カテゴリー
お仕事のこと

営業力は無いけど、ここだけは秀逸だった件

20年前、隣の席の後輩の男の子が、ヤクザな上司に襟首を掴まれ、床になぎ倒されて、顔を革靴で踏まれるのを見ながら、その男の子のお客様に電話して、アポイントを取っていました。
 
後輩の男の子に派手に暴力を振るう上司を見て、固まっていたら、
 
「てめぇ、なに見てんだよ。てめぇがアポ取れよ!」
 
と言われ、目の前に電話機をドン!と置かれたので、心臓がどうにかなりそうだと思いながら、アポを取る電話をかけました。
 
あ、投資用不動産を売っている会社だったのですが、電話営業しても、ほとんど断られます。
断られるのが普通です。
 
この時電話した後輩のお客様(奥様)も、
 
「でもね…投資用マンションなんて、うちはいらないわ」
 
とおっしゃっていましたが、上司に顔を踏まれて「うぅ…」と泣いている後輩の声や、上司が「どうなんだよ!」と後輩をさらに脅す声が聞こえてくるので、もう腹を決めて、アポを取るしかありませんでした。
 
この時の「腹を決めた感覚」、20年経ちますが、いまだに残っています。
 
横隔膜が、ベコッ!と凹むような感覚です。
 
私のブラック企業での営業ウーマン時代、必殺営業トークも持っていないし、売上トップを取るような華やかな営業ではありませんでしたが、「お客様を掴む力」だけは秀逸だったと思います。
 
なんと言うか、私独自の「カン」みたいなものなのですが、なんとか言葉にすると、
 
「腹を決めて」
「この人だ!と思ったお客様に必死で説明する」
 
ということなのです。
 
あ、ちなみにその後輩のお客様は、ご購入くださいましたよ!
しかも、新築マンションを2軒も買ってくださって、後輩の名誉を挽回できた、思い出に残る成約となりました!
 
後輩と一緒にお客様のご自宅に伺って、私が商談を進めたので、私も本当に嬉しかったし、後輩のことも可愛く思えました。
 
お客様との関係も良好で、ご自宅に伺う度に、奥様が心を込めて紅茶を淹れてくださいました。
 
帰る時には、ご夫婦揃って玄関まで見送ってくださいました。
 
私がやったことは、
 
「腹を決めて」
「この人だ!と思ったお客様に必死で説明する」
 
です。
 
営業力には自信はありませんが、この点だけは秀逸な私です。

カテゴリー
お仕事のこと

私のツカミ

ある不動産会社から、接客マナー研修の講師のお仕事をいただきました。

このご時世なので、私の講義を撮影・録画して、研修の教材にするそうです。

もう痩せないので、デブっちょのまま、撮影して来ます!笑
 
ところで不動産会社の研修は、私はとても好きです(^-^)
 
私も20年前は、投資用不動産の営業をやっていて、「てめぇ、今月の数字、どうすんだよっ!」とか「きさまー!月末には帳尻合わせるんだろうなっ!」などと、ヤ●ザのような言葉でよく怒鳴られていたので、不動産会社の空気というものがよく分かるのですが、講師として登壇すると、業界を問わず、「なんか知らない人が来た」「どうせつまらない話するんだろーな」という冷えた空気に包まれることが、時々あります。
 
でも不動産会社の場合は、「私も、元不動産屋で、てめぇとかきさまとか、飛び降りろとか、よく言われてましたー!」と元気良く挨拶すると、「・・・仲間じゃん!!」という風に、途端に一体感が生まれ、私の研修に前のめりになってくれるのです。
 
あの時は本当に本当に辛かったけど、唯一無二の「ツカミネタ」になったから、良かったなー。 

カテゴリー
日々のこと

お天気の日に思い出すこと

今日は良いお天気ですね!

超ブラック企業に勤めて、マンションの営業をしていた20年前、歯並びがとてもキレイな上司がいて、でもそれは若い時にシンナーで溶かしたから、実は総入れ歯だった、という上司がいました(上司といっても当時は20代)

その上司はいつもアルマーニのスーツでしたが、ちょっと太めのパンツを穿いていて、あれはボンタンを懐かしんでいるから、とも噂されていました。

とても怖い上司で、すぐに殴るし、蹴ります。

私の目の前で後輩男性がなぎ倒されて、顔を革靴で踏まれ、声を出さずに泣いたのを見た日には、「私はしっかりしなきゃ!」と思いました。

そんな上司なんですが、めっちゃ売ります。

自分でも売るし、部下のフォローも完璧で、その上司のチームは、いつも達成率が100%を超えていました。と言いますか、100%でも低い方でした。

私はその上司と違うチームだったので、時々「最近どう?どうなのお前?」と言われる程度でしたが、その上司は営業成績がなかなか伸びなくて辛い時、空を見上げて「お天道様は見ている!」と自分を鼓舞していたそうです。

歯はシンナーで溶けて総入れ歯、スーツはボンタン風、すぐに殴る蹴るの暴力上司でしたが、その一言だけは私の心に響き、20年経った今でも、良いお天気の日にはその上司のことを思い出してしまいます。

…という、長い告白でした。笑