カテゴリー
お仕事のこと

オラ系が黙っていない

1年前は全滅した対面の企業研修ですが、最近はオンライン研修のご依頼をいただけるようになってきました。
 
ご担当者ともオンラインでお打ち合わせしますが、相変わらず言われるのが、
 
「ビシバシ言ってやってくださいっ!」
「なんでも言っちゃって大丈夫ですっ!」
「よろしくお願いしゃっすっっ!!」
 
ということです。
(※注 ご担当者の性別は問いません)
 
そういうキャラで講師として売っているわけではないですし、お打ち合わせの時もニコニコしているのですが、
 
研修中、
 
・反抗的な社員がいたら「もいっかい言ってみろ」と思ってしまう
・よそ見している社員がいたら「いい度胸だ」と思ってしまう
・眠そうにしている社員がいたら「オラ」と思ってしまう
 
という私の気質が滲み出てしまうのでしょうか。
たとえ、オンラインのお打ち合わせでも。

カテゴリー
お仕事のこと

Wの喜び

先日、企業研修の一環で、私のビジネスマナーの講義をビデオ収録しました。
私は編集して仕上がったものを観ていないのですが、とりあえずそのお仕事は完了したつもりでおりました。
でも今日あさイチで、若くてかわいいご担当者の女性からお電話がありました。
 
ビビりの私は、お仕事完了後にご担当者からお電話があると、まず第一に「なにか、やっちまっただろうか」と思います。
今までクレームをいただいたことは無いのですが、なぜかいつも「やっちまった?」って思います。
今回は着信音に気付いて、0.3秒ぐらいの間で「撮り直しかー」と思いました。
 
でもお電話の内容はそうではなく、「すごく良いものが仕上がって、上司や他の社員に褒められた!」という内容でした。
 
すごく嬉しかったです。
 
私は前職のOL時代、宣伝の部署にいて、広告代理店の方々と色々なものをつくる仕事をしておりましたので、自分の若かりし頃と、この若くてかわいいご担当者を重ね合わせながら、打ち合わせを重ねておりました(私は可愛くなかったですけどね。笑)
 
上司や社内の人達から「良いのができたね!」と言われると、それはそれは嬉しかったものです。
 
このご担当者もとても嬉しくて、私にそのお気持ちを真っ先に知らせてくれたんだと思うと、良いビデオができた嬉しさに重なって、さらに嬉しくなりました。
 
ご担当者とは、数か月間打ち合わせを重ねて、1本の研修をつくり上げて行きます。
 
だから研修が終わると、名残惜しいような、ちょっと寂しいような気持ちになります。
 
またお会いできる日まで。
また一緒に、良いお仕事をしましょう!!

カテゴリー
お仕事のこと

時空を超えて

今、46年間生きて来たなかで、Max一番デブだと思いますが(恐ろしくて体重も測っていませんが笑)今日はある企業からご依頼をいただいて、ビジネスマナー研修のビデオ収録でした。笑
 
私の講義をビデオにして、色々な場面で何度も使うそうです。
 
まんまる二重あごの人がしゃべくるだけの接客マナーの講義なんて、ホントつまんないと思うので、モデルさんを使ったり、セットを組んだり、私の独りしゃべりにならないように、ビデオのストーリーは、私もアイディアを出しました(^_−)−☆
 
ビデオをご覧になった方々が、夢中になってくださると良いなぁ。
 
オンライン化が進み、講師に求められるスキルは時空を超えました。
それでも「伝わる」「伝えられる」講師であるために、私自身が、やれ「オンライン」だの、やれ「対面」だの、という意識の壁を取っ払い、「目黒潤の講義」という核の部分を立たせて行こう!と思いました。