パーソナルカラーの道に進んで5年経って思うこと

 

この道に進んで5年、初めてパーソナルカラーの講義を受けたのは、7年前だったと思います。

 

まだまだひよっこですが、今の気持ちを覚えておきたいので、ブログにしたためることにしました。

 

パーソナルカラーの勉強を始める前「カラーデザイン検定」の資格を取るために「ヒューマンアカデミー」という資格の学校に通っていたのですが、無事に合格して余裕ができた頃に、先生から、パーソナルカラーの講義を「こんな講義があるのよ」と案内されました。

 

 

似合う色の基準が「Spring」「Summer」「Autumn」「Winter」の4つのグループに分かれるって、バカじゃないのかって思いました(笑)

 

季節の名前が付いているのが、無駄に乙女チックで甘ったるくて、なんかヤダ。

 

あと、当時の私は、自分なりにおしゃれをしていて、服を選ぶことに自信があったので、そんな勉強は私には必要無いと思っていました(笑)

 

だいぶ尖ったOLですね(笑)

 

でもまぁ「色の勉強をする」ことが楽しかったので、パーソナルカラーの講義も受けてみることにしたんですけど、最初は「無理!!」って思いました。

 

 

赤でも色んな赤があって、青にも色んな青がある。

 

その教材が上半身を覆うほどの布(「ドレープ」という名前です)で、布をさばくのも大変だし、なにしろ、色の区別が付かない。

 

赤にも色んな赤があり、青にも色んな青があるということが、さっぱり分からない。

 

布をさばく時に出る糸くずに反応して、鼻もグスグスいって来たりして、色の区別が付く日なんて来るんだろうかと思っていました。

 

生徒同士で診断し合いっこしても、診断結果が合っているのかどうか分からず、気の強い人が「Spring!」と言ったら、本当は違うんじゃないかなーと思っても、言えなかったりして(笑)

 

まぁまぁウブなところもありましたな(笑)

 

 

 

起業するって決めた時も、サロンの場所は銀座に決まり、家具を買ったりして着々と準備を進めて行く中で、最も自信の無いのが「パーソナルカラー診断」でした。

 

・・・「パーソナルカラー診断」を仕事にするって決めたのに…全くおかしな話です。

 

勉強はして、とても楽しかったし、お客様を幸せにできるという確信を得られたのに、経験がゼロなので、本当に自信が無かったのです。

 

 

 

でも、5年経って、、、今はどうでしょう。

 

先日お客様に「カラー診断とカラー戦略は違うと分かった」とおっしゃっていただけましたが、私のカラーセッションは、私にしかできないと思っています。

 

「得意」というレベルを超えて「私にしかできない」と思っています。

 

 

 

パーソナルカラーと出逢えて、良かった。

 

いつもありがとうございます。

これからも宜しくお願い致します。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です