カテゴリー
カラー戦略マガジン

カラー戦略マガジン022:青二才 ~スイスイスムーズに進むプレゼン~

あなたの「選ばれ力」をアップします!

特許取得の色彩設計師® 目黒潤の「カラー戦略マガジン」を開いてくださり、どうもありがとうございます!

こちらのマガジンでは、古来から伝わることわざや慣用句から「色」が入っているものをピックアップし、現代のカラー戦略で読み解いていきます!

あなたの日々の生活や、ビジネスシーンに活かしていただき、「選ばれ力」をアップしていただけたら、とても嬉しく思います!

色彩設計師® 目黒潤

本日のお題

青二才
(あおにさい)

こちらのことわざの意味は・・・

若くて未熟な男性のこと。
「青」は未熟なこと。
「二才」は「新背」が音変化した語、転じて若者のこと。

(出典:「kotopawa」)

だそうです。

若者全般を指す言葉なのかと思っていましたが、特に、若い「男性」のことを指すんですね!

私は会社員の時、とある企業の宣伝部に在籍しておりまして、広告媒体社や広告代理店と取引する窓口だったのですが、ある企業の担当営業マンが、いっつも、いっつも、大学出たての22、23の若い男性でした。

その企業の文化なのか、自信満々の、イマドキの若い男性ばかりで、私に

「じゃあ、目黒さん、そろそろドライブかけて行きますか~」

などと若者言葉で言ってくるので、

「あ?ドライブ?なんじゃそりゃ」

と思ったりしていました。

(後で聞いたところによると、ドライブかける=本気出す、つまり、そろそろ広告費かけていきますか、みたいな意味で言ったらしいです)

しかも、その若い男性たちは、毎年替わるんです。

1年間一緒にやって、うちのやり方を覚えてもらい、やっとツーカーの仲になれたと思っても、春になったらまた担当が替わる。

若い男性なのでやる気マンマンで、フットワークは軽いし、ガッツはあるのですが、別に母性本能がくすぐられるわけじゃなし、「可愛い♪」とも思わないし、毎年毎年、うちのやり方を教えなくちゃいけないのは手間だなーと思っておりました。

毎年担当が替わるのは、企業同士の癒着防止なのかと思っていましたが、私が退職する時の送別会の場で、真の理由が分かりました!

昔は、私は本当によく怒っていました。

あまりに怒り過ぎて、その怒られ対象の若い男性から、謝罪のハガキ(封書ではないところがミソ。笑)が届いたり、自主的に「気合を入れるため」と称して、坊主頭になった若い男性もいたくらいでした。

そんな私に対して、大学を出たばかりの若い男性ばかりを担当に据えたのは、

●1つは、私から母性本能を湧き出させるため。←湧きませんでした。

●もう1つは、私に大学出たての新人を鍛えさせるため。←私はめちゃくちゃ怒る人だったので。

との真の理由を、担当の若い男性たちを束ねていらっしゃった、彼らの上司である40代男性から伺いました。

送別会では、歴代の担当の若い男性が10名ぐらい出席してくれたのですが、その上司から

「ホストクラブみたいでしょ。俺から目黒さんへの餞別」

と言われました。

おいおい。

「若い男性」ってだけで、私が喜ぶと思うなよ。
私の好みのタイプは、小林稔侍だぞ。笑

そして「教える」とか「怒る」って、体力も時間も使うことなので、その上司の言葉を聞いた時、はぁ~っと一気に疲れが出たことを覚えています。

プレゼン資料の色で迷ったら「青」

zoomでのミーティングが当たり前になり「画面共有」で、プレゼン資料を間近で見てもらえる機会が増えましたね。

是非、プレゼン資料の内容だけでなく、色も戦略的に組み立てて、あなたの欲しい結果を手に入れていただけたらと思いますが、色に迷ったら「青」をおススメします!

