質問形式で自己紹介します

 

MeDeRu虹

 

よくいただくご質問 ベスト5

 

 

 

Q1)MeDeRuって、なんの会社?

 

カラーコードご提案

 

 

A1)売上アップのためのビジネスカラー戦略をご提供している会社です。

 

例えば、プレゼンで勝つためのプレゼン資料の色遣いや、プレゼンテーターの方のネクタイの色遣いを「ビジネスカラー戦略」として、ご提供しています。

その「ビジネスカラー戦略」には、特許取得の技術を活用しておりしています。

 

→「ビジネスカラー戦略」を使った特許とは

 

「ビジネスカラー戦略」の知識を得ることで、感性が磨かれますので、プレゼン資料だけでなく、外見(服装)・言葉遣い・立ち居振る舞いが磨かれ、「売上アップ」や、大勢の中から「選ばれる」ことに繋がります。

それらの知見を、企業研修や講演、マンツーマン研修、プライベートレッスン、社会人スクールにてご提供している会社です。

 

例えばプレゼン資料では、単にカラーコードやデザインを納品するのではく、「ビジネスカラー戦略の知見をご提供する」ことに重きを置いておりますので、その知見を、そのまま会社の財産にしていただくことができます。

魅力が特長が一発で伝わるビジネスカラー戦略をご提供しますので、「見て分かる」プレゼン資料が作成できるようになり、「じっくり読まなくては分からない」プレゼン資料ではなくなります。

結果として、プレゼンテーションの精度が上がり、クライアントが検討しやすくなります。

 

 

「ビジネスカラー戦略」導入事例

 

 

↓導入後↓

 

 

TPOカラー戦略

スーツとシャツが同じでも、ネクタイの色によって印象が変わる例 

(モデル:テレビにご出演中の不動産鑑定士 西原崇様)

 

→企業研修「プレゼン資料カラー戦略研修」

 

 

ミス・ユニバース・ジャパンでも

 

2017ミス・ユニバース・ジャパン日本大会でファイナリスト達と

 

色は、魅力を伝えるための大きな武器になるものであり、印象もコントロールできるものなので、ミス・ユニバース・ジャパンの大会でも、代表取締役のカラーコミュニケーター®目黒潤が、講師や審査員を務めさせていただきました。

 

→目黒潤の特許・実績

 

 

社会人スクールも運営しています

 

スクールロゴ

 

「メデルビジネスカラー戦略スクール」という名前で、社会人向けのスクールも運営しています。

 

→メデルビジネスカラー戦略スクール

 

 

Q2)お客様は、法人と個人、どちらが多いの?

 

MeDeRuのお客様

 

 

A2)どちらも同じくらい、いらっしゃいます。

 

 

法人のお客様の場合

 

企業研修や講演にて、ビジネスカラー戦略の知見や効果、楽しさをお伝えしております。

 

→プレゼン資料カラー戦略研修
→ブランド社員育成研修

 

 

個人のお客様の場合

 

女性の図

20代女性 営業管理職

 

男性の図

50代男性 弁理士

 

中小企業の経営者や、個人事業主の方が多くいらっしゃいます。

その方々に、マンツーマンで、外見(服装)・プレゼン資料・言葉遣い・立ち居振る舞いを磨く、「セルフブランディング」のレッスンを行っています(マンツーマン研修)

上記のようにカリキュラムは多岐に渡り、総合的な表現をすると「セルフブランディング」ですが、切り口は「ビジネスカラー戦略」で一貫しています。

「セルフブランディング」が、「売上アップ」や、大勢の中から「選ばれる」ことに繋がりますので、ご自分が広告塔であり、営業の最前線でもある、中小企業の経営者や個人事業主の方々が、お客様として多くいらっしゃいます。

 

→経営者のためのマンツーマン研修「ご自分の価値を高めたい経営者の方に」

 

 

Q3)同業他社はいるの?

