葉っぱ1枚から始まる物語

フクロウの紙粘土細工

 

手先がとても器用な学生時代の友人(後にアーティストとしてニューヨークで活動)が、お互いにハタチの時にプレゼントしてくれた紙粘土の作品。

ものすごく可愛いし、物語も感じるので、ずっと大事にしてきましたが、25年の歳月の中で、フクロウの黒目がとれて無くなり^^;、そして今日、葉っぱが1枚とれました。

 

元に戻そうにも、どこに付いていたか分からない。。。

私が好き勝手な場所に付けたら、その葉っぱ1枚から、また、新しい物語が始まりそうな気がします。

それもいいかな。

 

ちなみに私がとても気に入っているのは、枝の下のミノムシと、左側のブドウの実です❤︎