カテゴリー
01-05 企画書・提案書 04 blog・YouTube 04 YouTube 05-12 赤 06 色覚特性者

【決裁率が高い提案書】優秀な「刺客」となってくれる提案書とは?【色遣いのリスクヘッジ】

提案書が優秀な刺客に!

 

【熱血カラー戦略講座 vol.37】


色の力でたくさんの人を幸せにしたい!!

 

特許取得の熱血カラー戦略!カラーコミュニケーター®目黒潤がお送りする「熱血カラー戦略講座」シリーズです。

目黒潤は、カラー戦略の分野で特許を取得しております。

研究開発者ならではの目線で、色の効果を楽しく分かりやすくお伝えしたいという想いから、こちらのチャンネルを始めました!

 

今回の動画は、

提案書の決裁率を高めるために、どんなに小さなリスクでも、潰しておこうというお話です。

私からご提案するのは、カラー戦略による「見え方のリスクヘッジ」。

提案書に優秀な「刺客」となってもらって、クライアントの決裁者に、私達の熱い想いを伝えましょう!

 

 

 

弊社の企業理念は「色の力でたくさんの人を幸せにする。」

そしてビジョンは「色は、すべての人に平等である。」

この2つから導き出される事業ミッションの一つに「色覚特性者がコンプレックスや不自由を感じることのない世の中を実現する。」と置いています。

 

色で不自由を感じることが無い世の中にしたい。

それは、色弱・色盲の方も、それ以外の方にとっても。

そう思っているので、私は、研修でもプライベートレッスンでも、提案書などのプレゼン資料作成のパートでは、必ず「カラーユニバーサルデザイン」に触れています。

 


→「価値を高めたい個人経営者」のためのご案内

 

→「プレゼン資料カラー戦略研修」のご案内


 

 

 

 

提案書の色遣いに詳しくなった裏話

 

プレゼンに行くと、よく「どこで色の勉強したの?」と聞かれます。

 

私はブラック企業出身なので、当時は「死ね」「飛び降りろ」と言われる毎日でした。

商談に行ったら手ぶらで帰ってくるわけにはいかず、必死で提案書の色遣いも工夫して、それが今の仕事のきっかけになっています、と答えると、その後、シーン…となって、あまり話が続きません。

必死感が伝わり過ぎなのかな。笑

 

まぁどちらにしろ、ものごとが「決裁される」「お財布のひもが緩む」という現場に立ち会って来たことが、財産になっていると思います。

 

 

 

 

カラーユニバーサルデザインに関する関連動画

 

 

【男性の20名に1名は色弱者!】プレゼン資料、色覚特性者の見え方も考えよう! ★字幕つき★

 

 

 

【店主必見!】お客様を連れて来る【看板の色】

 

カテゴリー
01 プライベートレッスン/マンツーマン研修 01-01 パーソナルカラー分析 01-02 TPOカラー戦略 01-10 <お客様の声>プライベートレッスン/マンツーマン研修 03 お客様の声 05-12 赤 05-14 オレンジ

今まで気にもとめなかった色が好きになっていた

 

今日もありがとうございました。

今まで、気にもとめなかった、赤やオレンジが、

気になる!? 好きな色になっている事に気付きました。

やるにたつことも、改めて、気付けて、気持ちも、

また、やる気になりました。

(自分を)いたわる事も忘れず、幸せになります。

ありがとうございました。

カテゴリー
01-02 TPOカラー戦略 04 blog・YouTube 04 YouTube 05 カラー戦略ラボ 05-01 黄色 05-10 ピンク 05-12 赤

カラーボックスでデスク周りをカンタンお片付け♪

オフィスの整理整頓

 

デスク周りに山積みになりがちな、書類関係。


そんな書類たちでも、きれいな色のボックスを使って、誰でもカンタンに、楽チンに、お片付けできる方法があります♪


片付くだけでなく、必要な時にサッと取り出せるので、本当におススメです!

 

約3分の動画でカンタンにご説明しておりますので、是非ご覧ください( ^ω^ )

 

(ちなみにこの方法は、私が考えたものではなく、お片付けのプロの友人からヒントをいただいたものです…ホント、ありがとう(;^ω^))

 

 

ポイントは、

「色のイメージと、ボックスの中身を合致させる」

ということです!

