何かが降りて来る!?コーポレートカラー選定

コーポレートカラー選定

 

あけましておめでとうございます。

 

年末から、コーポレートカラー選定のお仕事を何社かいただき、昨日は20年ぶりに完徹しました(^_^;)

40代のお肌の健康より納期を優先する、カラーコミュニケーター®︎の目黒潤です!(笑)

本年もどうぞ宜しくお願い申し上げます!

 

昨日は、本日プレゼンのお仕事がやっと完成して、明け方5時頃に寝ようとしましたら、急に何かが降りて来まして(笑)なんか違う!となり、結局そこからやり直して、180度違う色を選びました。

 

しかし、その色達に私は大満足で、この色以外に考えられない!という態度でクライアントにプレゼンしましたら「忘れていたことを思い出した」「元気が出た」などとおっしゃっていただき、ホッと一安心…という控えめな気持ちと、この色以外には無かったもんね、やっぱりねー!と攻める気持ちが同居している「今」です。

 

「コーポレートカラー選定」は、企業が普段文章で語っている理念を、色で表現するということなので、ひとすじ縄では行かず、締切前の私は、汚いジャージを着て髪をかきむしって、考えを絞り出しています。

何十回もその企業のホームページを見て、経営陣にインタビューした時のノートを何十回も見直して、独り言もめちゃ多くて、ヤバイです。

 

完成が近付いたら、最後の締めは、特別なツールを使って、色弱者の方でも識別できる色達を選んでいるかどうかを、チェックします!

最後まで抜かりなく!

 

こうして、脳の中をごちゃごちゃにしながらも、妥協せずに、確実なものを納品しています。

普段文章で伝えていることを色で表現すると、頭で考える時間が減り、一目で伝わるので、理解がスピーディですし、社外に対してのアピールだけではなく、社内の社員全員が、目指す方向を共有できるようにもなります!

 

「コーポレートカラー選定」は、ものすっごくやり甲斐のあるお仕事なので、今年は力を入れて行きます!!