カテゴリー
お仕事のこと

デニムパンツのサイドに、ベロアリボンでラインを入れる理由

私の巨体をストレス無く包んでくれるのは、もはや、オーダーメイドのお洋服しかありません。
仕事用のスーツやワンピースは、何着も私仕様でつくってきましたが、プライベートで履く「デニムパンツ」も、この度、私仕様でつくっていただくことに!
 
オーダーメイドの良さの一つに「自分でデザインできる」ということがあります。
巨体が入るように、ただダボっとするのではなく、おしゃれなデニムパンツを楽しみたかったので、サイドに「ライン」が入っているように、縦にリボンを縫い付けていただくことにしました!
 
今日はそのリボン生地を決める日だったのですが、当初は、ツルツル・テカテカの「サテン」で、リボンのラインをつくっていただくイメージでした。
 
でも、サテンは光を反射するので、せっかく黒のサテンリボンを選んでも、光が当たると「黒」が出ないのです。そうすると、当初の「サイドにラインが入っているように」というコンセントが生きません。
 
なので思い切って、当初イメージを描いていたサテンをやめて、光を反射しない(むしろ吸収する)「ベロア」で、リボンのラインを入れていただくことにしました!
 
これは全て、スタイル・デザイナーの上原彩希さんに教えていただいたことです。私も理論としては分かっていましたが、理論を生地に落とした時にどうなるか、という現場の知識が足りておりませんでした。実際の生地を見て、触らせてもらって、その道のプロの話を聴くって、本当に勉強になりますね!答えは現場にあります。笑
 
サイドにリボンのラインが入ったオンリーワンのデニムパンツが、巨体という欠点を、むしろ魅力に変えてくれるはず!だって足が太くて肉肉しいから、リボンのラインを入れる余地があるので!笑

「カラー戦略マガジン」のご案内

目黒潤が書いている「あなたの『選ばれ力』をアップする!カラー戦略マガジン」、お陰様で大好評です!

古来から伝わることわざを、現代のカラー戦略で読み解く!
大勢の中から、あなたが選ばれるための色の力を、無料メールマガジンにてお届けしています。

カテゴリー
お仕事のこと

筆跡とフォント

米倉涼子主演のドラマと言えば、「私、失敗しないので」の決まりゼリフが有名な「ドクターX」ですが、最近ネットフリックスで「新聞記者」というドラマも配信されました。
両ドラマでの米倉涼子のメイクが全く違っていて、眉毛とアイメイクだけで、こんなにキャラクターの違いを分かりやすく表現できるんだ〜!と感心しているのですが、もう一つ感心しているのが「筆跡の違い」です。
 
米倉涼子演じる主役の、手書きメモやノートが、両方のドラマに出てくるのですが、その筆跡が、両ドラマでは全く違っていて、それぞれの筆跡が、それぞれのキャラクターに合っているのです。
 
米倉涼子本人が書いたものではなく、小道具として用意されたものなのでしょうが、逆に言うと、小道具として制作サイドに気を遣われるくらいに、「筆跡」はキャラクターを表すものなんだなぁと、今さらながら感じました。
 
同様に、最近お問い合わせが増えているのは「フォント」です。
 
・見やすいフォントはなんですか?
・そのフォントで社内を統一するにあたり、論理的な説明はありますか?
・日本国内でも海外でも、汎用性があって使いやすいフォントはなんですか?
 
などなどの、お問い合わせをいただきます。
 
フォントもたくさんありますから、迷いますし、社内で統一するなら、明確な理由が必要ですよね。
 
フォントも、その会社の個性となり、ブランディングになるものですから、合ったものをご提案しています!
 
ちなみに、私の筆跡は、どれもこれも「右上がり」です。
短気でいつも焦っているので、そういうところが筆跡にも表れてしまうんでしょうね〜。汗

「カラー戦略マガジン」のご案内

目黒潤が書いている「あなたの『選ばれ力』をアップする!カラー戦略マガジン」、お陰様で大好評です!

