カテゴリー
01 プライベートレッスン/マンツーマン研修 02 講演 04 blog・YouTube

夢中になって前のめりになるレッスンをします!

鎧を脱いだ感覚

こんにちは。
カラーコミュニケーター®の目黒潤です。

アトリエを銀座から武蔵小杉に移して、なぜか観葉植物や自然が大好きになりました。
アトリエには観葉植物がたくさん置いてあり(でもまだ置きたい(;’∀’))なんならメダカも飼いたい勢いです。

銀座にいた頃は、プレゼントでいただいた観葉植物を枯らさないようにするだけで、精一杯だったのに。

写真手前は、花屋さんで見つけた時は小さくて、自転車のカゴに入れて連れて来たセロームちゃんです。
今は見ての通り、ジャンボちゃんです(;^ω^)

壁にかかっているのは、サントリーのミドリエちゃんです。

コロナでお仕事が激減し、武蔵小杉に引っ越して来て、写真のように自然と触れ合う日々を過ごしていたら、自分の中の風通しが良くなって、「鎧を脱いだ」ような感覚がありました。

レッスンが変わる、レッスンを変える

企業研修や、最近開講した社会人スクール「メデル ビジネスカラー戦略スクール」は、私が開発したビジネスカラー戦略を、「皆様にお伝えする」ということをやっています。

「分かりやすく、楽しいレッスン!」がモットーなので、そのために、図版やイラスト満載のテキストを作り、レッスン時に配布していました。

受講生の皆様が後で復習できるように、ということも考えて、テキストの中に解説も載せていました。

そんなテキストは、「分かりやすい!」とか「丁寧!」というご感想をいただいたこともあるので、それはそれで良かったと思いますが、鎧を脱いだ私は、もっと「ライブ感」を大事にしたレッスンをやってみようかな、と思い立ちました。

私のレッスンを受講してくださった方しか、味わえないレッスン。
私の話をちゃんと聞いて、自分でノートもとっていないと、後で復習もできないレッスン。
つまり、テキストという既成の「台本」が無いレッスンです。
そんなレッスンをやってみようかな、と思い立ちました。

本郷和人先生と土井善晴先生の衝撃の講演

今まで色々な方々の講演を聴きに行きましたが、「すごい!!」と夢中になった講演をしてくださった方がお二人、いらっしゃいます。

一人は、東京大学史料編纂所教授の本郷和人先生。
「令和」という元号に決まった時に、色々なテレビ番組でコメントしていらっしゃった先生ですね。

もうお一人は、料理研究家の土井善晴先生。
この方も、よくテレビに出ていらっしゃる有名な先生ですね。

このお二人の講演は、とにかくすごかった。
もう面白くて面白くて、文字通り、身体が前のめりになって、夢中で聴き入りましたよ!!

本郷和人先生と土井善晴先生の共通点

思い出してみたところ、お二人には共通点がありました。

それは「配布資料が無い」ということです。

つまり、講演を補足するような資料が配布されない、ということです。

土井先生は一応スライドを投影していらっしゃいましたが、画面にキーワードが少し書いてあるだけでした。
そして配布資料はありませんでした。

本郷先生に至っては、スライドも配布資料も一切無し!!
90分ずーっと、本郷先生のトークだけでした。

でも、お二人とも、とても面白かった!!

このお二人の講演は、これまで資料をしっかり作って来た私に、大きな衝撃を与えてくださいました。

手元資料が無くても、スライドが無くても、聴く人をこんなに夢中にさせる講演!!
しかも夢中になっているから、忘れたくないことは、必死になって自分でノートをとるのです。

いつか、こんな講演がしたい。

スライドも配布資料も無くても、生身の私だけで勝負できる講演が。

そう思いました。

そして、鎧を脱いだ私は、そう思ったことを思い出しました。

ライブ感溢れるレッスンをする!

本郷先生や土井先生のような憧れの講演を、自分もやってみる時が、今、やって来たんだと気付きました。

鎧を脱いだから、気付けたことだと思います。

社会人スクール「メデル ビジネスカラー戦略スクール」ではテキストを作成し、テキスト通りに進めるレッスンをするつもりでしたが、思い切って、それをやめます。

しかし、「講演」と「レッスン」は異なり、受講生の方々の「学び」や「理解」をより大切にする性質が、レッスンにはあります。

なので、配布資料を全くのゼロにする、ということは難しいのですが、ライブ感を大切にして、レッスンの台本になるようなテキストは、あまり使わない。
受講生の方々に自分でノートをとってもらい、そのノートが、受講生の方々の「自分だけのテキスト」になる。
そんな感じのレッスンをやろうと思います!!

