カテゴリー
カラー戦略マガジン

カラー戦略マガジン030:色を付ける ~自分が「色を付けている」ものは、何?~

あなたの「選ばれ力」をアップします!

特許取得の色彩設計師® 目黒潤の「カラー戦略マガジン」を開いてくださり、どうもありがとうございます!

こちらのマガジンでは、古来から伝わることわざや慣用句から「色」が入っているものをピックアップし、現代のカラー戦略で読み解いていきます!

あなたの日々の生活や、ビジネスシーンに活かしていただき、「選ばれ力」をアップしていただけたら、とても嬉しく思います!

色彩設計師® 目黒潤

本日のお題

色を付ける
いろをつける

こちらの意味は・・・

物事の扱いで、相手に多少の利益を与えること。

(出典:ことわざ辞典 ONLINE.)

だそうです。

いわゆる「特別に計らってくれる」「特別扱いしてくれる」ということですよね。

「ちょっと色付けといたよ!」なんて言われたら、とても嬉しいですよね!

私のとても大好きな言葉です。笑
たくさん言われたい言葉です。笑

40年前の曲の歌詞に答えが!

私は今年は48歳、寅年の年女ですが(2022年現在)、子供の頃のことはよく覚えています。

本日のお題に「色を付ける」を選んだ時も、ど~しても、ど~しても、ザ・タイガースの「色つきの女でいてくれよ」という曲が、真っ先に思い浮かんできてしまいました。笑

この曲は、1982年リリースとのことですから、約40年前の曲ですね。

40年前にはまだ生まれていなかったお若い方々のために、ちょっとだけ解説させていただくと、ジュリーというニックネームの、沢田研二という男性歌手がボーカルを務めていた、グループサウンズ(バンド)が出したヒット曲だと思っていただければ幸いです。笑

当時のコーセー化粧品のCMソングにもなった曲です。

ジュリーが、男性なのにアイシャドウを塗ったギラギラメイクでステージに立つ姿は、40年前はとても衝撃的でした(※お若い方向けに解説:お笑い芸人「ペコパ」の片割れを、もっとキザにしたような感じです)

私は、真っ当な人ならやらないことを、このジュリーはやっている、、、と子供心に思っていました。

そして「色つきの女でいてくれよ」という曲名には、なんとなく淫靡な匂いを感じてもいました。

当時のテレビ番組って、時代劇によくお色気シーンが出てきたり、志村けんのお笑い番組でも、ネタとして上半身ヌードの女性が登場したりもしていましたから、「子供にあんまり見せたくないもの」なのに、それらに子供が触れる機会が、テレビの中にたくさんあったと思うのです。

そういう影響もあって、私は「色つきの女でいてくれよ」という曲に対して、ジュリーがまたなんか、ちょっとヤバいことをやっている、、、と思っていました。

でも今、Googleで歌詞を調べてみると、淫靡な匂いは全く無いですね。

ジュリー、ごめんなさい。笑

歌詞の内容は、簡単に言うと「忘れられない女性がいて、その人だけはずっと色褪せない思い出だ」みたいな感じです。

そう!そうなんです。

以前のメルマガでも書きましたが、記憶も思い出も、放っておけば時間とともに、

色褪せる=色が無くなる=セピア色(白黒)になる

というのが、普通なんですよね。

自然の摂理です。

だからこそ、時間が経ってもそこだけ色があるということは、「特別な計らい」「特別扱い」をしているということなんですよね。

そういうところから、

「色を付ける」=物事の扱いで、相手に多少の利益を与えること。特別な計らい。特別扱い。

ということわざが生まれたのではないかな?と推察しています。

でももう一つ、「色を付ける」ということわざが生まれた背景なんじゃないかな?と推察できることがありますので、そちらは次のセクションでご説明しますね!

・・・と、その前に!

私はジュリーの曲では「TOKIO」が一番好きで、今でも時々聴いています!

歌詞に「空を飛ぶ」という言葉が何度も出てきますので、自転車で下り坂を下る時などに聴くと、かっ飛ぶことができて気持ち良いです♪(イヤホンも含め、安全面には留意しています)

・・・ここまでジュリーを語っておいてナンですが、別にファンではありません。笑

色はとても貴重品!

