

と思い込んで、仕事を早く切り上げて、駆け付けたりしておりました。

リアルでお会いしたことが無い人にもそのような厳粛なご招待が届く、それがFacebookでのお付き合いなんだ、SNSってスゲー…と、勘違いの納得までしておりました。イタタタ

そして7,000円の会費を払って(たけぇ~)遠くから主催者の●●さんを、「あの人が●●さんかぁ~」と眺めたりしておりました。

リアルでお会いしたことが無いので、この温度感です。笑

「●●さん」とは一応名刺交換して、二言三言交わしますが、それ以上仲良くなることは無く、私が「招待」を重く受け止めていたこともフォローもされず…涙

そんなアホなことを何度か繰り返しているうちに、Facebookの「招待」って、そんなに重く受け止めなくても良いんだ、なんなら無視してても良いんだ、ということが分かり、今に至ります。

当時の私はこんな感じで、お誘いいただいた飲み会はほぼ全て出席し、しかも、起業のストレスから腰が痛くなってブロック注射を打って、やっと歩いたりしておりましたので、電車での移動が困難で、タクシーで飲み会に駆け付けたりしておりました。涙

なので経費の「交際費」と「交通費」がハンパなかったです。苦笑

今は、都合が悪ければ堂々とお断りしますし、そんなことで嫌われないと思っておりますし、もし嫌われたとしてもしょうがない、ぐらいに思っておりますが。

自分の時間が一番大事です。笑

「初めての時」しか出せない「魅力」

…とまぁ、お断りする勇気が無かったうえに、勘違いだらけだった私の起業当初ですが、誰でも「初めて」の瞬間ってありますし、その「初めて」が魅力に転ぶこともありますよね!

(※注 私の起業当初は悪い例です。笑)

今回は、

「初物感」を醸し出して、見る人を初心に帰らせてくれる色

●ほんの少しの「緊張感」が「フレッシュ」なイメージとして伝わり、見る人を飽きさせない色

の2色をご紹介したいと思います!

ところで、私が苦手なもの。

パッと思い浮かぶだけで2つございまして、1つは、立食パーティです。

なにせ私は雑談が苦手なので、立食パーティでは手持無沙汰になってしまい、お寿司やサンドイッチを、ひたすら食べているだけになっています。泣

もう1つは、駆け引きです。

相手がこう言ってきたら、こう言おう。
相手にこう言わせるために、こう言おう。

…はい、できません。

相手の言動なんて読めないですし、読めないものに対してコチャコチャ考えるのは時間のムダだと思っておりますので、さっさと本題を言いたい派です。

なのでご紹介する2色についても、ためずに、焦らさずに、さっさと答えを言いたいと思います!笑

初心に帰らせてくれる色

それは「ピンク」です!笑

「ピンク」は見た人に「優しい」イメージを与え、緊張感を和らげてくれる効果があります。

そして「男性・女性」で言えば「女性」を彷彿とさせ、「女性」の中でも大人の女性ではなく、「少女」を表現できるのが「ピンク」です。

そんなところから「ピンク」は、見る人に「若々しい」イメージを与え、いつも「初物感」を醸し出し、見る人を初心に帰らせてくれる効果もあるのです。

この効果は、例えば下記の場面に活かすと効果的です!

●ルーティンの作業を行うファイルを入れるクラウド上のフォルダの色を「ピンク」にする。

●ルーティンの予定を、カレンダー上で「ピンク」に塗る。

●ダイエット食品を食べるお皿の色を「ピンク」にする。←私です。笑
でも5キロ痩せましたよ!「ピンク」だけでなく、様々な努力の相乗効果だと思いますが。

●ダンナと久しぶりに二人でお出かけする際に「ピンク」「ピンク」の服を着て、「古女房」と言わせない。

●月初に「ピンク」のネクタイで出社して、部下に「前月の続きの今月」ではなく「前月は昨日で終わり。悪いことは引きずらない。『今月』という全く新しいステージが今日から始まる」と強く認識してもらう。

・・・上記のように、生活を細かく棚卸ししてみると、「ピンク」の効果を享受できる場面はたくさんあるのではないかと思います!

この機会に、是非、取り入れてみてくださいね♪

飽きさせない色

それは「水色」です!笑

空の色でもあり海の色でもある「水色」は、空や海の雄大さを彷彿とさせ、それが「爽快感」に繋がります。

でも「水色」の本当の魅力はそこに留まりません!

「水色」は文字通り「水」の色なので、水の性質…その場に留まっていない流動性が、一瞬しか無い「緊張感」となり、それを隠し味として演出することができる…それが「水色」の本領なのです!

また「水」は透明なので、汚れの無い潔癖さ…それもまた、心地良い「緊張感」に繋がります!

つまり「水色」はただ単に「爽やか」なだけではなく、ほんの少しの「緊張感」も感じさせることができる色なので、それが見る人を「飽きさせない」という効果になるんですね。

この効果は、例えば下記の場面に活かすと効果的です!

●気合を入れたい会議の予定を、カレンダー上で「水色」に塗る。

●ルート営業の相手先に訪問する際に「水色」のネクタイを身に着ける。

●クライアントに出した提案が通らず、再チャレンジする時の提案書のメインカラーを「水色」にする。

●Excelで見積書を作っている時に、似たような項目で入力を間違えて計算間違いしないように、セルの要所要所を「水色」で塗る。

回数をこなしていると、どうしても「飽き」がきますが、「水色」は適度な緊張感を与えてくれるので、ビジネスシーンではとても役に立つ色だと思います!

こちらも「ピンク」同様、是非、取り入れてみてくださいね♪

本日のカラー戦略的結論

「ピンク」と「水色」は時間と気持ちのコントロールができる

現代のカラー戦略で読み解いた「まとめ」

定期購読マガジンのご案内

こちらの記事がパワーアップして、noteにて「定期購読マガジン」として掲載されています!

定期購読マガジンには、こんなメリットがございます!

総合的に「選ばれ力」がアップします!

1)リアルでもオンラインでもあなたの実力が伝わるから「選ばれ力」が大幅アップ!
2)新しいアイディアが沸きやすいあなたに!
3)オンラインでも気後れしないあなたに!
4)今のお部屋が、もっと仕事しやすいお部屋、寛ぎやすいお部屋に!
5)毎月定期的に記事が届くので、面倒なお手間が無く、安心!

3本の記事からなるマガジンです!

月額500円(税込)の定期購読マガジンの中に、

●「カラー戦略マガジン」*オンラインでの隠しワザ付き*…2本

●「お仕事がはかどるインテリアの色」…1本

合計3本の記事が、1つのマガジンの中にパッケージされております!
つまり、1か月に3本の記事が届きます!

月額500円(税込)ですが、初月無料です!

*「お仕事がはかどるインテリアの色」は定期購読マガジンご購入者だけがお読みいただくことができますが、「カラー戦略マガジン」は、どなたでも試し読みができます。

カテゴリー
お客様たちのお声 研修・講演系

自分では気が付かない内面を発見出来た

チームビルディング研修

受講者

女性

研修ありがとうございました。

とても楽しく、また自分では気が付かない内面を発見出来たりと大変勉強になりました。

次回は、メイクや洋服のコーディネートとのことで大変楽しみにしております。

カテゴリー
お客様たちのお声 研修・講演系

自分が色で例えられる

チームビルディング研修

受講者

女性

自分が色で例えられる・・・それによって、こんな人ですね。先生がおっしゃった時はビックリしました。

初めての経験で、少し戸惑いましたが次回の講習を楽しみにしています。

有り難う御座いました。