カテゴリー
お仕事のこと 日々のこと

2022年は、もっと社会のお役に立てる自分に

あけましておめでとうございます!

今年は、もっともっと社会のお役に立てる自分でありたいと思います。
 
例えば、子ども達に色の話を伝えたりして、子どもの可能性を広げるお手伝いをし、これからの社会が明るくなる一翼を担えたら良いな!と考えています。

施設や学校など、私がお役に立てる場をご存知の方がいらっしゃいましたら、ご連絡いただけると嬉しいです!
 
今年の私は、寅年の年女。

実は落ち込むこともよくありますが(笑)落ち込んだ勢いを昇るエネルギーに転換して、明るく前向きにやっていきたいと思います。

皆様、どうぞ宜しくお願い申し上げます!

「カラー戦略マガジン」のご案内

目黒潤が書いている「あなたの『選ばれ力』をアップする!カラー戦略マガジン」、お陰様で大好評です!

古来から伝わることわざを、現代のカラー戦略で読み解く!
大勢の中から、あなたが選ばれるための色の力を、無料メールマガジンにてお届けしています。

カテゴリー
お仕事のこと 日々のこと 神社参拝

煙よ、お願い

私は弱小零細企業の起業家ですが、お付き合いするお客様は、素晴らしい方ばかりです。
 
例えば、大企業の方とお話ししていると、お若い方でも、言葉のチョイスや言い回しが洗練されているなぁ〜と感じ入ります。
 
あまり一般に出回っていない言葉でも、会話の中に溶け込ませる力がすごいのです。
 
言葉の文化って、こうやってつくられていくんでしょうね。
 
「ナウい」なんて、今や誰も言わないし。笑
 
「イケてる」「ヤバい」という言葉も、あと何年の寿命かな?って思いますし、語尾に「とか」をつける風潮も、いつかは廃れるでしょうね。
 
エリートなお客様とお話しして刺激をいただきながら、私ももっと頭が良くなりますように!
 
そう願って、先日の浅草寺参拝では、頭に煙をいっぱい、いっぱい、かけて来ました!笑

カテゴリー
日々のこと

私は何も知らなかった

私の前世は大工の棟梁かと思っていました、べらんめぇなので(大工の皆さん、ごめんなさい!)
 
でもちゃんとした方に見てもらったら、ルネサンス時代にイタリアで貴族の服を作っていた男性の職人が、私の前世だそうです。
 
ところで、うちのアシスタント達はメンタルが強くて、短気な私はいつも学ばせてもらっています。
 
アシスタントに頼んでいた仕事が思い通りじゃなかった時、
 
「その辺走って頭冷やして来いよ!」
 
と言いそうになります(すんでのところで言いませんが)
 
でもそれに近いことは言っていました、こらえられないので。
 
先日も似たようなことがあった時、アシスタント達はしばらく沈黙した後、
 
「もいっかいチャンスください!!」
 
と言ってきたのです!
 
「申し訳ございません」と返されるのかと思っていたので、ビックリしたと同時に、私、こんなんじゃダメだなぁ、アシスタント達に甘えていたなぁと自分を反省しました。
 
似たような時期に、あり得ないくらいドジっぺなタクシーの運転手さんと遭遇し、すったもんだの末、なぜか最後に私の住所を聞かれました(意味不明)
 
その時も「あ?」とビッキビキにでき上がりそうになったのですが、頭の片隅で「これは勉強なんだ」と思って、なんとか自分を制しました。
 
思い通りにいかない時もあれば、ドジな人や失礼な人に遭遇する時もありますよね。
 
でもそれは、お互いに、いろ〜んな面を持っているうちの、たった一つの面が重なって、そうなっただけなんですよね。
 
知らない面の方が断然多いのに、ほんの一面だけを見て、相手に対して強い言葉を使うのは、間違っていたなぁと反省しました。
 
今までの私は、客観的に見てこちらが正しいし、強い言い方でも敬語を使っているし、論理的で筋が通っているので、私は間違っていない!強い言葉を使う正当性がある!と思い込んでいました。
 
でも、間違っていました。
 
私はまだまだ何も知らなかった、知らないことの方がたくさんあった。
 
そこに気付くことができたので、自分を律して、誰に対しても丁寧に接することが、ほんの少しですが、できるようになりました。
 
私の憧れは「寛容性」がある人です!
 
