接客ブランディング研修

社員おひとりおひとりの接客が、サロンのブランドをつくる

目黒潤がご提供する「接客ブランディング研修」は、研修受講者に「自分の魅力を自覚し、表現する」決意をしていただくことから始まります。

単なる接客マナー研修、カラー研修ではございません。

受講者が「自分の魅力を自覚し、表現する」ということは、自分の外見の魅力にも内面の魅力にも「責任」を持つということです。

その「責任」は「お客様を想う気持ち」に通じ、外見・服装・言葉遣い・所作など、全ての目的が「お客様に喜んでいただくために」になります。

直接お客様と接する社員おひとりおひとりの接客が、御社のブランドとなり、社員おひとりおひとりが、お客様を逃さない看板社員になります。

「接客ブランディング研修」誕生のブランドストーリー

目黒潤はかつて、ラグジュアリーな美容サロンやホテルで寛ぐことを趣味としておりました。

そこで受けた接客の心地良さに感激し、この接客マナーと「ビジネスカラー戦略®」を組み合わせて、ロールプレイングを多く取り入れた実践型の研修としてご提供することを思い付きました。

そしてこの研修は、ブランド力を強化したい美容サロンやクリニックの方々に喜んでいただけるのではないか、と考えました。

「ビジネスカラー戦略®」は、ここでは、研修受講者おひとりおひとりに行う「パーソナルカラー分析」のことを指します。

美容サロンやクリニックに勤務する方々は女性が多く、またおしゃれや美容に興味のある方が多いので、そんな方々に対して、お似合いの色を診断する「パーソナルカラー分析」を行えば、受講者の方にも、絶対に喜んでいただけると思いました。

目黒潤の研修のモットーは「楽しく!」です。

ただの「接客マナー研修」ではなく、「パーソナルカラー分析」により、自分の外見の魅力が分かり、その外見の魅力も、接客マナーと一緒に「営業力」にできる研修、そしてその営業力でお客様との絆が深まる研修、しかも楽しく学べる研修があったら、どんなに多くの企業や社員の方々に喜んでいただけるだろうか。

そう考えたことが「接客ブランディング研修」の源泉です。

「接客ブランディン研修」ってどんな研修?

覆面調査の接客マナーコンテストでグランプリに!

目黒潤が定期的に「接客ブランディング研修」を行っているまつ毛エクステサロンプロケアアイラッシュ様が、「第3回 アイラッシュサロングランプリ」にて、見事グランプリに選ばれました。

こちらのコンテストは、覆面調査にて、どなたが審査員なのか分からない状態で、電話対応からお見送りを含め、サロン内のお客様へのおもてなし状況をチェックされるというものです。

覆面調査だからこその「普段の接客」を評価される厳しいコンテストで、見事グランプリを獲得したことは、社員の方が普段から自分の魅力を自覚し、表現することが「お客様を想う気持ち」に通じ、お客様に喜んでいただける、ということの証明にもなりました。

「プロケアアイラッシュ」様の「接客ブランディング研修」の様子

最初の「パーソナルカラー分析」で受講者の意識を変える

研修の最初に、受講者おひとりおひとりに「パーソナルカラー分析」を行い、お似合いのヘアメイクの色や、お似合いのアクセサリー・小物などをアドバイスいたします。

これにより受講者は、ご自分の外見の魅力も内面の魅力も自覚し、これらの魅力を外見(ヘアメイクなど)で見える化、表現することができるようになりますので、モチベーションが上がります。

その勢いのまま、言葉遣いや所作などの「接客マナー」についての研修を行います。

そうすると、受講者が自分の魅力表現の一環として「接客マナー」を捉えることができるようになりますので「自分の魅力表現」と「接客マナー」が一体化し「接客マナー」に対しての理解が深くなります。

例えば敬語にしても、根底に「自分の魅力をもって、お客様に喜んでいただく」という明確な目的と誇りを持って、使うことができるようになりますので、ただ敬語を丸暗記するだけにはなりません。

直接お客様と接する社員の、外見も含めた接客が、とても魅力的になり、お客様を逃さない営業力にもなるところが、この「接客ブランディング研修」の成果です。

チームビルディングにも繋がる

「パーソナルカラー分析」により、おひとりおひとりの魅力が分かり、それをその場にいる受講者全員で共有することで、研修の現場があたたかい雰囲気に包まれます。
この雰囲気が、チームビルディングにもなります。