生身の勝負は中身の勝負

テキストに頼らずに、トーク中心のレッスンをするということは、今まで以上に、私の中身がしっかりしていないといけません。

心身の健康も、レッスンに臨む自分の中の準備も。

じゃないと喋れないし、その場の空気を運転できない。

中身が土壌としてしっかりあるから、台本のようなテキストが無くても、レッスンができるんですね。

受講生の皆様が夢中になって前のめりになるレッスンをやる!!と決めました!!

8月後半のレッスンスケジュール♪

こちらのブログを読んでくださっている方にも、「メデル ビジネスカラー戦略スクール」のレッスンにいらっしゃっていただけたら、とても、とても嬉しいです!!

体験レッスン500円(税別)ですので、お気軽にいらっしゃってください♪

2020年8月後半のレッスンスケジュールは、下記の通りです♪

8月20日(木)@銀座

ビジネスカラー戦略コース

12:00~色の役割(基本)
14:00~色の役割(応用)
16:00~プレゼン資料の色(基本)
18:00~プレゼン資料の色(応用)

8月23日(日)@武蔵小杉

インテリアぬり絵コース

13:00~1部屋だけを塗る
16:00~複数の部屋を役割ごとに塗り分ける

8月25日(火)@武蔵小杉

パーソナルカラーコース

14:00~自分の魅力が光る色を知る

8月26日(水)@武蔵小杉

ビジネスカラー戦略コース

13:00~ネクタイの色(基本)
16:00~ネクタイの色(応用)

8月27日(木)@銀座

ビジネスカラー戦略コース

12:00~色の役割(基本)
14:00~色の役割(応用)
16:00~プレゼン資料の色(基本)
18:00~ネクタイの色(基本)

8月29日(土)@武蔵小杉

ビジネスカラー戦略コース

13:00~プレゼン資料の色(基本)
16:00~プレゼン資料の色(応用)

8月30日(日)@武蔵小杉

パーソナルカラーコース

14:00~自分の魅力が光る色を知る

皆様と笑顔でお会いできることを、楽しみにしておりまーす!!

カテゴリー
04 blog・YouTube 05-17 白

「自分の内側」を保つおススメを2つ

自分の「外側」と「内側」の区別

 

コロナコロナで、不安や恐怖が蔓延していますね。

かく言う私も、対面での研修やレッスンでご飯を食べている身分ですので、売上に大きな打撃を食らっております。

対面して相手を見てナンボの仕事をしておりますので、テレワークで「無駄な会議が無くなった」「無駄な飲み会が無くなった」「コロナ終息後もこのままで良い」「働き方改革が進んだ」と言っている方々と、別の次元におります。

また、自営業者なので、休業手当も無いですし、金融機関から無利子・無担保でお金を借りれたとしても、それは返さなくてはいけないお金なので、こんなに先行き不安な状況の中で、順調に返して行けるのだろうか、という不安もあります。

 

だけど、自分で選んだ仕事、自分で始めた仕事。

それはそれで、幸せなことです。

今の自分は、過去の選択の結果で成り立っているのだなぁと感じますし、自分の様々な選択に、後悔は全くありません。

 

色んな情報が飛び交っておりますが、情報って、「自分の外側のこと」なので、多少は影響を受けても、「自分の内側」はしっかりしておきたいなと思っています。

例えて言うなら、外は大嵐で、風がビュービュー吹き荒れていても、おうちの中は暖かくて安心、みたいな。

多少、雨戸がガタガタ言ったり、瓦の一枚も吹き飛ぶかもしれないけど、おうちの中にいれば安心っていう「おうち」が、「自分の内側」にあれば、恐怖や不安が軽減されて、本当に自分が考えたいことを考えられるのではないかと思います。

 

 

