誰のために時間を使うか

 

今後は、「自分のために」時間を使うことを、さらに徹底しようと決めました。

 

元々私は、人付き合いのしがらみが無く、世間体もあまり気にしないので、自分の好きなことに時間を使っていましたが、今日のお客様(50代女性)との「デパート見学」で、その気持ちがさらに強くなりました。

 

こんなに、私からカラーコーディネートを勉強しよう、掴み取ろうと、一生懸命になってくださっている方とご一緒する時間は、密度濃く、素晴らしいものにしないといけません。

そのためには、私自身がもっと「与えられる人」になるために、自分の感性を研ぎ澄ませたり、ニュートラルな軸を保てることに、時間を使って行こうと決めました。

 

大切なのは、私を慕ってくださるお客様。

これは絶対です。

お客様に最高の時間をお届けするために、全てを注ぎます。

時間は限られているので、「本当は行きたくないけど付き合いだから」で使う時間は、ゼロにして、自分を磨いて、もっと、もっと、お客様に喜んでいただきます。