カテゴリー
カラー戦略マガジン

カラー戦略マガジン023:余り茶に福あり ~オンラインミーティングをやわらげる~

あなたの「選ばれ力」をアップします!

特許取得の色彩設計師® 目黒潤の「カラー戦略マガジン」を開いてくださり、どうもありがとうございます!

こちらのマガジンでは、古来から伝わることわざや慣用句から「色」が入っているものをピックアップし、現代のカラー戦略で読み解いていきます!

あなたの日々の生活や、ビジネスシーンに活かしていただき、「選ばれ力」をアップしていただけたら、とても嬉しく思います!

色彩設計師® 目黒潤

本日のお題

余り茶に福あり
(あまりちゃにふくあり)

こちらのことわざの意味は・・・

人が残した物に思いがけない利益があること。

(出典:「kotopawa」)

だそうです。

「残り物には福がある」と同じ意味ですね。

「私は捨て子かもしれない」と思っていた幼少期

私は能登半島の漁師町に生まれた長女なのですが、田舎の昔ながらの家で、祖父母も一緒に住んでいたからか、とても厳しくしつけられた記憶があります。

妹とお菓子やおもちゃの取り合いをすると「お姉ちゃんなんだから我慢しなさい」と言われ、私がふてくされると、はいこれ、天下の常套句、

「残り物には福がある」

で無理矢理ガマンさせられていました。

そして、妹は家族全員に優しくされ、甘やかされていると感じていたので、保育園時代の私は、毎日毎日、鬱々としていまして「どうせ私なんか…」という劣等感みたいなものも抱いていました。

そんな私は、ついに、家出を決行します!

(保育園の年長時代の話です。「ひまわり組」だったかな~)

でも、荷造りしている最中に母に見つかり、それでまた怒られるという悪循環になってしまったのですが…。

小学校に入学すると鬱々は益々ひどくなり「私は家の中で居場所が無い」とすら、感じていました。

小学校1年生の時、親友のよしこちゃんに、

「私、捨て子かもしれん」

と悩みを打ち明けました。

よしこちゃんは、

「なんで?」

と聞き返してきました。

「だって、毎日、私ばっかり怒られるもん」と私。

「ふぅ~ん」とよしこちゃん。

まぁ「捨て子かもしれない」と相談されても、小学校1年生じゃ、かける言葉が見つかりませんよね。笑

今から思うと、妹は妹で、ちゃんと怒られていましたし、父母や祖父母も贔屓はしていなかったのですが、子どもの私にとっては、

「お姉ちゃんなんだから我慢しなさい」
「残り物には福がある」

の1セットは、どちらも納得できない言葉だったので、無理矢理ガマンさせられる感じが、とても辛かったんですね。

今でも「残り物には福がある…?そうかな?」と思っています。笑

「茶色」は優しい色

ところで、本日のお題の

「余り茶に福あり」

に出てくる「茶色」はとても優しい色です。

見た人を優しい気持ちにさせてくれる色なのです。

少し話は逸れますが、

「お茶が残った」

と言うよりも、

「お茶が余った」

と言う方が、上品で綺麗な感じがしますね。

ちょっとの言い方の違いですが、言い方ひとつで上品で綺麗な感じがして「優しい人」という印象を与えられるなら、そうしたいですね。

そういう感性に耳を澄ませていこうと思う、今日この頃です。

「茶色」を以てオンラインミーティングを制す!

で、本日の本題は「茶色」です。

「茶色」は大地や樹木の色、つまり大自然の色なので、見た人に「安心感」を与えることができます。

どんな「安心感」かと言うと「受け身な優しさ」を醸し出せる「安心感」です。

例えば、愚痴を黙って聞いてくれたり、献身的に介護してくれるような優しさなんですね。

こういう優しさは、相手に安心感を与えることができますね。

これが先ほど「『茶色』は優しい色と申し上げた所以です。

先ほどのよしこちゃんが「茶色」の服を着て私の悩みを聞いてくれていたら、解決はしなくても、少しは安心できたんじゃないかなぁと思います。

「茶色」には、そういう効果があります。



はいっ!
それでは、今から大事なことを言いますよ!


オンラインミーティングで、司会進行やファシリテーターを担う方に「茶色」を身に着けていただくと、そのミーティングの緊張感が薄れて、参加者がリラックスできて、みんなが意見を言いやすい雰囲気になります!

オンラインミーティングって、緊張しますし、疲れますよね。

テクニカルなことだけでなく、オンラインでも、リアルと同等にコミュニケーションしよう、相手の言いたいことを感じ取って、こちらが言いたいことを分かってもらおうと「気を遣う」ことが、とても疲れますよね。

そう…「気疲れ」するんですよね。

「オンラインでも打ち合わせはできるけど、リアルの方が伝えやすいなぁ」と思われている方は、とても多いと思います(私も思っています)

そんな疲れるオンラインミーティングの雰囲気をやわらげて、参加者がリラックスできるようにすれば、もっとラクに「意見を言う・聴く」や「考える」ことができるようになるので、とても有益なミーティングになります!!

今回は、そんなミーティングは「茶色」を使えばできますよ、という「ビジネスカラー戦略」のお話なのですが、この「戦略」はどこに繋がるかというと、チームビルディングや組織マネジメントに繋がります!

「茶色」を使って、司会進行やファシリテーターの方の役割をさらに研ぎ澄ませるということは、ミーティング参加者間でのコミュニケーションをスムーズにし、それが有益なミーティングを生み出すということですので。

是非、司会進行やファシリテーターの方は、オンラインミーティングの雰囲気づくりのために、有益なミーティングを行うために、意識して、上半身のお洋服やネクタイの色に「茶色」を取り入れていただけたらと思います!

ここでご注意なのですが「茶色」は画面の中で「顔と一緒に見える範囲」に使わないと、意味が無いので、お気を付けくださいね!

上半身のお洋服やネクタイ、スカーフなどでもOKです!!

なんなら思い切って、zoomの背景を「茶色」にするのでも良いですね!

試しに、フリー素材集で「茶色 背景」で検索してみましたら、レンガやコルク、木目など、自然関連の「茶色」を使った背景画像や「茶色」を使った花模様の画像など、たくさん出てきましたので、宜しければ、試してみてくださいね!

例えば、下記のような画像です。

本日のカラー戦略的結論

茶は福利

現代のカラー戦略で読み解いた「まとめ」

定期購読マガジンのご案内

こちらの記事がパワーアップして、noteにて「定期購読マガジン」として掲載されています!

定期購読マガジンには、こんなメリットがございます!

総合的に「選ばれ力」がアップします!

1)リアルでもオンラインでもあなたの実力が伝わるから「選ばれ力」が大幅アップ!
2)新しいアイディアが沸きやすいあなたに!
3)オンラインでも気後れしないあなたに!
4)今のお部屋が、もっと仕事しやすいお部屋、寛ぎやすいお部屋に!
5)毎月定期的に記事が届くので、面倒なお手間が無く、安心!

3本の記事からなるマガジンです!

月額500円(税込)の定期購読マガジンの中に、

●「カラー戦略マガジン」*オンラインでの隠しワザ付き*…2本

●「お仕事がはかどるインテリアの色」…1本

合計3本の記事が、1つのマガジンの中にパッケージされております!
つまり、1か月に3本の記事が届きます!

月額500円(税込)ですが、初月無料です!

*「お仕事がはかどるインテリアの色」は定期購読マガジンご購入者だけがお読みいただくことができますが、「カラー戦略マガジン」は、どなたでも試し読みができます。