 

例えば黄色って、光を表現する色でもありますし、見ると明るい気持ちになったり、楽しい気持ちになったりしますよね(実際に、そういう効果があります)

「希望」を表現する色でもあります。

 

私の場合は、黄色のボックスには、私の研修で使うテキストや、今現在進行中のプロジェクトの書類を入れたりしています。

 

私の研修のモットーは「楽しくやる!」ということなので、色で表現すると「黄色」がピッタリだし、今現在進行中のプロジェクトも「うまく行きますように!」という「希望」を込めているので、希望を表現する色である「黄色」のボックスに入れるのが、やっぱりピッタリなのです。

 

それから、私はお客様には熱意をもって、情熱的に接するのですが、情熱や愛情を表現できるのは、赤や濃いピンクなので、赤や濃いピンクのボックスには、お客様の情報を書いた書類(カルテのようなもの)を入れたりしています。

 

こんな風に、

「色のイメージと、ボックスの中身を合致させる」

と、「この書類、どのボックスに入れようかな~」なんて迷わないので、瞬時に片付きますよ!

秒速で、どこかのボックスに分類されるので、迷うヒマや散らかるヒマがないのです。

 

色のイメージって、それだけ強烈なんですよね。

文字でラベルが貼ってあったら、読んで、ちょっと考える必要がありますが、色は考えないで、ほぼ本能で、分類することができます!

 

それが色の力!

色って本当にすごいなー。

 

というわけで、カラー戦略でお片付けもできちゃうよ!っていうお話でした。

 

ちなみに私が使っているボックスは、「エトランジェ・デイ・コスタリカ」っていう文具メーカーの「A4ドキュメントケース」というものです。

 

アマゾンや楽天でも購入できるようです(2020年1月現在)

 

こちらの「エトランジェ・デイ・コスタリカ」、カラフルなファイルもあって、超かわいい♥

オフィスの整理整頓2

 

このファイルも、オフィスの整理整頓に役立ちそうですね!

 

かわいくて、お役立ち!

色好きには、たまりませんな~♥

カテゴリー
02 講演 04 blog・YouTube 05-12 赤

赤るく(あかるく)歩む

プラダの赤い靴

 

今月ご依頼いただいている講演の演題は、年末ということもあり、来年への決意を担うようなものが多いです。

例えば、「来年はカラー戦略を取り入れて売上を上げよう!」みたいな。

 

そんな中、私は数日前に駅の階段ですっ転んで、足を捻挫してしまいました😢

 

漁村育ちの山猿だった私は、中学生時代に10回以上の捻挫経験がありますが、すぐに治っていたので、今回もそのつもりでいたのですが、いやー、中学生の時から30年経ってるもんね! 同じようにはいかないね! なかなか治りません💦

 

しかし、明日の講演は、赤のパンプスを履くと決めました!

 

主催者に衣装の確認をしたら、堅くなくても大丈夫とのことだったので、赤のエナメルパンプスで行きます!

 

「赤」の語源は「明るい」なんだそうです。

赤のパンプスを履いたら、気持ちとしては、足元に火が灯ったみたいになりそう!

捻挫の足も、治りそうってもんです!笑

 

明日は若手社員向けとのことなので、「自分の意思で、自分の足で歩んで行く。カラー戦略はその手段」ということを、お伝えして来たいと思います!

カテゴリー
01 プライベートレッスン/マンツーマン研修 01-01 パーソナルカラー分析 04 blog・YouTube 05-12 赤

色に引っ張られる

赤いセーター

 

イキイキ・キラキラの秘密

 

今日はとても嬉しいことがありました。

 

50代女性の2度目のプライベートレッスンだったのですが、前回よりも、すごく、すごく、すごーーーーーく、お綺麗になられていたのです!!

 

私はいつもお客様をエレベーターの前までお出迎えに行くのですが、エレベーターの扉が開いた瞬間、わぁ~!!と思うくらい、イキイキ・キラキラしたオーラに包まれていらっしゃいました。

 

笑顔もとても柔らかく、こちらも幸せになるくらいのハッピーオーラを漂わせていらっしゃいました。

 

そしてサロンの中に入って、コートを脱いでいただいた瞬間!!

 

その秘密が分かったのです!!!!!