すぐに荒ぶる情熱は、違う形で大放出しよう!笑

カテゴリー
日々のこと

「豊か」をつくる

日本の古い建築物を観るのが好きです。

ちょっとのところでも、わざわざ曲線にしてあったり、刻んであったり、何かを象っていたり。

「つくる」ということが仕事の場合は、納期に追われて大変だと思うんですけど(笑)ちょっとのところを手を抜くどころか、むしろ工夫して、、、こういう職人さんの在り方が、訪れた人を「豊か」にしてくれているのでしょうね。

見習いたいところがいっぱいです。

画像は全て、横浜は「三渓園」のものです。

カテゴリー
日々のこと

宇宙からのメッセージ…蚕にたとえて

ベランダで大きな「蛾」の幼虫を見つけて、キモい〜!と思った翌日に諏訪大社に参拝する機会をいただき、おみくじを引いたら「養蚕」という項目がありました。
 
おみくじに「商い」とは別に「養蚕」の項目があるのは、かつて養蚕が盛んだった諏訪地方ならではの特徴らしいです。
 
「養蚕」の項目に「吉 利益充分あり」と書いてあって嬉しかったのですが、今日急に紅葉を観に横浜の名勝「三溪園」に行くことになり、調べてみたら「三溪園」って、「生糸貿易」で財を成した原富太郎さんという方が造った庭園なんだそうですね。
 
蛾→養蚕→生糸…と、これは「自分の内側から出して磨いたものは、色々に形を変えて、たくさんの方々に喜んでもらえるよ〜!」という宇宙からのメッセージだと受け取りました!
 
ま、私は楽天家のうえに妄想家なので!笑
好きなように捉えます!笑
 
「三溪園」の紅葉が綺麗だったことは、妄想ではなく、目の前にあった事実です!

カテゴリー
日々のこと

タクシー運転手さんアレコレ

空気の読めない人と会うと、心配になって、ハラハラします。
 
タクシーに乗ると、ご自分の話を延々と15分ぐらい話し続ける運転手さんが時々いらっしゃるのですが(全員、別々の方々です)私だからおとなしく「はぁ…、はぁ…」と相槌を打ったり「あっ、そうなんですかー」と適度な合いの手を入れたりして、場を持たせていますが(笑)他のお客様にもこんな風に空気を読まず、自分の話ばっかりしているの?と心配になります。
 
余計なお世話ですが。
 
ちなみにどんな話をされるかと言うと、
 
●自分、最近やっと禁煙できたんですよー。いやー苦労しましたー!(←なんの前触れも無く、唐突に)
 
●アニメや漫画が大好きとのことで、私にもオススメの漫画を教えてくれるが、長いタイトルの漫画を複数言われて、全く覚えられない。
 
●私の事務所がある周辺は、駅から遠いのに、家賃が高いからオススメできないと言って、自分の自宅周辺を「穴場です」とオススメしてきた。この運転手さんには偶然2回出会ったけど、2回ともこの話だった。
 
●寒くないですか?僕、お金は使えないですけど、気は使えるので。(←リアクションに困り「ハハッ」と笑っておきました)
 
私から話しかけることは無く、聞いている一方なのに、どうしてご自分だけでこんなに盛り上がれるのか、ナゾです。
 
15分間の関係だからこそ、こちらにどう思われようが、気にしないんですかね。
 
私も空気を読まず、本文とは全く関係無い写真です(笑)

カテゴリー
日々のこと

古着でワクチンを寄付

古着を専用キットに詰めて送ると、世界の子ども達にワクチンを寄付できるというサービスがあり、私としてはメルカリなどで売るよりも気楽なので、数年に1回利用しています。

専用キット(発送伝票が貼付された大きな袋)は3,000円ぐらいで買うのですが、まずその費用の一部が、ワクチンの寄付に使われます。

そして購入者に専用キットを送る作業は、日本国内の福祉作業所で働く方々がやってくださるので、そこで雇用を生み出しているそうです。

キットに古着を詰めたら、自宅まで佐川急便が受け取りに来てくれて、インドに運ばれ、現地の方々が仕分け作業を行ってくださるので、そこでもまた、雇用を生み出しているそうです。

仕分けられた古着たちは現地で販売されるので、販売スタッフの方々を雇うことになり、またまた雇用を生み出すことになるし、こちらにとっては「もう着ない古着」でも、洋服の寿命としてはまだまだ終わっていないものばかりなので、喜んで着てくださる方がたくさんいらっしゃるそうです。

私は昨年買ったばかりの、まだ数回しか着ていないものでも、今の私と違うと思ったらもう着ないですし、身内にあげようにも、好みも体型も違うので、こういうサービスは本当に助かります。

そしてなにより、国境を越えてどなたかのお役に立てていると思ったら、とても気持ちが良いです。

メルカリなどは「売る」という作業になるので、プライベートも仕事になってしまう気がして、全くやる気が起きません。価格を考えるのは、仕事だけでたくさんなんですよね。笑

年末に向けて、お洋服を整理する時には、とてもオススメです!

