上京勘違いあるある

○×ピンポンブー

 

能登半島の田舎から上京しての生活が、もう人生の半分以上になりました。

確か、これぐらいの時期に、夜行列車に乗って、上京して来たんだったなぁ。

当時の私、色々勘違いしていることがありました。

まるでネタのようですが、全て本気の実話です。

①東京は、ヤクザの抗争が毎日起きていて、日中でも弾丸が飛び交っていると思っていた。

東京の街を歩く時は、弾丸を避けながら歩かねばならないと思っていた。

 

②サングラスをかけている人は、全員ヤクザか芸能人だと思っていた。

なので、サングラスをかけている人を見かけたら、色々身構えていた。

 

③能登半島の実家には「雨戸」というものが無かったので、その存在を全く知らなかった。

上京したての頃に住んだのは新築のアパートで、雨戸が閉まっている状態からの新生活スタートだったが、雨戸を雨戸と思っておらず、アパート建築中に大工さんがガラスを守るために取り付けた部材が、そのまま忘れられて行ったのだと思っていた。

自分で開けるものだとは思っておらず、いつか大工さんが取りに来てくれると思っていたため、しばらく真っ暗な中で生活していた。

そして不便を感じていた。

まだ何か、勘違いしていたことがあった気がしますが、今思い出せるのは、とりあえず上記3点です。

ほぼ山猿でしたね!笑

懐かしいなぁ。

甘酸っぱいなぁ。