オーダーノートが味方する未来

銀座伊東屋のオーダーノートのプレゼント

 

ITOYAのノートクチュール

 

お客様からオーダーノートのプレゼントをいただきました。

銀座ITOYAのノートのオーダーサービス「ノートクチュール」で私の好みを想像しながら、オンリーワンのノートを作ってくださったそうです。

 

 

表紙は深い紫、中身は真っ白

 

ノートクチュール

 

表紙は深い紫です。

MeDeRuのコーポレートカラーはで、私が至るところにを使っていることを、このお客様はよく見ていてくださったのですね。

深い紫は、とても気高く高貴で、なんだか歴史の薫りもし、それでいてクリエイティブな雰囲気も忘れていません。

最高のです。

私が目指す雰囲気を完璧に表現してくれている色です。

そして中のページは真っ白で、罫線もありません。

私が「自由」を大切にしていることも、書く文字が大きくていつも罫線からはみ出すことも(笑)このお客様は、よくご存知だったのですね。

 

 

表紙には金のMが

 

MeDeRu

 

「MeDeRu」の「M」を象ったロゴが、真ん中にドーンと入っています。

「MeDeRu」の「M」でもあるし「目黒 Meguro」の「M」でもあるので、私は「M」には思い入れがあります。

そんな「M」が表紙に烙印のように押されていて、このノートを見た瞬間、まだ使う前から「私のノートだ!」と思いました。

 

 

お客様のお気持ちがノートに

 

お客様が私のことを考えて、私のことを大切に想いながら、オーダーしてくださったからこそ、このノートはここまで私仕様になったのだと思います。

手にする度、お客様への感謝の気持ちが沸いて来て、汚くならないように、そーっと、そーっと、使っています。

 

 

未来を決意するノート

 

このノートは、私の未来にプレゼントされたものだと思っています。

だからアイディアの中でも最上級のアイディアや、お客様にこういう話をしたいなとか、未来はこういう自分になっていたいなとか、決意した未来、良い未来、楽しみな未来を書いています。

とっておきのことを書くので、白いページの表面しか使わずに、丁寧な文字で書いています。

もったいない贅沢な使い方が、このノートにはちょうど良いと思っています。

 

 

他のノートには書く気にならず

 

とっておきのことが思い浮かんだ時、近くにこのノートが無い場合は、他のノートがあってもそれには書く気が起こらず、頭の中に覚えておいて、このノートに書いています。

 

 

夢が実現するノート

 

決意した未来を文字にするって、頭の中で考えているだけとは、全然違いますね。

文字にする時に、言葉を考えないといけないから、それをきっかけに、身体がそちらの方向、臨む未来の方向に動いて行くのだと思いました。

 

 

誰にも見せない(笑)

 

このノートの中身は誰にも見せないって決めてます。

だって日記みたいだから、恥ずかしいもの。

私の自分自身への宣言の塊です(笑)

 

 

お客様に深く感謝

 

このノート=幸せな未来です。

幸せな未来を具現化したものを、お客様にプレゼントしていただけるなんて、本当にありがたいことです。

このノートは、私の幸せな未来へのパートナーです。