古来から伝わることわざを、現代のカラー戦略で読み解く!
大勢の中から、あなたが選ばれるための色の力を、無料メールマガジンにてお届けしています。

カテゴリー
お仕事のこと

三度の飯より

今日はここ数年で一番の忙しさで、朝5時にチョコクレープを食べて以来、現在夜の8時、ここまで何も食べていません。コーヒーとかは飲みましたが。
 
夕方5時から打ち合わせだったので、そのための資料作成に必死で、お腹は空いていたけど、それどころじゃありませんでした。
 
メイクをするヒマも無く、もうスッピンで良いかと思いましたが、いやいやちょっと待てぃ!捨てるのはまだ早いぃ!と自戒し、とりあえず、メイクした形跡ぐらいは残しました。
 
打ち合わせのお相手は、ものすごく熱心な企業様で、本日の打ち合わせのための資料を作っているそばから、新しいご質問がどんどん送られてくる、みたいな。
 
ご質問をいただけるのは、熱心に向き合ってくださっている証拠なので、本当にありがたいことです。
 
それにお答えしつつ、メイクしてたら、ファンデーションの粉をひっくり返して、デスクが粉だらけになる、みたいな。
 
遅刻だけは絶対に避けないと!と気を付けたら、逆に30分以上も早く着いて、時間余る、みたいな。
 
大変だったけど、今日一日、ずっと「夢中」でした! 

「カラー戦略マガジン」のご案内

目黒潤が書いている「あなたの『選ばれ力』をアップする!カラー戦略マガジン」、お陰様で大好評です!

古来から伝わることわざを、現代のカラー戦略で読み解く!
大勢の中から、あなたが選ばれるための色の力を、無料メールマガジンにてお届けしています。

カテゴリー
お仕事のこと

可愛いくて若いエネルギーをいただきました!笑

まつ毛エクステの「EYELA(アイラ)」様で、カラーエクステンションについての企業研修でした!
さすが美容業界、社員の方全員可愛い!NiziUみたい!笑(そして若い!笑)
 
まつ毛エクステのカラーバリエーションはかなり豊富で、赤やピンク、黄色などもあります。
そういう色を目元に付けたらどういう効果があるのか、お話しさせていただきました。
 
カラーの力で、EYELA様にも、そのお客様の皆様にも、喜びのエネルギーが満ち溢れますように!
 
私は、可愛いくて若いエネルギーをいただきました。不老長寿まであと一歩です。笑

「カラー戦略マガジン」のご案内

目黒潤が書いている「あなたの『選ばれ力』をアップする!カラー戦略マガジン」、お陰様で大好評です!

古来から伝わることわざを、現代のカラー戦略で読み解く!
大勢の中から、あなたが選ばれるための色の力を、無料メールマガジンにてお届けしています。

カテゴリー
お仕事のこと 日々のこと

2022年は、もっと社会のお役に立てる自分に

あけましておめでとうございます!

今年は、もっともっと社会のお役に立てる自分でありたいと思います。
 
例えば、子ども達に色の話を伝えたりして、子どもの可能性を広げるお手伝いをし、これからの社会が明るくなる一翼を担えたら良いな!と考えています。

施設や学校など、私がお役に立てる場をご存知の方がいらっしゃいましたら、ご連絡いただけると嬉しいです!
 
今年の私は、寅年の年女。

実は落ち込むこともよくありますが(笑)落ち込んだ勢いを昇るエネルギーに転換して、明るく前向きにやっていきたいと思います。

皆様、どうぞ宜しくお願い申し上げます!

「カラー戦略マガジン」のご案内

目黒潤が書いている「あなたの『選ばれ力』をアップする!カラー戦略マガジン」、お陰様で大好評です!

古来から伝わることわざを、現代のカラー戦略で読み解く!
大勢の中から、あなたが選ばれるための色の力を、無料メールマガジンにてお届けしています。

カテゴリー
お仕事のこと

龍雲が迎えに来ました

年内最終日。事務所行くの、めんどくさ、と思っていたら、龍雲が迎えに来てくれました。
皆様、今年もたくさんのご縁と、たくさんの気付きを、どうもありがとうございました!

カテゴリー
お仕事のこと

ダサい資料、ダメ、ゼッタイ

お客様に膨大な量の資料を提出する、とある企業の資料のフォーマットを作っています。 
 
資料の見出しや本文、図版やグラフの、色や大きさ、位置などを決めています。
 
資料がその企業の命であり、資料を整えることが、その企業にとって最大級のブランディングになるからです。
 
コンペに勝つ資料を作れるようになりたい、プレゼンに強い資料を作れるようになりたい、というオーダーは普段からよくいただきます。
 
しかし今回は、
 
「カッコ良い資料にして欲しい」
 
と言われました。
 
私がいくら精魂込めて資料のフォーマットを作ったとしても、それが社内に馴染んで、社員の方々に使っていただけないと、意味がありません。
 
なので今回は、社員の何名かの方々に、資料に対する想いをインタビューさせていただきました。
 
私はインタビューの時は聞き役に徹しているのですが、20代男性とのインタビューの時に話が途切れて、シーン…となりました。
 
黙っていたら、
 
「あの、、、やっぱり僕ら、カッコ良い資料にしたいんですよ」
 
とおっしゃってくださいました。
 
これこれこれ、これですよ!
実際に資料を作成する現場の、魂の声!
 