はい、ちょっと余談が入りましたが、無事に次のセクションに参りました。笑

「色を付ける」ということわざが生まれたもう一つの背景、それは、

昔は、色(染料・顔料)は貴重品だった

という事実です。

例えば「紅」は「紅花(ベニバナ)」を原料としておりますが、昔は今の口紅のような固形を作る技術が無かったので、直径5センチぐらいの小皿の表面に、紅を塗って固めていたそうです(「紅皿」というそうです)

そんな小さな紅皿でも、1枚作るのに1,500本もの紅花が必要だったそうです!

なので、

昔は、色(染料・顔料)は貴重品だった

ということなんですよね!

神社の鳥居が朱色なのは、権力・財力の象徴と聞いたことがありますが、「紅」が貴重品だったことも関係しているんじゃないかと思います。

色は権力・財力の象徴!

他にも「紫」の原料の一つに、「アカニシ貝」という貝から採れる分泌液があります。

アカニシ貝は、自分の身体から毒物を出して獲物を襲い、相手を麻痺させるそうですが(狂暴ですね!)その毒物の中に含まれているのが、紫の染料なんだそうです。苦笑

毒物だからなのか、こちらの染料はものすごく臭いので有名です。

しかし名前は「ロイヤルパープル」というカッコ良い名前で、クレオパトラ7世の旗艦の帆が、ロイヤルパープルで染められていたことでも有名です。

アカニシ貝から採れる紫の染料はほんのわずかしか無く、今で言うなら、Tシャツ1枚分の布を染めるのに、15,000個のアカニシ貝が必要だったそうです。

そんな希少な染料なので、王家など、権力・財力を持った人しか扱えず、「ロイヤルパープル」という名前が付いたんですね。

Tシャツですら万単位のアカニシ貝が必要なのに、旗艦の帆を染めるなんて、一体何個のアカニシ貝が必要なの!?ということになりますよね。

それがつまり、権力・財力の象徴で、それだけ、

昔は、色(染料・顔料)は貴重品だった

ということなのです。

このように、今回ご紹介した「紅」「紫」に限らず、色(染料・顔料)は貴重だった! 色は権力・財力の象徴だった!というエピソードはたくさんあります。

これらのことから、「色を付ける」って特別なことで、

「色を付ける」=物事の扱いで、相手に多少の利益を与えること。
特別な計らい。特別扱い。

ということわざが生まれたんじゃないかな?というのが、私が推察するもう一つの背景です!

年末年始は「選ばれ力」アップのチャンス!

さて、こちらのメルマガは、読者の方々の「選ばれ力」がアップしますように!という願いを込めて書いています。

ここで、 あなたに質問です。

あなたの生活の中で「色を付ける」とはどういうことになりますか?

私の生活の中で「色を付ける」とは、「丁寧な物言いをする」というです。

「色を付ける=特別な計らい。特別扱い」という意味をもっと広義に捉えて、「特別に気を遣う」ことも含んでいるのですが、ここ最近、自分から発する言葉には、特別気を遣うようになりました。

私は元来とても短気で、思ったことを口に出さないことが我慢できない性格なので、前世は大工の棟梁だったんじゃないかと思うくらいです(大工の皆さん、ごめんなさい!)

アシスタントに何かを依頼した時でも、自分の想像通りにできていないと、結構強い言葉でアシスタントに注意していました。

強い言葉を発する裏には、「私は間違っていない。ちゃんと分かりやすく仕事の依頼をした」という自信があり、アシスタントのミスという自信もあるからこそ、強い言葉で注意しても良いんだと思っていました。

でも、それは間違っていました。

私にも色んな面があり、アシスタントにも色んな面がある。

たまたま双方のうまくいかない面が重なっただけで、見えないところで他にもたくさんの面があるということを、私は分かっていなかった、見ていなかったと、ある時、気付いたのです。

そして、今は見えていないだけで、他にもたくさんの面があるということを推測することもしないで、「うまくいかなかった」というたった1つの面だけを見て、強い言葉を発していたのは、私ダサかったな、と深く反省しました。

アシスタントは、私が強い言葉で注意しても、一応筋は通っているので、ついてきてくれていましたが、だからと言って、見えていない部分にたくさんの面があるということを推測できていなかった私は、何も分かっていなかった、何も見えていなかったと、自分を恥じました。

ほんの1ヶ月ほど前の出来事です。

それ以来、アシスタントがやってくれたことに対して、む!とか、なんでこんなことになってんだよ~!と思うことがあっても、「これはほんの一面で、裏にはもっとたくさんの面があるんだ」と思うようにし、一時の感情で強い言葉を使うことの無いように、気を付けて、、、気を付けて、、、気を付けています。笑