不安や恐怖に「自分の内側」が占領されていると、他のことなんて、何も考えられなくなりますよね。

先ほどの例で言えば、大嵐の影響が、おうちの中にまで及んだ状態です。

眠れなくなるし、食べられなくなるし、逆にドカ食いに走ったり、おしゃれなんてとんでもないし、ましてや未来を明るく考えるなんて、できないですよね。

まぁそうなってしまうことは仕方ないのですが、、、でもそういう状況って、全く楽しくないですよね。

 

私は、人間は、楽しむために生まれて来たのだと思っています。

絶対に、悲しむためじゃないと思っています。

 

なので、私も「自分の外側」の情報に影響を受けますし、偉そうなことは言えないのですが、楽しむために「自分の内側」をしっかりしておこうと努力しています。

先ほどの大嵐の例で言うなら、停電になっても暮らせるように、ライトを準備したり、水や食料を多めに買ったり、雨戸や屋根を補修して、丈夫にしておくような努力をしています。

このように、まだ「努力段階」なのですが、努力するだけでも気持ちが落ち着いて、前向きな気持ちになれるので、不安や恐怖に押しつぶされずに、他のことを考えられる余裕が出て来ます。

今の私は、不安や恐怖はたくさんありますが、まぁそれはそれとして、ホームページを改修したり、新メニューをリリースしたり、ずーっとやりたかったアプリ開発を手掛けたりして、未来のことを考えることができています。

私なりに、粛粛と、やるべきことをやったり、やりたいことに着手している状況です。

それはとても、楽しい時間です。

で、本当に偉そうなことは言えないのですが、このように、不安や恐怖はあっても、まぁそれはそれとして、前向きな気持ちで未来のことを考えられる自分になるために、おススメの方法が2つあるので、今日はそちらをご紹介したいと思います。

前置きが長くてすみません。。。

 

 

その① 神様と自分自身に繋がる呼吸法

 

私が大変信頼している、ヒーラーの桜ノ宮早苗先生に教えていただいた、「自分の中心に意識を戻す」呼吸です。

私自身も、不安や恐怖に押しつぶされそうになったら、繰り返し、やっています。

最初は雑念が多くて、呼吸しながらも他のことを考えたりしてしまいますが、とりあえず繰り返しやっていると、そのうち心が落ち着いて来ます。

その心が落ち着く感覚、私の場合、「スポッと」落ち着く感覚を体験したのですが、それはとてもとても、気持ちの良いものです。

平たく申し上げると、不安や恐怖に押しつぶされそうな自分が「我に返る」という感覚です。

我に返ると、不安や恐怖はあっても、それはそれとして横に置いておける、明るい未来を考えられる自分になれます。

是非、皆様にもおススメしたい呼吸法なので、桜ノ宮早苗先生のブログから、ご紹介させていただきます。

 

→桜ノ宮早苗先生のブログ「不安な時に 効果的な呼吸法」

 

 

その② 白や明るい色、薄い色を着る

 

 

これは一応、私の専門分野なので、ちゃんとご説明します!笑

 

色の正体は、光なんですね。

で、人間は、本能的に光を求めて生きています。

朝が来れば活動を開始し、夜になると寝ます。

なので、光は人間の活動エネルギーそのものと言えます。

光があると、人間は活動したい気持ちになります。

「活動」って、基本的には前向きな気持ちですよね。

なので、自分の周りを、光に満ちた空間にしておくと、前向きな気持ちを保ちやすくなります。

明るい部屋にいるというのもその一つですが、色の専門家である(一応。笑)私がおススメするのは、

「白や、明るい色、薄い色を着る」

というものです。

 

冒頭で申し上げたように、色の正体は、光なんですね。

そして、光に最も近い色は「白」です。

それから人間は、自分が着ているお洋服の色からも、影響を受けます。

 

ですので、光に最も近い色「白」を着ていると、前向きな気持ち・明るい気持ち・開放的な気持ちになることができ、不安や恐怖に押しつぶされにくくなります。

不安や恐怖の存在を感じても、まぁそれはそれとして置いておき、明るい未来を考えられる自分になれます。

 

で、本当は「白」が最も光に近い色なのでおススメなのですが、お醤油こぼしたらどうしよう(←私です。笑)なんて不安になる方は、なるべく白に近い、明るい色や薄い色でも良いと思います。

例えば、水色、薄いピンク、黄色、薄紫、黄緑、明るいグレー、明るいベージュ…などがおススメです。

 

