カテゴリー
カラー戦略マガジン

カラー戦略マガジン001:青は藍より出でて藍より青し ~チームでプレゼンする際のお洋服のカラー戦略~

あなたの「選ばれ力」をアップします!

特許取得の色彩設計師® 目黒潤の「カラー戦略マガジン」を開いてくださり、どうもありがとうございます!

こちらのマガジンでは、古来から伝わることわざや慣用句から「色」が入っているものをピックアップし、現代のカラー戦略で読み解いていきます!

あなたの日々の生活や、ビジネスシーンに活かしていただき、「選ばれ力」をアップしていただけたら、とても嬉しく思います!

色彩設計師® 目黒潤

本日のお題

青は藍より出でて藍より青し

こちらのことわざの意味は・・・

「藍」とは、染料に使う藍草のことで、藍草で染めた布は藍草よりも鮮やかな青色となる。
その関係を弟子と師匠にあてはめて、弟子が師匠の学識や技術を越えるという意のことわざ。
荀子の言葉で、学問や努力により持って生まれた資質を越えることができるということ。

(出典:故事ことわざ辞典)

とのことです。

これって、「先生」「師匠」「親方」と呼ばれる方々にとっては、怖いことかもしれませんね。

でも私は、教えた時点で、その学識や技術は、自分とは違う人間の中に入って行くので、別のものになると思っています。

なので、弟子の活動を制限したり、弟子の活躍に対してヒヤヒヤしたりすることは、意味の無いことなんじゃないかなって思います。

私が師匠と呼ばれる「藍」の立場だったら、弟子には「青」だろうが「赤」だろうが、なんなら「極彩色」になっていただいて、ジャンジャンバリバリ、存分にご活躍ください!って思います。笑

「青」はどんなシーンで身に着けるのが効果的なの?

カラー戦略的に言うと「青」の方が、「藍」より、色の地位は高いです。

なぜなら、「青」は光の三原色(RGB)のうちの一色で、「色の素」とも言える色なんですね(「味の素」じゃないよ!笑)

あ、「RGB」って何かって言うと、「R:Red(赤)」「G:Green(緑)」「B:Blue(青)」です。

「青」はカラー戦略的に言うと、「リーダーシップある雰囲気」とか「知的な雰囲気」を演出できる色です。

なので、あなたに近々プレゼンや商談があり、実際にあなたがお話しなさる場合には「青」を顔周り(←ここ重要!)に持って来ると、相手に「リーダーシップある雰囲気」や「知的な雰囲気」を与え、信頼してもらえますよ!

「顔周り」とは、トップス(上半身のお洋服)の色であれば良いのですが、男性でしたらネクタイ、女性でしたらスカーフなどでもバッチリOKです!

ボトムス(下半身のお洋服)や靴では、あまり意味が無いので、ご注意くださいね。

全身「青」!
「青」のワンピース!でも、もちろんOKです!!

「藍」(紺)を効果的に着られるのは、どんな人!?

「青」に「黒」を混ぜると「藍」、もっとなじみのある色名で言うと「紺」になります。

(色のお仕事をなさっている方々、ここで「そんなカンタンな話じゃねーよ!」ってツッコミ入れないでくださいね!このマガジンは、朝礼や雑談のネタになるくらいに、カンタンで楽しいものを目指しているのです!)

「黒」はカラー戦略的に言うと、「落ち着き」や「高級感」などのイメージを演出できる色です。

なので、先ほどの「青」の「リーダーシップ」とか「知的」な雰囲気に、「落ち着き」や「高級感」を加えることができる色が、「紺(藍)」なのです。

青+黒=紺(藍)

例えて言うと、プレゼンを頑張っている若手を、後ろで見守っている上司のような、、、難しい質問が来た時だけ、助け舟を出すように喋る、おぉ~頼りになるぅ~みたいな、、、そんな頼りがいのある雰囲気を醸し出すことができるのが、「紺」なのです。

「紺」の気持ちを代弁すると、

若手に華やかな活躍の場を譲って、自分は後ろに控えている。
でも、なんかあったら呼んでくれ。

という感じでしょうか。

・・・カッコいい~、カッコいいじゃありませんか!!

そして、渋いですね!!

イメージは、舘ひろしです。笑

このように、「紺」は、部下にどんどん体験させて、自分はフォローにまわる気構えのある方に、とてもお似合いになる色です!

ただ「身に着ける」だけなら、誰だってできます。

でも、「似合う」とか「着こなす」って、身も心もそうなっていないと、ピッタリ来ないのです。

なので、

●部下に活躍の場を譲って、ご自分は控えにまわられている方。

●だけど、何かあったらちゃんとフォローしようと思われている方。

●そしてそれが、部下を「育てる」ことだという気構えがおありの方。

このような方々は、部下と一緒に行動する時に(←ここ重要!)、是非是非、「紺」を顔周り(トップス)に身に着けていただければと思います!

そうすると、若手には無い「落ち着き」や「高級感」が醸し出され、頼りがいある上司として、社内でも社外でも、信頼値が高まりますよ!

先ほども申し上げましたが、男性でしたらネクタイ、女性でしたらスカーフでもOKですよ!

チーム一丸の「カラー戦略」

チームでプレゼンする際に、メインで喋る若手プレゼンテーターの方は「青」を身に着けていただき、難しい質問が来た時だけ答える上司の方は「紺」を身に着けていただくと、最高に良いバランスですね!

これが、チーム一体となっての「カラー戦略」です!

ビジネスって、プレゼンって、色んなことや細かいことにも気を配って、そしてそれらが折り重なって、成功を導きますよね。

そんな気配りのほんの一環に「顔周りのカラー戦略」をご活用いただけたら、とても嬉しいです!

本日のカラー戦略的結論

藍(紺)があるからこそ、青は鮮やかでいられる。

定期購読マガジンのご案内

こちらの記事がパワーアップして、noteにて「定期購読マガジン」として掲載されています!

定期購読マガジンには、こんなメリットがございます!

総合的に「選ばれ力」がアップします!

1)リアルでもオンラインでもあなたの実力が伝わるから「選ばれ力」が大幅アップ!
2)新しいアイディアが沸きやすいあなたに!
3)オンラインでも気後れしないあなたに!
4)今のお部屋が、もっと仕事しやすいお部屋、寛ぎやすいお部屋に!
5)毎月定期的に記事が届くので、面倒なお手間が無く、安心!

3本の記事からなるマガジンです!

月額500円(税込)の定期購読マガジンの中に、

●「カラー戦略マガジン」*オンラインでの隠しワザ付き*…2本

●「お仕事がはかどるインテリアの色」…1本

合計3本の記事が、1つのマガジンの中にパッケージされております!
つまり、1か月に3本の記事が届きます!

月額500円(税込)ですが、初月無料です!

*「お仕事がはかどるインテリアの色」は定期購読マガジンご購入者だけがお読みいただくことができますが、「カラー戦略マガジン」は、どなたでも試し読みができます。