雨の日の雑巾がけのお陰で

武蔵小杉ホワイトアトリエ
アトリエの床を雑巾がけしていたら、お客様お二人からご連絡が入りました。

お一人は、今日のレッスン、もしかしたら少し遅れるかもしれない。ごめんなさい。というご連絡。

もうお一人は、まだお会いしていない方ですが、これからのお付き合い、宜しくお願いします。というご連絡でした。


私のお客様は、ビジネス戦闘力の高い、キレッキレの方々ばかりで、とてもお忙しい方々ばかりです(そしてなぜか、美男美女ばかりです)

ヒマで時間があったから、私に連絡しているのではなく、礼儀として、私にご連絡をくださっているのです。

私と向き合ってくださっているお客様のお気持ちを感じて、ご連絡をいただけるって、普通のことじゃない、ものすごく幸せなことだと思いました。

お客様と想いを共有できて、一緒に流れる、走れる、という幸せを感じます。

「雨の日の雑巾がけ」という地味な作業が、お客様と私の絆を、さらに深めてくれました。