 

その方は、赤のセーターを着ていらっしゃいました。

 

私が「わぁ~!!赤のセーター!!すごく素敵です!!」と言ったら、

「これでいいですか…? 合っていますか…? 前回、目黒先生に言われた色を着て来たつもりなんですけど…」とはにかんでおられました(≧∇≦)

 

 

 

勇気を出したからこそ手に入る

 

この「赤い色を着る」ということ。

 

単に、私が「赤が似合う」と申し上げたから、「そのまま赤を着て来た」という単純な話ではないのです。

 

特に、今まで、赤のようなハッキリしていて目立つ色を「似合わない」と思い込んで、避けて来た方にとっては、それはもう、挑戦であり、冒険なのです。

 

だから、赤のセーター1枚にしても、その方にとっては、どれだけの勇気が要ったことか

 

様々な葛藤もあったと思います。

 

私にはそれが分かります。

 

ちょっとここで、私自身の話をしてしまいますが、私はかつて、コンプレックスだらけでした。

 

でも、色で、どんな人でも魅力を表現できることに感動して、安定したOL生活を辞めて、この仕事で、自分の一生を満たすことにしました(おこがましいですが、「色の力でたくさんの人を幸せにしたい」と思っています)

 

だから、今まで自分に自信が無かった人が、目立つ色である「赤」を着るということに勇気が要ることも分かりますし、そして「赤のセーター1枚で変わった自分」への感動があることも、本当に本当に、よく分かります

 

本日の、赤のセーターをお召しになったお客様は、「まだ家の中でしか赤を着る勇気は持てないけれども、、、目黒先生が選んでくれた色に引っ張られて、毎日が楽しくなりました!!」とおっしゃっていました。

 

そう、そうなんです!!

 

本当は、本当は、自分は、どんな色が似合うのか、本当の自分は知っているんです!!

でも、日々の生活の中で、自分のことを後回しにしたり、他にもたくさん考えることがあったりするので、自分が本当に好きな色や、本当に似合う色のことを考えなくなってしまうのです。

 

今日のお客様も、初めていらっしゃった時は、美人さんなんだけれども、なんだか何かを我慢されているようなお顔をされていました。

 

それは、自分で選んだ色を着ているはずなのに、本当の自分は、その色を選んでいないからなのです。

つまり、「本当の自分が選んだ色を着ていない」から、自信も持てないし、我慢をしているようなお顔になってしまうのです。

でも自分のことを後回しにして、自分のことをちゃんと考えていないので、そのことにも気付きません。

 

そしてその気持ちは、色々なところに派生してしまうので、本来のご自分の明るさを出せなくなったりするのです。

 

でも今日は!!今日は!!今日のお客様は!!!

 

とってもお綺麗で、「内側から輝く」ってこういうことなんだなぁ~!と再認識させていただけるくらい、イキイキ・キラキラされていたのです!

 

ご自分の魅力が本当に光る色を手に入れて、ご自分も納得されているので、どこも我慢するところが無いのです。

 

だから、自然と、イキイキ・キラキラと輝くのですね!!

 

本当にお綺麗でお綺麗で、ご主人は絶対に惚れ直すだろうな~♥と思いました(笑)

 

 

 

 

似合う色は自分が一番納得

 

銀座ショッピング

 

本日のお客様の場合は「赤」に分かりやすく象徴されていましたが、別に赤じゃなくても良いのです、ご自分の魅力が本当に光る色であれば。

 

本日のお客様は、パーソナルカラー分析を受けるまで、ご自分で気付いていらっしゃらなかったのですが、鮮やかなお色がお似合いの方で、赤以外にも、目の覚めるような青や黄色もお似合いになります。

 

おさらいのつもりで、もう一度そのことをお伝えしましたら「えぇ~!!(笑)」とおっしゃっていましたが、もうご自分では分かっていらっしゃるはずです。

 

こんなに鮮やかな色を堂々と着こなせる自分。

色に負けずに映える自分。

どこも我慢しているところが無い自分。

 

魅力が本当に光る色を着ると、身体も、身体の内側も納得するので、何のストレスも無くなります。

なので、お肌がイキイキ・艶々して来ます!

 

それが本当のご自分なのですから、もう最高なのです!!

 

お正月明けに、本日のお客様と、目の覚めるような青や黄色を求めて、銀座の街にショッピングに繰り出すことをお約束しました♪

 

楽しみだな♪

 

 

 

 

パーソナルカラー分析で生きて行く

 

パーソナルカラー分析

 

私はたまたま、人前で話すこともできるので、企業研修や講演なども行っておりますが、でもやっぱり、お客様と1対1でお会いして、その方の魅力を、色で表現できるお手伝いができるって、最高だな!!と思います!

