<色のプロが教える!vol.2>横浜の企業の社長に【青】で敬意を表する!

コミュニケーション力アップ! 売上アップ! の、ネクタイ・スカーフの色の選び方をお伝えします!

 

実は、顔と、ネクタイやスカーフなど、顔周りにある色との関係性は、「顔」と「色のイメージ」が同時に伝わる関係性です。

なぜならば、「顔」と「顔周りの色(のイメージ)」は、同時に視野に入るからです。

なので、見せたいイメージに合わせて、同じイメージを持つ色を顔周りに持って来れば、色が私達の魅力や気持ちを代弁してくれて、コミュニケーションがスムーズになります!

 

例えば、

 

優しく見せたい時には、「優しい」イメージを持つ色を着る、

ひょうきんな人に見られたい時には、「楽しい」イメージを持つ色を着る、

真面目さを打ち出したい時には、「真面目」なイメージを持つ色を着る、、、

 

などです。

色のイメージを味方に付ける、誰にでもできる方法です!

 

これをビジネスシーンに当てはめて考えると、

 

今日は●●社の▲▲部長と初めてのアポイントだから、誠実さを打ち出したいな、とか、

今日は後輩の悩みを聞いてあげないといけないから、寄り添うイメージで行きたいな、とか、

今日の会議はまとめ役になるぞ〜、とか、

 

TPOによって自分が見られたいイメージや、演じる役回りは異なって来ると思いますので、その時その時で、最も自分の魅力や気持ちを代弁できる色を顔周りに選ぶと、色が自分を援護してくれて、円滑なコミュニケーションになるように手伝ってくれるのです。

 

この積み重ねが、「売上アップ」とか「選ばれる」という結果に結びつくのです。

 

黒を着ている人ってとても多いし、私もよく着ますが、黒以外の色も着ると、色々な自分を演出できて、楽しいですよ♪

自分が自分のプロデューサーです( ^ω^ )

 

今日の私は、横浜の企業の社長と初面談だったので、【青】で敬意を表しました。

なぜ【青】を選んだか、、、続きは動画から♪