これが私にとって、特別に気を遣うこと、特別に計らうこと、つまり、生活に「色を付ける」ということです。

まだコロナに安心できない世の中ですが、コロナが終息したとしても、どんな年でも、なにかしら大変なことがありますよね。

しかし、自分の生活の中で「色を付ける」って何だろう?と考えてみると、自分が大切にしていることが分かります。

すなわち、自分の「ストーリー」を確認できたり、自分の「取扱説明書」ができあがることになります。

世の中がザワザワしていても、自分まで巻き込まれてザワザワする必要は無いですよね。

自分が何に「色を付けているのか」を考えて、自分の軸をしっかりさせることが、「選ばれ力」をアップさせる!ことに繋がるんじゃないかな、と思います。

是非、あなたの生活の中で「色を付ける」とはどういうことなのか、ゆっくり考えてみていただけたらと思います。

本日のカラー戦略的結論

自分が「色を付けている」のはなに?

現代のカラー戦略で読み解いた「まとめ」

オンラインでの隠しワザ

この記事に関する「オンラインでの隠しワザ」を、プラスアルファ掲載したPDFブックをご購入いただくことができます!

*「オンラインでの隠しワザ」はPDFブックの限定企画です。

<ご料金>
1本200円(税別)

<お支払い方法>
クレジットカード
お申込み後、事務局よりカード決済用の請求書をお送りいたします。

初月無料! 半年ごとの定期購読

とてもお得な定期購読です!
毎月3回、「カラー戦略」を楽しくご紹介しているPDFブックをお届けします!

●過去記事に「オンラインでの隠しワザ」をプラスアルファ掲載したPDFブックを、月に2回お届け

*「オンラインでの隠しワザ」はPDFブックの限定企画です。
*「カラー戦略マガジン001」から順番に届きます。


●定期購読者だけの特典!
「お仕事がはかどるインテリアの色」を掲載したPDFブックを、月に1回お届け

<ご料金>
月額500円(税別)
初月無料です!
まずは無料にてご体験いただき、2ヶ月目以降も定期購読するかどうかをご検討くださいませ。

<お支払い方法>
クレジットカードによる自動決済です。

<お届け期間>
半年間
その後の更新はご自由です。

気に入った記事だけをご購入

これまでの記事の中から、気に入った記事だけを、何本かまとめてご購入いただくことができます!
こちらも「オンラインでの隠しワザ」をプラスアルファ掲載したPDFブックです!

*「オンラインでの隠しワザ」はPDFブックの限定企画です。

<ご料金>
1本200円(税別)

<お支払い方法>
クレジットカード
お申込み後、事務局よりカード決済用の請求書をお送りいたします。

マガジン先取り!無料メルマガ

こちらの「あなたの『選ばれ力』をアップする!カラー戦略マガジン」を、毎月2回、無料メルマガにてお届けしております!

弊社WEBサイトに掲載するよりも早く、情報を先取りしていただくことができます。

カラー戦略マガジン バックナンバー

過去のカラー戦略マガジンをご覧になっていただくことができます。

noteでできる定期購読

noteユーザーの方には「定期購読マガジン」がおススメです。

お問い合わせ

過去に「カラー戦略マガジン」をご購入いただいた方で、カード決済から2週間以上経っているのに、PDFが送られてこない方は、大変恐れ入りますが、こちらからお問い合わせをお願いいたします。

カテゴリー
カラー戦略マガジン

カラー戦略マガジン029:色気と痔の気のない者はない ~恥の上塗り、緊張の上塗りをしないためのスーツスタイル~

あなたの「選ばれ力」をアップします!

特許取得の色彩設計師® 目黒潤の「カラー戦略マガジン」を開いてくださり、どうもありがとうございます!

こちらのマガジンでは、古来から伝わることわざや慣用句から「色」が入っているものをピックアップし、現代のカラー戦略で読み解いていきます!

あなたの日々の生活や、ビジネスシーンに活かしていただき、「選ばれ力」をアップしていただけたら、とても嬉しく思います!

色彩設計師® 目黒潤

本日のお題

色気と痔の気のない者はない
いろけとじのけのないものはない

こちらの意味は・・・

人は誰でも似たり寄ったりだということ。
痔で悩む人が多いことから、色気と痔の気の語呂を合わせて生まれたことわざ。

(出典:ことわざ辞典 ONLINE.)

