「自由」を突き詰める

目黒潤

 

以前、アルマーニのファッションショーを観に行った時に、隣の超お金持ちそうなご婦人(推定70代)から「自由そうね。独身なの?」と、いきなり話しかけられました。(←私はなぜか、知らない人によく話しかけられますw)

「いえ、結婚してまして、仕事もしてます」と答えたら「まぁ!自由そうに見えたから、独身かと思ったわ」とのことで、それからずっと、ご自分は自由が無くて、毎日考えることが多くて大変だというお話をされていました。

 

ご婦人は超美人で、ものすっごくお金持ちそうな外見で、黒のレースの手袋をしていらっしゃって、アルマーニの専属(?)担当者が、横にピッタリくっついていました。

ョーには、お孫さんのお洋服を見繕いにいらっしゃったそうです。

ちなみにお孫さんは部活に忙しい中学生で、別にお孫さんからお洋服をねだられたわけではないけれど、部活で忙しいから、お洋服を買いに行く時間が無いんじゃないかと不憫に思い、ご婦人自ら、買いにいらっしゃったそうです、アルマーニに。

素晴らしいおばあちゃんですね(笑)

 

こんな感じでご婦人はとってもお金持ちそうでしたが、自由が無いとのことで、お疲れになっていました。

お金持ちなりのお悩みがあるんでしょうね。

初対面の私にこんなお話をなさるなんて、周りに気を許せる方がいないんだろうなと思いました。

 

今日ふと、このご婦人のことを思い出しました。

やっぱり「自由」って最高ですよね。

私は自由もお金も両方欲しいけど、やっぱり「自由」かな。もっと自由を目指して生きることにしよう。