 

 

 

A3)こちらが知っている限りでは、いらっしゃいません。

 

外見や服装に特化して、企業研修やプライベートレッスンを行っている他社様はいらっしゃいます。

また、プレゼン資料の作成方法について、企業研修や講演をなさっている他社様もいらっしゃいます。

それから、「色」というものを研究したり、色の嗜好調査などをしている研究機関のようなところもございます。

しかし、MeDeRuはそのどれにも当てはまらず、「ビジネスカラー戦略」というものを切り口にして、企業研修からプライベートレッスン、社会人スクール開講までを行い、そのカリキュラムは、外見(服装)・プレゼン資料・言葉遣い・立ち居振る舞いなど、多岐に渡ります。

しかもご提供する「ビジネスカラー戦略」の信頼の裏付けとして、特許も取得しております。

企業研修やマンツーマン研修、プライベートレッスン、社会人スクールの目的は、いずれも「売上アップ」や、大勢の中から「選ばれる」ことです。

このように「カラー戦略」と、「売上アップ」や「選ばれる」ことを結び付けて「ビジネスカラー戦略」とし、特許を取得できるまで精度を高めている会社は、株式会社MeDeRuだけです。

「ビジネスカラー戦略」に特化しているので守備範囲は狭いですが、その分、スペシャリストとしての質の高さをご提供し、お客様に喜んでいただいております。

 

→お客様の声

 

 

Q4)MeDeRuの強みは?

 

 

 

A4)特許を取得している実力と信頼です。

 

代表取締役のカラーコミュニケーター®目黒潤が、カラー戦略の分野で、特許を3件、取得しています。

特許を取得するには、「新規性」の他に「再現性」も必要ですが、目黒潤は、「色」を、誰もが欲しい結果を導き出せるツールになるように、戦略的に体系化しました。

「カラー戦略」を、「売上アップ」や、大勢の中から「選ばれる」ことを達成できるツール(「ビジネスカラー戦略」)として、企業研修や講演、マンツーマン研修、プライベートレッスン、社会人スクールにて、広くご提供しております。

 

→ビジネスカラー戦略とは
→目黒潤の特許・実績

 

 

Q5)デザインはやってないの?

 

 

デザイナーと相談

 

A5)やっていませんが、デザイナーと提携しています。

 

 

なぜ、デザインをやらないのか

 

カラーコミュニケーター®目黒潤自身がお客様にご提供するのは、「ビジネスカラー戦略」のみです。

なぜ、デザインをやらないのかと言うと、目黒潤は「イメージを最も左右する要素は“色”」という確固たる信念を持っているからです。

形よりも、素材よりも、“色”が最もイメージを左右する、という信念を持って、お客様が「売上アップ」するように、また、大勢の中から「選ばれる」ように、その信念を研ぎ澄まし、お客様に最高のものをご提供できるように、目黒潤自身が行う範囲を、敢えて「ビジネスカラー戦略」だけに狭めさせていただいております。

その「ビジネスカラー戦略」に基づいた「カラーコード」を、DICナンバーやPANTONEナンバー、CMYK、RGBなどで数値化して納品しますので、会社の財産として、保管していただくこともできます。

 

→イメージを最も左右するのは“色”「ビジネスカラー戦略」

 

 

デザインは、外部の提携デザイナーが行います

 

ロゴマークやパンフレットなどは、目黒潤がご提供した「ビジネスカラー戦略」を使って、上手にデザインしてくれるデザイナーと提携しております。

その場合は目黒潤がディレクターとなって、お客様の感性を大切にしながら、せっかくの「ビジネスカラー戦略」を損なわないように、デザインまで進めますので、ご安心くださいませ。

MeDeRu提携のデザイナーを使う・使わないは、お客様のご自由ですので、お気軽にご相談いただければと思います。

 

→目黒潤がディレクションを行う「コーポレートカラー選定+ロゴデザイン」

 

 

 

お気軽にお問い合わせください

 

ご不明な点やご不安に思われることがございましたら、下記のいずれかの方法で、お気軽にお問い合わせくださいませ。

 

■電話:03-3541-9580

■E-mail:info@ginza-mederu.com

コンタクトフォーム

 

→株式会社MeDeRu 会社概要