だそうです。

が!

こんなことわざ、ご存知でしたか?

私は初めて聞きました!

>痔で悩む人が多い
そそそ、そうですか・・・!?

こちらのことわざを見た瞬間「え、マジで!?」と思いましたが、私自身の視野を広げる意味も込めまして(笑)今回はこちらのことわざを、カラー戦略で読み解いていきたいと思います!

※上記の画像はイメージです。

「恥ずかしい」という感情は他のネガティブな感情を増長させる

20代の頃、超ブラック企業に勤めていた私は、ストレスから身体を壊して入院したことがあります。

結果は、腸の調子が少し悪くなっただけで、お陰様で病気ではなかったのですが、検査がとてもハードでした!

先端に小さなカメラが付いたホースを、お尻の穴から入れられる検査は、本当に、本当に、イヤでした!
(胃カメラの検査を腸にするようなイメージです)

20年以上前の話ですので、今は医学の進歩により、そんなに大変じゃないのかもしれませんが、当時は、本当に、本当に、大変でした。

検査前に、男性の医師から、

「こんな検査をしてごめんね。
若い女の子だから(当時の私は20代だったので)、よけいにイヤだろうし、僕も本当はこんな検査、したくないんだけど…」

と謝られ、まだ検査の全貌がよく分かっていなかった私は、なんでこんなに謝られるのかナ? 検査前の、この「溜め」の空気はナニ?と思っていたのですが、まぁそういうことでした(苦笑)

恥ずかしいわ、痛いわで(特に腸のカーブに合わせてカメラが曲がる時)、その時の記憶はトラウマとなって残っています。

でも今思うのは「恥ずかしい」から、よけいに「痛く感じた」のではないか、ということです。

ここで私が、そんなの検査だから仕方ないよね!と割り切ることができていて、恥ずかしいという気持ちがあまり無かったとしたら、こんなにウェットな気持ちにはなっていなかったと思うのです。

もっとドライに「あ、大腸の検査?うんうん、痛かったよー!」と、カラッと人に語れるくらいになっていたと思うのです。

「恥ずかしい」という感情は、他のネガティブな感情を増長させるのでしょうね。

おしゃれより大切なのは「恥をかかない」こと

そして「恥ずかしい状況」になると、頭に血が上り、冷静に考えられなくなる(つまり、テンパる)ということも、往々にして起こりますよね。

「恥ずかしい」とは少し違うのですが、「緊張していて、しかもその緊張を楽しめない状況」は、「テンパりやすい」という意味では「恥ずかしい」と似たような状況ではないでしょうか。

例えば「好きな人に会いに行く」という状況でしたら、緊張してドキドキしますが、楽しみですよね。

でも「初対面の相手にプレゼンしに行くけど、どんな反応が返って来るのか、皆目見当がつかない。下手したら気分を害されるかもしれない」とか「格式ある場所での仕事関係のパーティ(セレモニー)に出席するけど、完全にアウェイな立場」みたいな状況ですと、緊張しますし、その緊張を楽しむこともできませんし、「とにかく恥はかきたくない」という感情も湧きますよね。

ということで、本日は、

格式ある場所での仕事関係のパーティ(セレモニー)に出席するけど、完全にアウェイな立場

に特化して、

恥をかかないためのスーツの着こなし

をお伝えしていきたいと思います!

おしゃれよりも、「恥をかかない」ことの方が大切ですものね!

生地の「質」で一発勝負

まずスーツの色は「紺」、特に「濃紺」が良いと思います!

「紺」は世界的に「フォーマル感」「ビジネス感」を表現できると認められている色ですので、国際色豊かなパーティでも、堂々とお召しになっていただくことができる色です!

そして「格式ある場所」というのは「質」重視です。

なのでスーツの模様は、大柄なストライプやウインドウペン(格子柄)よりも、「無地」「控えめなピンストライプ」や、生地の「織りの陰影」でストライプを表現する「シャドーストライプ」が良いと思います!

なぜならば、そのような控えめな柄だからこそ「生地の上質さ」を際立たせることができる、つまり「生地の質」で勝負できるからです。

模様が無いからこそ、「生地の質」がモノを言います。
まさに、生地での一発勝負です。

大柄な模様は、生地の質をごまかすことができる…というのは言い過ぎですが、控えめな柄の方が、良くも悪くも生地の質が際立ちますよね。

ですので「格式ある場所での仕事関係のパーティ(セレモニー)」には、是非、

上質な生地の「紺」の無地、もしくは控えめな柄の「紺」のスーツ

にてご出席いただけたらと思います!

