カテゴリー
カラー戦略マガジン

カラー戦略マガジン018: 赤いは酒の咎 ~オンラインでも生身の人間のイキイキとした魅力を~

あなたの「選ばれ力」をアップします!

特許取得の色彩設計師® 目黒潤の「カラー戦略マガジン」を開いてくださり、どうもありがとうございます!

こちらのマガジンでは、古来から伝わることわざや慣用句から「色」が入っているものをピックアップし、現代のカラー戦略で読み解いていきます!

あなたの日々の生活や、ビジネスシーンに活かしていただき、「選ばれ力」をアップしていただけたら、とても嬉しく思います!

色彩設計師® 目黒潤

本日のお題

赤いは酒の咎
(あかいはさけのとが)

こちらのことわざの意味は・・・

赤い顔は酒のせいで、飲んだ私が悪いのではありません、という酒飲みの言い訳。

(出典:「ことわざ辞典」)

だそうです。

なんだか、しょーもないことわざですね。汗

責任逃れをする時に使うことわざらしいですが、「そうなってしまうのは仕方ない」という、抗えないことを、指してもいるのでしょうね。

今回は、こちらのことわざからヒントをいただきまして、「素直な気持ちを顔色に表現できる色」をご紹介したいと思います♪

「素直になれる」って、いくつになっても、気持ち良いですよね!

企業研修で発見した男女の「習性」

私は「男だからこう、女だからこう」という言い方は、あまり好きではありません。

複雑で多面的な「人間」というものを、無理矢理、男と女の2種類に大別しているように思うからです。

でも、企業研修の講師として、色んな企業に伺ううちに、「男だからこう、女だからこう」というのは確かにあるなぁ…と思えてきました。

これは、私が「女性講師」ということが大前提になっていることですが、

「男性は怒られたがる。女性は褒められたがる」

という習性があると思います。笑

男性の「怒られたがり」、女性の「褒められたがり」とは?

男性の「怒られたがり」は、スーツの着こなしルールの研修のような、男性中心の研修をしている時などに顕著です。

例えば、ネクタイの正しい長さについても研修するのですが、生きて動いているのが人間ですし、それが仕事も含めた「生活」なので、1センチぐらいのズレは、私は別に良いと思っています。

でも、怒られたがりの男性社員は、
「せんせー!俺のネクタイ、1センチ短いよね?」
と自分の非を、細かくさらけ出してきます。

私が
「それくらい、別にいいですよ」
と言っても、

「でもっぉ、俺っぇ、ダメだよねぇっ。こんなんじゃ、だめだよねへぇっ」
と喘いでいます。

「それくらい、いいですよ」
ともう1度言っても、喘ぎはおさまりません。

もう、目が、
「怒って!怒って!俺のこと怒って~!」
と言っていて、そういうオプションはやっていないのですが(笑)まぁ一応、ニーズにはお応えしておいた方が良いかと思い、

「そうですねー、ちょっと短いですね」
と言うと、やっと満足してくれます。

多分、
「ダメでしょ、そんなんじゃ!」
と、ビシッと言って欲しいのでしょうが、私は心の中で思っていないことを行動には移せないので、ぬるい感じで話を終えています。

男性中心の研修で女性がいないから、周りを気にせずに、私に言いたいことを言えるんだろうなと思います。

一方、女性は、ものすごく可愛いです。笑

私がみんなの前で褒めると、「そんなに褒められたこと無い」と言って涙ぐむ方や、「自分がここまでできる!」ということを、小学生がお母さんに得意げに話すように、一生懸命、私にアピールして来る方もいらっしゃいます。

中には私より年上の方もいらっしゃいますが、可愛いなぁと思います。

抗えない本能からの「ピュアな甘え」

この、

「男性は怒られたがる。女性は褒められたがる」

は、どちらにしても、「自分を見て!」のサインですよね。

怒られたくなるのは、講師が女性で、俺が男性だから。
褒められたくなるのは、講師が女性で、私が女性だから。

怒られたくなるのも、褒められたくなるのも、「男女」という抗えない本能と、「講師と研修受講者」という関係の掛け合わせが織り成す、「ピュアな甘え」だと思います。

ウソ偽りのない「ピュアな甘え」は、素直で、とても気持ち良く感じます。

ちなみに、そんな素直な気持ちを顔色に表現できる色は、なに色だと思いますか?

対面だとかオンラインだとかに関係無く、イキイキできる色

はい、答えは「薄紫色」です。

渋い言い方をすると「藤色」ですね。

今風のこじゃれた言い方をすると「ラベンダー色」でしょうか。笑

薄紫色にも、色んな薄紫色がありますが、全般的に薄紫色は、お肌に透明感を持って、綺麗に見せてくれる効果があります。

例えばロングネックレスの、石を通している糸(「テグス」って言うんですかね?)には、薄紫色がよく使われています。

石と石の間から糸が見えるとカッコ悪いですが、糸が薄紫色であれば肌に馴染んでくれるので、糸の存在を消して、石と石が自然に連なっているように見せてくれるのです。

また、女性だとお分かりになると思いますが、ファンデーションの下地として使うコントロールカラーでも、薄紫色はよく使われていますよね。

それは、肌に透明感が出るからですね。

この薄紫色を顔周りに持って来ると、、、(顔周りとは、ネクタイ、スカーフ、トップスなど、「顔と一緒に見える範囲」を指します)肌に透明感が出て、血色も綺麗に、イキイキと見えます!

つまり、フレッシュな雰囲気で、素直な気持ちを顔色に表現しやすくなるのです。

薄紫色の効果は、オンラインでも対面でも、どちらでも享受できます。

でもオンラインはどうしても、「生身の質感」が薄れますので、オンラインで、薄紫色のネクタイやスカーフ、トップスなどを身に着けると、薄紫色が足りない質感を補ってくれます。

そして、生身の人間としてのイキイキとした魅力を演出し、お相手に印象付けてくれるのではないかと思います。

これから梅雨の季節になり、鬱々としがちですが、そんな時期だからこそ、感情を閉じ込めずに、イキイキと過ごすのも良いのではないかと思い、今回は、「素直な気持ちを顔色に表現できる色」として、「薄紫色」をご提案させていただきました!

梅雨の季節の中で紫陽花が美しいように、対面だとかオンラインだとかに関係無く、皆様の魅力がイキイキと輝きますように!

本日のカラー戦略的結論

イキイキしているのは薄紫色の効果

現代のカラー戦略で読み解いた「まとめ」

定期購読マガジンのご案内

こちらの記事がパワーアップして、noteにて「定期購読マガジン」として掲載されています!

定期購読マガジンには、こんなメリットがございます!

総合的に「選ばれ力」がアップします!

1)リアルでもオンラインでもあなたの実力が伝わるから「選ばれ力」が大幅アップ!
2)新しいアイディアが沸きやすいあなたに!
3)オンラインでも気後れしないあなたに!
4)今のお部屋が、もっと仕事しやすいお部屋、寛ぎやすいお部屋に!
5)毎月定期的に記事が届くので、面倒なお手間が無く、安心!

3本の記事からなるマガジンです!

月額500円(税込)の定期購読マガジンの中に、

●「カラー戦略マガジン」*オンラインでの隠しワザ付き*…2本

●「お仕事がはかどるインテリアの色」…1本

合計3本の記事が、1つのマガジンの中にパッケージされております!
つまり、1か月に3本の記事が届きます!

月額500円(税込)ですが、初月無料です!

*「お仕事がはかどるインテリアの色」は定期購読マガジンご購入者だけがお読みいただくことができますが、「カラー戦略マガジン」は、どなたでも試し読みができます。