カテゴリー
日々のこと

空の色中毒

コロナで事務所を銀座から川崎に引越して、チャリ通勤になってから「空」に敏感になりました。
 
私は家に帰ってもたいしてすることが無いので、深夜12時過ぎまで仕事に没頭する日もありますが、そんな時は川崎のヤンキーに絡まれないように、ちょっとビクビクしながら闇夜の中、自転車を走らせています。
 
でも納期がヤバい時は夜明け前、朝4時に自転車で事務所に向かいますが、そんな時は「孤独感」でいっぱいになります。
 
人っこ一人歩いていない真っ暗な道、自転車で走っている自分と向き合うしか無く、それ以外他に無く、なんだか泣きそうにもなります。
 
深夜と夜明け前の「空の暗さ」は同じように見えますが、感じることはまるで違います。
 
夜明け前の方が、暗さがより「濃い」から、孤独感でいっぱいになるんじゃないかなぁと思います。
 
夜明け前の暗さに比べると深夜の暗さは「薄い」ので、ヤンキーにビビる余裕があるのでしょうね。
 
そして私の事務所はとにかく光が欲しいので、カーテンがありません。
 
デスクから窓越しに空を見上げると、時折、神がつくった芸術品、と言ってもまだ形容しきれないぐらいの空の表情を見せてもらえる時があり、自転車通勤になったからこそ、空の表情に敏感になったので、コロナで銀座から引越す時は泣く泣くだったけど、良いこともあったなぁと思います。
 
先日、都会にオフィスが欲しいと思い、今流行りのレンタルオフィスを何件か内覧したのですが、窓が無いお部屋ばかりだったので、やめました。
 
こんな表情があることを知ったらもう離れられない、空からは。

カテゴリー
日々のこと

口が開くようになりました!

内装デザインの色をお手伝いした眞美デンタルオフィス様の「脳歯科」が、いよいよオープンしました!
 
私も早速、治療していただきましたが「口が開きやすくなった」という予想外の効果にビックリしました!
 
と言うのは、自分で「口が開きにくい」とは思っていなかったから。
 
普段から、お箸ではさんだご飯が口に入り切らずにこぼしてしまうことがよくあり、お行儀悪いなぁ〜と思いながらも、改善できずにおりました。
 
これはお行儀が悪いと言うよりは、口が開いていなかったんですね。
 
そして、自分が「これくらいなら一口で入る」と思っていた感覚と、実際の口の開きが、合っていなかったのですね。
 
そんな感覚のズレがあったなんて思ってもいなかったので、とてもビックリしましたが、それ以上に嬉しかったです!
 
これで、ご飯をこぼさなくなる!!笑
 
病院にかかるほどではないけれど、なんだかやりにくいし、何が原因か分からない。
 
そんな違和感を改善してくださるのが、土田眞美先生(通称:マミー先生)の「脳歯科」です!
 
少しのズレだと思っていても、実は大きなズレ。
 
口が開きにくいということに気付いていなかった自分に気付くことができて、このことが、色んな気付きの蓋を開けるきっかけにもなりました!
 
バン、バン、バラララ!(←気付きの蓋が次々と開いていく音♪)

カテゴリー
日々のこと

「ソウル」に響く「反省」

特急あずさの中に忘れ物をして、JR東日本に電話で問い合わせたら、今日までは新宿駅で預かっているけど、その後は東京駅、そして警視庁へと、どんどん移されるとのことでした。
 
警視庁は、、、面倒くさそうですよね。。。
 
電話担当の方曰く、新宿駅まで取りに行く時間が無かったら、最寄りのJRの窓口から、着払いで送ってもらう手続きができるかもしれないとのことだったので、JR武蔵小杉駅の窓口に出向きました。
 
窓口の受付は若い女性だったんですけど、冒頭で「新宿駅まで直接行った方が早いかもしれません」(それができないから武蔵小杉駅に来ているのに…)という、駅員さんなのに距離感を掴んでいないナゾの先制パンチがあり、その後も要領を得ない質問を何度もされて、イラッとした私は、つい、つっけんどんな態度をとってしまいました。
 
手続きが終わってから、あのお姉さんも忙しくてテンパってたんだよなぁ、私の態度、悪かったなぁ。。。と自分の態度を反省しつつ、お腹が空いたのでお弁当でも買おうとスーパーに入ったら、
 
「川崎のソウルフード ニュータンタンメン」
 
のカップヌードルが。
 
悪態をついた自分を反省しながら買い物をしたら、なぜかこのニュータンタンメンを4個も買ってしまいました。
 
嫌いではないけど、別に大好きでもないのに。
 
なんとなく手に取ったのは覚えてますが、お会計の時もずーっと反省しながら心ここにあらずだったので、4個も買っていることに気付かず、袋に詰める段階でようやく気付き、びっくりしました。
 
多分、私の「反省」の気持ちが「ソウルフード」の「ソウル」という文字にリンクしたんだと思います。汗
 
今さら「悪態ついてごめんなさい」と謝りに行くのも変なので、忘れ物が無事に届いたら、JR武蔵小杉駅の窓口にもう一度出向いて、お礼を言うことにしました。