※仕事関係のパーティでない場合は、また条件が違ってきます。

品の良い艶感と色気が出まくりの組み合わせ

「紺のスーツ」に合わせるネクタイは、お立場それぞれでおススメできる色が異なってきますので、一概には言えませんが、

上質な生地の「紺」のネクタイ

はテッパンで、どなたにもおススメです!

私は今までたくさんの方々に、「紺」のスーツに「紺」のネクタイの組み合わせってカッコ良いですよ!と言ってきましたし、このメルマガでも書いたことがありますが、全身で使う色数が「紺1色」だからか、

「地味じゃない?」

とおっしゃる方が何名様かいらっしゃいます。

でも、全く地味ではありません。

なぜならば、スーツもネクタイも「質重視」というルールを尊重し、生地にこだわると、自然な「光沢」が生まれ、それが「上質な美しさ」を醸し出すからです。

ですので地味どころか、

品の良い艶感
品の良い色気

が出まくりなのです!

今まで「紺×紺」の組み合わせは地味なんじゃないか、と敬遠されていた方も、機会がございましたら、「色」だけではなく「生地の質感」にも着目してみてくださいね。

ものすごく上質なコーディネートになりますよ!

そして、こんなに「上質感」が生まれるのには、もう一つ理由があるのです!

その理由は、次のセクションでご説明しますね!

カラーコーディネートの「落ち着き」は何に繋がるのか

色はそれぞれに、イメージを持っています。

これは言い換えると「色はそれぞれに、人に与える情報が異なる」ということです。

「赤い洋服」と「青い洋服」はそれぞれ印象が違いますし、「赤をメインカラーにしたプレゼン資料」と「青をメインカラーにしたプレゼン資料」でも、雰囲気が異なってきますよね。

なので、色は単なる装飾ツールではなく、

色は情報

と捉えていただければと思います!

そう考えると、色数の多いコーディネートには、たくさんの情報が詰まっていますが、情報が錯綜してまとまらず、散らかって見える懸念があります。

お洋服の場合には、下品に見えたり、田舎くさく見えたりする場合がありますし、プレゼン資料の場合には、何が言いたいのか、分かりにくくなる場合があります。

しかし、色数の少ないコーディネートでは、一色一色の特徴が際立つので、その色が持つ情報が、しっかりと地に足を付けて伝わるという「落ち着き」が出ます。

このカラーコーディネートの「落ち着き」が、本物の「上質感」や「高級感」に繋がっていくのです!

なので、「紺」のスーツ×「紺」のネクタイのように、全身で使う色数を少なくしておくと、それだけで、

上質感が生まれる!
高級感が生まれる!

という、カラー戦略ならではの効果が生まれます!

ちなみに、この場合のシャツの色は「白」か「薄い水色」をおススメしますが、プラスアルファとして「白のポケットチーフ」を挿すことを、強くおススメします!

たかがポケットチーフ1枚ですが、これがあると、本当に洗練されて見えるのです!

普段はあまりポケットチーフに馴染みが無い方でも、せっかくの格式ある場所でのパーティ(セレモニー)ですので、是非お試しいただけたらと思います♪

「恥をかくのではないか」という心配を全力で取り除いて、本来の魅力を発揮する

このように「生地の上質さ」にこだわり、さらに「全身の色数」も調整すれば、格式ある場所での仕事関係のパーティ(セレモニー)も、怖くありません!

緊張するアウェイな場面で「俺の服装、変じゃない?」と心配して「緊張の上塗り」をし、テンパることが無くなります!

それどころか、一言で言って「カッコ良い!!」、つべこべ言わなくても「カッコ良い!!」ので、のびのびと、本来の魅力を発揮していただくことができます! 

まとめますと、格式ある場所での仕事関係のパーティ(セレモニー)では、

★上質な生地の「紺」の無地、もしくは控えめな柄の「紺」のスーツ
   +
★上質な生地の「紺」、もしくは「紺」に近い色のネクタイ
   +
★「白」のポケットチーフという

「恥をかくのではないか」という心配を全力で取り除いた服装で、「選ばれ力」を益々発揮してみてくださいね!