お値段やブランドに関係無く、お洋服の色ひとつで、気持ちが明るくなって、自分の意思で活動して行けるって、素晴らしいことだと思いませんか。

不安や恐怖に押しつぶされず、自由な自分でいられます。

 

 

植物の光の求め方は、正直。笑

 

ついでに、こちら、私の自宅の「ミドリエ」ちゃん達なのですが、めっちゃ正直に、光を求めています。

光の方向に、これでもか!って葉っぱを伸ばしています。笑

 

ミドリエ

左側が窓です。ものすごく分かりやすいですね。笑

 

midorie

光を求めて、上下左右前部に葉っぱを伸ばしています。やんちゃです。笑

 

この植物の「正直さ」に、感激すら覚えます。

 

 

ごまかすのと楽しむのは違う

 

一生懸命、楽しもう、前向きな気持ちになろうとしていると、「今の状況を分かっていない」というお叱りを頂戴するかもしれませんが、、、コロナがいつ終息するかとか、経済がどうなるかとかは、憂いても良くなりません。

 

でも、ひとりひとりが世の中を創っていますので、その「ひとり」である自分が、「自分の内側」をしっかり持っていれば、世の中は良くなりますよね。

 

「自分の内側」をしっかり持つってどういうことかと申しますと、今の状況を無理矢理、楽観視して目を背けてごまかすということではなく、今の状況をしっかり分かっているし、不安や恐怖も感じるけれども、それに自分が侵されない、ということだと思います。

 

不安や恐怖があったって、しむ権利はあるのですから。

カテゴリー
04 blog・YouTube

恋人たちのメリークリスマス

ミドリエ1

 

うちの観葉植物たち、いつの間にか付き合ってまして、手なんか繋いじゃっているんですが、その繋いでいる部分がハートの形になっているという、猛烈アピールぶりです♥

そしてなんと、クリスマスを前にして、ハート形をよりくっきりさせて来ました☆彡

 

変遷は以下の通り。

 

 

11月24日

 

 

 

12月11日

 

 

 

12月24日

 

ミドリエ1

 

 

なぜか、葉と葉が繋がり始め(私は手を繋いでいると思っています)、しかもその部分がハートの形で、それがどんどんくっきりして来るのを、お分かりいただけたかと思います。

 

この下に棚があり、私のお化粧品はそちらに仕舞ってあるのですが、毎朝、このハート形をニヤニヤ見ながら、お化粧をしています♥

 

 

最後にまとめ。

変化が分かりやすいように、わざと写真と写真の間に余白を入れずに、載せます。

 

ミドリエ1

カテゴリー
04 blog・YouTube 05-04 緑

交信し合ってる植物

ミドリエ

 

サントリーの「ミドリエ」は、壁にかけられる観葉植物なので気に入っています。

 

左の植物を我が家に迎え、数ヶ月してから右の植物を迎えたのですが、今朝、気付いたら、交信し合っていました☆彡(´⊙ω⊙`)

お互いに葉っぱを伸ばして、今にも手を繋ぎそうです。

もしかしたら、愛し合っているのか…?

私も仲間に入れてもらって、三角関係になろうかな。笑

カテゴリー
04 blog・YouTube

25年の歳月を経て…出会った!

ミドリエ

 

サントリーの「ミドリエ」と一緒に飾っている蝶々の置物は、25年前の若かりし学生時代に、友達からプレゼントされた手作りの作品です。

木っ端に、ステンドグラスの塗料で蝶々が描かれており、表面に透明なシートが貼られています。

とても気に入っていて、25年間、ずっと大切にして来ましたが、自宅内では、飾る場所に、今ひとつしっくりくる場所がありませんでした。

でも先月、大掃除して空いた場所に緑を飾りたいと思い、サントリーの「ミドリエ」を購入したら、植物と蝶々は仲良しだから「ミドリエ」の傍に蝶々を飾ったらしっくりくるのでは!と思いつきました!

そしたら、とてもしっくりくる!!
お互いに、引き立て合っていると思います!!

蝶々には、25年間ガマンしてもらったけど、輝ける場所をやっと提供できて、良かったです^_^

「ミドリエ」は、来たばかりの時は、もう少しこじんまりとしていましたが、今は勢いが増して、5種類の植物が思い思いに成長しています。

蝶々のお陰かなぁ。

お互いに、出会えて良かったね。