理由は、2つございます。

まず1つめに、「青」って、空の色でもあり、海の色でもありますので、誰もが見慣れている色なんですね。

なので人は「青」を見ると安心感を覚えます。

プレゼンの場で「青」を使うということは、見た人に安心感を与える、即ち、プレゼンがスムーズに進むことを意味しています。

「青」は「ん?」と引っかかるような違和感は、間違っても与えません(逆にそういう引っかかりが欲しい時には、別の色をおススメします)

「青」は、滞りなく、プレゼンを進めたい時におススメの色です!

「青」はメッセージ性が高い!

日本人男性の20人に1人が、色弱や色盲です。

決して少なくない数字ですね。

色弱や色盲の方々は、赤が焦げ茶に見えたりしますので、黒い文字を羅列した文章の中で、大事な部分だけを赤に変えても、その部分が目立って見えるということはございません(個人差はございます)

でも「青」って、色弱や色盲の方でも、識別しやすい色なんです!

なので万人に対して、ここは大事ですよー!という主張をお届けすることができる色なのです!

こんなにメッセージ性が高い「青」なので、是非、プレゼン資料の大事な部分に使っていただけたらと思います!

それに、色弱や色盲の方々の見え方にも配慮する、つまり「カラーユニバーサルデザイン」を取り入れているということが、SDGsもそうですが、これからの時代、企業評価を上げることにも繋がっていきますので、是非是非「青」の力を再認識していただけたらと思います!

本日のカラー戦略的結論

青天才

現代のカラー戦略で読み解いた「まとめ」

オンラインでの隠しワザ

この記事に関する「オンラインでの隠しワザ」を、プラスアルファ掲載したPDFブックをご購入いただくことができます!

*「オンラインでの隠しワザ」はPDFブックの限定企画です。

<ご料金>
1本200円(税別)

<お支払い方法>
クレジットカード
お申込み後、事務局よりカード決済用の請求書をお送りいたします。

初月無料! 半年ごとの定期購読

とてもお得な定期購読です!
毎月3回、「カラー戦略」を楽しくご紹介しているPDFブックをお届けします!

●過去記事に「オンラインでの隠しワザ」をプラスアルファ掲載したPDFブックを、月に2回お届け

*「オンラインでの隠しワザ」はPDFブックの限定企画です。
*「カラー戦略マガジン001」から順番に届きます。


●定期購読者だけの特典!
「お仕事がはかどるインテリアの色」を掲載したPDFブックを、月に1回お届け

<ご料金>
月額500円(税別)
初月無料です!
まずは無料にてご体験いただき、2ヶ月目以降も定期購読するかどうかをご検討くださいませ。

<お支払い方法>
クレジットカードによる自動決済です。

<お届け期間>
半年間
その後の更新はご自由です。

気に入った記事だけをご購入

これまでの記事の中から、気に入った記事だけを、何本かまとめてご購入いただくことができます!
こちらも「オンラインでの隠しワザ」をプラスアルファ掲載したPDFブックです!

*「オンラインでの隠しワザ」はPDFブックの限定企画です。

<ご料金>
1本200円(税別)

<お支払い方法>
クレジットカード
お申込み後、事務局よりカード決済用の請求書をお送りいたします。

マガジン先取り!無料メルマガ

こちらの「あなたの『選ばれ力』をアップする!カラー戦略マガジン」を、毎月2回、無料メルマガにてお届けしております!

弊社WEBサイトに掲載するよりも早く、情報を先取りしていただくことができます。

カラー戦略マガジン バックナンバー

過去のカラー戦略マガジンをご覧になっていただくことができます。

noteでできる定期購読

noteユーザーの方には「定期購読マガジン」がおススメです。

お問い合わせ

過去に「カラー戦略マガジン」をご購入いただいた方で、カード決済から2週間以上経っているのに、PDFが送られてこない方は、大変恐れ入りますが、こちらからお問い合わせをお願いいたします。