 

色の力を借りて、その方がご自分の魅力を自覚する瞬間が、私にとっては最高の幸せなのです。

 

こういうことができる自分で良かった。

 

だから、この仕事をしています。

カテゴリー
04 blog・YouTube 05-06 青 05-12 赤

京都鉄道博物館のトイレのマーク

京都鉄道博物館のトイレのマーク

 

京都鉄道博物館のトイレのマーク。

形はどちらも男性に見えるけど、青を見たら男性って思うし、赤を見たら女性って思いますね。

それが色の力。

発車オーライのポーズもかわいい。

カテゴリー
01-04 スライド 01-05 企画書・提案書 01-09 コーポレートカラー/カラーコード 04 blog・YouTube 04 YouTube 05 カラー戦略ラボ 05-06 青 05-12 赤

【目黒潤のビジネスカラー戦略講座 vol.4】プレゼン資料の「赤と青」使い分けアドバイス ~立場編~

「【目黒潤のビジネスカラー戦略講座 vol.1】プレゼン資料の「赤と青」使い分けアドバイス」でご質問をいただきましたので、そのアンサー動画です。

 

プレゼン資料の「赤と青」は、非常に重要ですが、立場によって使い分けると、より効果的です!

 

カラーコーディネートの分野で特許を取得しているカラーコミュニケーター®目黒潤から、使い分け方のアドバイスです。

 

 

カテゴリー
01-02 TPOカラー戦略 04 blog・YouTube 05-12 赤

赤でワクワク!ファーバーカステルの子供用絵の具パッケージ

ファーバーカステル子供用絵の具

 

友人が本場ドイツのファーバーカステル城で、ファーバーカステルの子供用絵の具を買って来てくれました!

24色です。

パッケージはワクワクする色の代表格である「赤」を使っていて、おもちゃみたいで、持っているだけで幸せ(๑>◡<๑)

 

バーバーカステル子供用絵の具

 

やっぱり「赤」の威力ってすごいと思います!!

これが例えば、黒とか白だったら、こんなに興奮しないと思います。

「赤」以外だったら、「黄色」もワクワクしますね♪

「鮮やかな青」や「黄緑」も目を引いて、わぁ〜!ってなりますが、興奮度は、赤や黄色には負けますね。

 

色の効果は、感情とホルモンの分泌の両方が合わさってもたらされるものなので、商品パッケージの場合は、その商品の魅力や、商品を手に取って欲しい人を、色で戦略的に伝えることができます。


ところでこのファーバーカステルの子供用絵の具、一色ずつピースになっていて、並べ替えると輪になります!

色以外の仕掛けも満載です(*’▽’*)

ファーバーカステル子供用絵の具

カテゴリー
01-02 TPOカラー戦略 01-04 スライド 01-05 企画書・提案書 04 blog・YouTube 04 YouTube 05 カラー戦略ラボ 05-06 青 05-12 赤

【目黒潤のビジネスカラー戦略講座  vol.1】プレゼン資料の「赤と青」使い分けアドバイス

企画書や提案書、スライドといった「プレゼン資料」でよく使われる色のツートップ「赤と青」。

 

その使い分け方を、カラーコミュニケーター®目黒潤が解説しました。

(簡単な動画なので、簡単に説明していますが、研修やプライベートレッスンでは、理論的にご説明します)

 

ポイントをざっくりご説明しますと、

◎赤と青は正反対の意味で使う!

◎赤は「増えるもの」、青は「減るもの」という意味で使う!

という感じです。

 

カテゴリー
04 blog・YouTube 05-01 黄色 05-03 黄緑 05-08 紫 05-12 赤 05-13 茶色 05-14 オレンジ

模様替えのヒントは、ピエール・エルメ

サロンの模様替え

 

最近サロンが窮屈な感じがして、今の私に合ってないなぁーと感じたので、今の私がのびのびできる色彩を考えてみました。

 

ピン!と来たのは、大人気スウィーツ店「ピエール・エルメ」の店舗の色彩です!

黄色・黄緑・赤・オレンジといった元気な色彩が散りばめられているのに、子どもっぽくならずに、上品にまとまっていて、しかも美味しそう!笑(実際に美味しいけど)

今までは、アンティーク家具の深い茶色と、コーポレートカラーである紫を基調にしたインテリアだったので「元気」「明るい」というエッセンスは無かった、私のサロン。

どこに何を投入すれば、手早く「ピエール・エルメ」になれるか考えた挙句、椅子とクッションに黄色とオレンジを投入し、仕事道具の色鉛筆やペンも、ディスプレイしました。

 

やっぱり、色が好きだ。ニマニマ笑ってしまう。