プロダクトデザインプロデュース

“ インスパイアプロデュース ” にて、ターゲットと会話できるプロダクトに

下記のようなお客様に、大変喜んでいただいております。

●「若い女性向き」「高級感を出したい」「カジュアルな雰囲気にしたい」など、プロダクトの魅力を表現できるカラーバリエーションが欲しい法人・団体

●プロダクトの開発とPRや宣伝活動を、一貫性を持ったブランドストーリーとして訴求したい法人・団体

取材にて「ブランドストーリー」を構築し、誰もが使えるように「論理的に」ご説明

現場を取材し、内なる「源泉」を可視化する

目黒潤が開発現場に取材に伺い、プロダクトに込められた内なる「源泉」を感じ取ります。

「源泉」とはそのプロダクトの、唯一無二の「魅力」「強み」「武器」です。


そのために必ず、プロダクトの開発責任者の方を取材させていただきます。

源泉を可視化すると、そのプロダクトの唯一無二の「ブランドストーリー」を表現できるようになります。

感じ取った「源泉」を「論理的に」ご説明

「色彩設計師」という目黒潤独自の技能を用い、プロダクトの源泉を可視化いたします。

源泉の可視化の方法として、根幹となるのは唯一無二のブランドストーリー、そしてその枝葉となるプロダクトカラー(ブランドカラー)やキャッチコピーのご納品がございます。

これらを感覚的ではなく、論理的に、分かりやすく、ご説明できるのは、目黒潤が特許取得者なる所以で、これこそが “ インスパイアプロデュース ” の核です。

お客様ご自身で「ブランドストーリー」を伝えられるように!

お客様のどなたにも、ご自分の「源泉」、そしてそこから織り成す唯一無二の「ブランドストーリー」について自覚、納得していただくことができますので、今度はお客様ご自身で、それらを外部に伝えられるようになります。

「プロダクトデザインプロデュース」を活かすとどうなるか

プロダクトの開発だけでなく、PRや宣伝活動に活かしていただくことができます!

●プロダクトカラー(ブランドカラー)

●キャッチコピー

●プロダクトカラー(ブランドカラー)の色名

これらは、プロダクトの開発だけでなく、その後のPRや、宣伝活動におけるパンフレットやWEBサイトなどの販促ツールにも活かしていただくことができますので、一貫性を持ったブランドストーリーを訴求できます。

個別のマニュアルを全社で共有できるので、全社一丸となってプロダクトに取り組んでいただくことができます!

唯一無二のブランドストーリーを表現していただくための「ブランドビルディングマニュアル」を個別に制作し、ご納品いたします。

こちらのマニュアルを全社で共有することで、全社一丸となって、プロダクトの開発や宣伝に取り組むことができます。

「唯一無二の存在」が明らかに!

目黒潤は、プロダクトカラー(ブランドカラー)を設計する際に「売れる色はなに色か」という市場調査は行いません。

市場調査は、サンプルになった方々のベースに寄るところが大きく、また、ただの多数決とも言えます。

それはプロダクトの「唯一無二の源泉」とは何の関係も無く、また、ブランドビルディングには「唯一無二の源泉」を磨き上げるに勝るものは無いという強い考えの下、プロダクトデザインプロデュースを行います。

誰もが思いつく色では勝負しません。

そのプロダクトだからこその色、そのプロダクトならではの色を設計し「唯一無二の存在」を明らかにいたします。

お客様たちのお声

マニュアルがかなり役に立った。
マニュアルをいただけたことで、全社で同じものを共有できて、社内共有の手間が省けた。

(営業部・資料作成ご担当者)

色が持つ意味や多くの人が共通して感じる印象を知ることが出来て、面白かったです。
また、色覚障害の人の見え方に驚きました。
今後、商品企画をしていく中で、活かしていきたいと思います。

(商品企画部ご担当者)

概要

ご料金

基本料金

1,000,000円(税別)
1プロダクトにつきカラーバリエーション2色~3色

基本料金には、以下の内容が含まれます。

●「源泉の可視化(ブランドビルディング)」の母体となるブランドストーリー
ブランドビルディングの根幹となる、非常に大切なものです。
文章にてご納品いたします。

●プロダクトカラー(ブランドカラー)設計
プロダクトの「源泉」を可視化する色を設計いたします。

●プロダクトカラー(ブランドカラー)の色名
プロダクトカラー(ブランドカラー)にオリジナルの名前を付けて、ユーザーの興味を引いたり、満足度を高める工夫を行います。

●キャッチコピー考案
プロダクトの「源泉」を可視化するキャッチコピーを考案いたします。
WEBサイトのトップページに置いていただいたり、ロゴに組み合わせてお使いいただくことができます。

●素材チェック(発色テスト・褪色テスト含む)
プロダクトカラー(ブランドカラー)を使用する素材をチェックいたします。

●「ブランドビルディングマニュアル」
→詳しくはこちら

●「源泉の可視化(ブランドビルディング)」とブランディング、プロモーションとの連携戦略
より強固なブランドビルディングのためのアイディアをご提案いたします。
ツールの制作やプロモーション戦略をご提案する場合がございます。

「ブランドビルディングマニュアル」の掲載内容

16~32ページ程度の中綴じの冊子です。
一緒にPDFデータもご納品いたします。

プロダクトの開発だけでなく、その後のPRや、宣伝活動におけるパンフレットやWEBサイトなどの販促ツールにも活かしていただくことができますので、一貫性を持ったブランドストーリーを訴求できます。

● 「源泉の可視化(ブランドビルディング)」の母体となるブランドストーリー

●プロダクトカラー(ブランドカラー)のカラーコード(DICナンバーやPANTONEナンバー、CMYK、RGB、HTML)

●各プロダクトカラー(ブランドカラー)の役割
・メインカラー
・サブカラー
・テキストカラー
など

●プロダクトカラー(ブランドカラー)選定におけるイメージキーワード

●プロダクトカラー(ブランドカラー)の使用例

●プロダクトカラー(ブランドカラー)の波長ポジショニングマップ

●プロダクトカラー(ブランドカラー)のイメージポジショニングマップ

●キャッチコピー

ご納品までのお時間

契約書を交わし、ご料金を前払いで頂戴してから、約2週間~2ヶ月間程度

オプション

下記のオプションがございます。
お見積りいたしますので、お気軽にお問い合わせくださいませ。

●メディア用のコピーライティング
源泉可視化の母体となったブランドストーリーを、WEBサイトなどで公開できるように、リライトしてご納品いたします。
プロダクトの唯一無二のブランドストーリーを分かりやすく訴求できますので、ブランディングやプロモーションの一翼を担います。

●テンプレート・色彩設計図ご納品
プロダクトカラー(ブランドカラー)を実際のビジネスシーンですぐにご活用できるように、お手伝いいたします。

●ロゴデザイン
プロダクトカラー(ブランドカラー)やキャッチコピーを使って、ロゴデザインを行います。

●メインビジュアルデザイン
プロダクトカラー(ブランドカラー)やキャッチコピーを使って、WEBサイトのトップページに置いたりするメインビジュアルのデザインを行います。

●クリエイティブデザイン
プロダクトカラー(ブランドカラー)やキャッチコピーを使って、パンフレットやWEBサイトなどの、販促ツールのデザインを行います。

お受けできる件数

1ヶ月間4件様まで