一条ゆかり作品の伏線に脱帽!

一条ゆかり1

 

気に入った作品は何度も読む!

 

私は小さい時から、気に入った小説や漫画は、何度も読みます。

多分、10回は繰り返し読みます。

なので、登場人物のセリフ、住んでいる家の特徴などは、覚えてしまいます。

 

 

一条ゆかり作品は大好き!

 

りぼんで連載していた「有閑倶楽部」で大ファンになった一条ゆかり。

最近は何も描いていないようですが、そんな中で、最新作は「プライド」ですよね。

これも何度も読みました。

そしたら今日、世紀の大発見が!!!!!

 

 

一条作品「プライド」で大発見!

 

「プライド」の1巻に出て来る麻見家の豪邸は、パパの会社が倒産して借金のカタにとられていましたよね。

でもなんと、最終巻の最終ページの最終コマで、麻見史緒と神野隆の新居として再登場していました!

 

一条ゆかり1

 

一条ゆかり3

 

一条ゆかり2

 

ね!?

塀の質感と言い、窓の形と言い、敷地内にあるヤシの木(?)と言い、同じ家でしょう?

この漫画は10回ぐらい読み返していますが、今日初めて気付き、感動です!

それにしてもこの豪邸、1巻から最終巻の12巻まで、一度も登場していないのですよ!

引っ張りに引っ張った、一条ゆかりの伏線に、脱帽です!!!

 

 

マニアだからこそ分かったこと

 

他にも、何度も繰り返し読むマニアだからこそ、分かったことがあります。

例えば、筒井康隆の「家族八景」に出て来る火野七瀬は、私の大好きなキャラクターなのですが、当初は、七瀬を色白と描写していたのに、話が進んで七瀬が夜のお仕事をしている時に、彼女の肌を「浅黒い」とする表現がありました。

私より筒井ファンを自負する友達に、その描写部分を突き付けて「どっちなの?」と聞いたら、黙っていました。笑

とても気になるので「どっちなんですか?」と、筒井康隆にお手紙を送ってみようと思っている次第です。笑