やっぱりそうですよね!
ダサい資料なんか出したくないですよね!
 
カッコ良い資料を出して、
カッコ良く報告して、
カッコ良く議論して、
カッコ良く合意にしたいですよね!
 
「カッコ良い資料」はどうやったら作れるのか?
そもそも「カッコ良い」ってなに?
 
…ということで「カッコ良い資料のフォーマット」鋭意作成中です。

カテゴリー
お仕事のこと

創業者の声を色に留める

私は高校の時、若干悪ガキだったので、物理は0点でしたし、日本史や世界史も、15点とか8点とかでした。
 
しかし、企業のコーポレートカラーを考えるにあたり、その企業の歴史を紐解く時間は、非常に豊潤な時間に感じます。
 
今までコーポレートカラーを定めてこなかった企業で、今は亡き創業者の、好みの色で作られたパンフレットが残っている場合があります。
 
そんな時は「●●社長は、パンフレットの色をなんでこの色にしたんだろうなぁ〜」と、社員の方々と一緒に推測するのですが、それが、今は亡き創業者を偲ぶ時間になっていると思います(亡くなってから何十年も経っているので、湿った雰囲気にはなりません)

社員の方々とあれやこれやと推測しているうちに、今の時代を見据えた、創業者の想いが聞こえてくるような感覚になります。
 
その一瞬の感覚を捉えて、コーポレートカラーとして留め、その企業の未来に繋いでいくのが私の仕事です。
 
企業の魂が、どうしてこの色にしたの?という理由になるので、脈々と受け継がれて、明るい未来に繋がれば良いなぁ!と願っています!

カテゴリー
お仕事のこと

最強の答え

25歳くらいかな?友達の結婚式に出席した時の私です。超ブラック企業で営業をやっていたので「てめぇ数字持って来いよ!」って、上司に鬼ヅメされていた頃ですね(涙)
 
会社辞めますって何度言っても「おめぇが他の仕事できるわけねぇだろ」って一喝されて終了でした(かと言って、営業もできませんけど…。そして今、他の仕事してますけど(笑))
 
「メイクを落として寝る」という普通の生活をする余裕が無くて、この会社にいた8年間は、メイクを落として寝たことがありません。翌朝、前日のメイクを落とす日々でした。
 
千葉に住んでいたので、会社には総武線で通っていたんですけど、毎日普通に終電なので、酔っ払いに絡まれることもよくありました。お気に入りのコートなのに、袖を引っ張られて破れてしまったこともあります。
 
こんなに最悪の日々だったけど、この時思いついた「資料のカラーコーディネート」が原点となり、15年後に特許になりました。そして今の私の基盤になっています。
 
そう考えると、苦しみから逃れるために、自分の中から必死で答えを出すことって、めちゃめちゃ強いのかもしれないですね。その時は苦し過ぎて、明るい未来や安定した生活なんて想像できないですけど。
 
今の私もまだ色々ある渦中なんで、偉そうに語れる立場にないんですけど(笑)でも、苦しい時に頑張ったことが礎になることはたくさんあるし、自分の中から出した答え、最強!って思うと、元気が出るんです。

カテゴリー
お仕事のこと 日々のこと 神社参拝

煙よ、お願い

私は弱小零細企業の起業家ですが、お付き合いするお客様は、素晴らしい方ばかりです。
 
例えば、大企業の方とお話ししていると、お若い方でも、言葉のチョイスや言い回しが洗練されているなぁ〜と感じ入ります。
 
あまり一般に出回っていない言葉でも、会話の中に溶け込ませる力がすごいのです。
 
言葉の文化って、こうやってつくられていくんでしょうね。
 
「ナウい」なんて、今や誰も言わないし。笑
 
「イケてる」「ヤバい」という言葉も、あと何年の寿命かな?って思いますし、語尾に「とか」をつける風潮も、いつかは廃れるでしょうね。
 
エリートなお客様とお話しして刺激をいただきながら、私ももっと頭が良くなりますように!
 
そう願って、先日の浅草寺参拝では、頭に煙をいっぱい、いっぱい、かけて来ました!笑