カテゴリー
01-05 企画書・提案書 04 blog・YouTube 04 YouTube 05-12 赤 06 色覚特性者

【決裁率が高い提案書】優秀な「刺客」となってくれる提案書とは?【色遣いのリスクヘッジ】

提案書が優秀な刺客に!

 

【熱血カラー戦略講座 vol.37】


色の力でたくさんの人を幸せにしたい!!

 

特許取得の熱血カラー戦略!カラーコミュニケーター®目黒潤がお送りする「熱血カラー戦略講座」シリーズです。

目黒潤は、カラー戦略の分野で特許を取得しております。

研究開発者ならではの目線で、色の効果を楽しく分かりやすくお伝えしたいという想いから、こちらのチャンネルを始めました!

 

今回の動画は、

提案書の決裁率を高めるために、どんなに小さなリスクでも、潰しておこうというお話です。

私からご提案するのは、カラー戦略による「見え方のリスクヘッジ」。

提案書に優秀な「刺客」となってもらって、クライアントの決裁者に、私達の熱い想いを伝えましょう!

 

 

 

弊社の企業理念は「色の力でたくさんの人を幸せにする。」

そしてビジョンは「色は、すべての人に平等である。」

この2つから導き出される事業ミッションの一つに「色覚特性者がコンプレックスや不自由を感じることのない世の中を実現する。」と置いています。

 

色で不自由を感じることが無い世の中にしたい。

それは、色弱・色盲の方も、それ以外の方にとっても。

そう思っているので、私は、研修でもプライベートレッスンでも、提案書などのプレゼン資料作成のパートでは、必ず「カラーユニバーサルデザイン」に触れています。

 


→「価値を高めたい個人経営者」のためのご案内

 

→「プレゼン資料カラー戦略研修」のご案内


 

 

 

 

提案書の色遣いに詳しくなった裏話

 

プレゼンに行くと、よく「どこで色の勉強したの?」と聞かれます。

 

私はブラック企業出身なので、当時は「死ね」「飛び降りろ」と言われる毎日でした。

商談に行ったら手ぶらで帰ってくるわけにはいかず、必死で提案書の色遣いも工夫して、それが今の仕事のきっかけになっています、と答えると、その後、シーン…となって、あまり話が続きません。

必死感が伝わり過ぎなのかな。笑

 

まぁどちらにしろ、ものごとが「決裁される」「お財布のひもが緩む」という現場に立ち会って来たことが、財産になっていると思います。

 

 

 

 

カラーユニバーサルデザインに関する関連動画

 

 

【男性の20名に1名は色弱者!】プレゼン資料、色覚特性者の見え方も考えよう! ★字幕つき★

 

 

 

【店主必見!】お客様を連れて来る【看板の色】

 

カテゴリー
04 blog・YouTube 05-01 黄色

幸せの黄色いお洋服

幸せの黄色いお洋服

 

連携プレーに黄色が効いた

 

飯田橋駅前の交差点で、盲導犬を連れた目の不自由な男性に「お時間があったら、タクシーを拾うのを手伝ってもらえないですか」と声をかけられました。

もちろんお手伝いする気は満々でしたが、タクシーがなかなか通らず、交差点の信号が変わる度に、縦を向いたり横を向いたりして、右往左往しながらタクシーを捕まえようとしていたら、黄色いお洋服を着た私の姿は、遠くから見ても目立ったのか、少し離れたところから、女性がタクシーを停めて、私を指さして何か言っているのが見えました。

そしてやっと一台のタクシーが、私の元に来ました。

ホッとして先ほどの男性をご案内したら、タクシーに乗る間際に名刺サイズのカードを渡され、お礼とお名前、これからも目の不自由な方と出会ったら、可能な限り助けて欲しいと書かれていました。

目の不自由な方が困っていたら助けるのは当たり前だけど、見知らぬ女性が私のことをタクシーに説明してくれたので、今回は連携プレーで、目の不自由な方を無事にご案内することができました。

今日は目立つ黄色いお洋服を着ていたからね!
黄色は、幸せの黄色いハンカチ…だけじゃないね!!
なんだかとっても嬉しい気分だった!!