社員の魅力や個性を生かし、自発的な勤務態度に

目黒潤がご提供する「接客ブランディング研修」が多くのサロンで喜んでいただいている理由の一つに「受講者おひとりおひとりの、魅力や個性を活かす」ということがございます。

例えば研修を行うと、受講者おひとりおひとりのメイクが上品になり、ヘアカラーが清潔感を感じるものになりますが、決して、色をルールにして受講者を縛り付けるのではなく、受講者おひとりおひとりの似合う色や魅力、個性を大切にしながら、サロンのコンセプトに合うように整えていくので、受講者の気持ちがくじけることがありません。

むしろ、研修によって自分の魅力や個性を自覚することができ、その発揮の仕方・演出の仕方も分かるようになるので、働く目的が明確になり、イキイキと自発的な態度になります。

社員の内面の美しさ(魅力や個性)を、外見で表現する必要がある美容系サロンやクリニックの接客マナー研修として、特に喜んでいただいております。

研修後の変化を詳しくレポート

美容系サロンやクリニックの方々に、特に喜ばれている「接客ブランディング研修」。

この研修を受講すると、どういう変化が起きるのか?

毎回の研修後に、受講者おひとりおひとりの「研修後の変化」をレポートにして提出しております。

研修の進捗状況だけでなく、おひとりおひとりの性格や、研修に取り組む姿勢も分かるので、各店への配置や人事にも役立ちます。

御社の源泉から「ブランドストーリー」を紡ぐために

代表者・決裁権のある方をはじめ、研修に携わる方々に取材をさせていただきます。

キャリアに応じたコース

下記のコンテンツを基準に、研修ご担当者とご相談のうえ、御社用のコンテンツを決定いたします。
御社用に組み立てられた、世界でただ1つの研修です。

新人スタッフコース

清潔感があり、上品なヘアメイクも含めた、接客マナーやサロンワークなどを学びます。

ロールプレイングを中心に研修し、臨機応変に、丁寧に対応できる現場対応力を身に付けます。

店長・幹部コース

自店のブランドイメージ確認、スタッフ育成方法などを学びます。

お客様たちのお声

報告書を拝読させていただき、私も大変勉強になりましたし参加させていただいたスタッフも自分では見つけられなかった部分を目黒先生にご教授頂けたこと大変喜んでおりました。
目黒先生の研修は、弊社では大変人気で、受講したいスタッフも多くおります。

(社内教育ご担当者)

目黒先生はカラーのプロフェッショナルなので、カラーの理論から、接客マナーを教えてくださっている。
これは他の接客マナーの先生とは全く違ったアプローチで、研修生の気持ちをギュッと掴んでいる。
研修生は全員、美容学校を出ていて、多少なりともパーソナルカラーを学んでいるはずだが、目黒先生の言うことは素直に聞き、研修前は髪やメイクを直して、身だしなみを整え、目黒先生に注意されないようにしている。
そういうことが習慣になり、お客様の前に出る時の態度、引いてはお店全体の価値に繋がると感じている。
目黒先生の接客マナー研修はとても楽しいらしく、研修後の研修生は、顔がイキイキとしている。

(研修ご担当者)

概要

ご料金/所要時間

*テキスト代金を含みます。
*ご予算がある場合は、なるべくご希望に沿うようにいたしますので、お気軽にご相談くださいませ。

新人スタッフコース

お一人様あたり 200,000円(税別)~
最小開催人数:2名様

全4回(合計24時間)~
・各回6時間~

店長・幹部コース

お一人様あたり 120,000円(税別)~
最小開催人数:2名様

全3回(合計10時間)~
・第1回目:6時間~
・第2回目:2時間~
・第3回目:2時間~

研修の形式

両コースともに、基本的には対面ですが、一部オンラインを含めることも可能です。

開催人数

両コースともに、
●最小開催人数:2名様
●最大開催人数:10名様(1クラス)

テキスト

事前にテキストのデータをお送りいたしますので、印刷とホチキス留めをお願いいたします。

*オリジナルでテキストを作成する場合には、別途作成費を頂戴する場合がございます。

お問い合わせはこちら

メールでのご相談はこちらです。
「お問い合わせ項目」から当てはまる項目をご選択いただき、「お問い合わせ内容」にご記入くださいませ。

オンラインでお話しできるご相談はこちらです。
メールだと相談しづらい場合や、画像や資料を見せ合いながらご相談したい場合にご利用くださいませ。

色彩設計師® 目黒潤が、御社の販促ツールを、客観的に診断いたします!
是非ご利用くださいませ。