※本日のお話は女性にも当てはまりますが、女性の場合は、もっと華やかでもOKです!

本日のカラー戦略的結論

「紺」で「恥」を撃退できない者はない

現代のカラー戦略で読み解いた「まとめ」

オンラインでの隠しワザ

この記事に関する「オンラインでの隠しワザ」を、プラスアルファ掲載したPDFブックをご購入いただくことができます!

*「オンラインでの隠しワザ」はPDFブックの限定企画です。

<ご料金>
1本200円(税別)

<お支払い方法>
クレジットカード
お申込み後、事務局よりカード決済用の請求書をお送りいたします。

初月無料! 半年ごとの定期購読

とてもお得な定期購読です!
毎月3回、「カラー戦略」を楽しくご紹介しているPDFブックをお届けします!

●過去記事に「オンラインでの隠しワザ」をプラスアルファ掲載したPDFブックを、月に2回お届け

*「オンラインでの隠しワザ」はPDFブックの限定企画です。
*「カラー戦略マガジン001」から順番に届きます。


●定期購読者だけの特典!
「お仕事がはかどるインテリアの色」を掲載したPDFブックを、月に1回お届け

<ご料金>
月額500円(税別)
初月無料です!
まずは無料にてご体験いただき、2ヶ月目以降も定期購読するかどうかをご検討くださいませ。

<お支払い方法>
クレジットカードによる自動決済です。

<お届け期間>
半年間
その後の更新はご自由です。

気に入った記事だけをご購入

これまでの記事の中から、気に入った記事だけを、何本かまとめてご購入いただくことができます!
こちらも「オンラインでの隠しワザ」をプラスアルファ掲載したPDFブックです!

*「オンラインでの隠しワザ」はPDFブックの限定企画です。

<ご料金>
1本200円(税別)

<お支払い方法>
クレジットカード
お申込み後、事務局よりカード決済用の請求書をお送りいたします。

マガジン先取り!無料メルマガ

こちらの「あなたの『選ばれ力』をアップする!カラー戦略マガジン」を、毎月2回、無料メルマガにてお届けしております!

弊社WEBサイトに掲載するよりも早く、情報を先取りしていただくことができます。

カラー戦略マガジン バックナンバー

過去のカラー戦略マガジンをご覧になっていただくことができます。

noteでできる定期購読

noteユーザーの方には「定期購読マガジン」がおススメです。

お問い合わせ

過去に「カラー戦略マガジン」をご購入いただいた方で、カード決済から2週間以上経っているのに、PDFが送られてこない方は、大変恐れ入りますが、こちらからお問い合わせをお願いいたします。

カテゴリー
カラー戦略マガジン

カラー戦略マガジン028:白刃踏むべし ~時間と気持ちのコントロールができる色~

あなたの「選ばれ力」をアップします!

特許取得の色彩設計師® 目黒潤の「カラー戦略マガジン」を開いてくださり、どうもありがとうございます!

こちらのマガジンでは、古来から伝わることわざや慣用句から「色」が入っているものをピックアップし、現代のカラー戦略で読み解いていきます!

あなたの日々の生活や、ビジネスシーンに活かしていただき、「選ばれ力」をアップしていただけたら、とても嬉しく思います!

色彩設計師® 目黒潤

本日のお題

白刃踏むべし
(はくじんふむべし)

こちらの意味は・・・

《「礼記」中庸から》白刃を踏むことも辞さないほど勇気のあることのたとえ。

(出典:「コトバンク」)

だそうです。

ちなみに「白刃」とは・・・

鞘(さや)から抜いた刀。

(出典:「goo」辞書」)

つまり「鞘から抜き立てほやほや」の刀だからこそ、勇気を捧げる対象になるわけです。

これが仮に、何度も使った後の刀だったり、鞘から抜いてずーっと放っておかれた刀であれば、そんなに切れる感じはしないので、勇気を捧げる対象にはならないと思うんですね。

「鞘から抜き立てほやほや」だからこそ…「ほやほや」だからこそ、踏むのにものすごく勇気が要るわけです。

この「ほやほや」…つまり「初物」だったり、「場慣れしていない感じ」だったり、「フレッシュな感じ」って、その時だけしか発揮できない魅力がありますよね!

期間限定だからこその「研ぎ澄まされた魅力」なんでしょうね!

…ということで今回は、「期間限定」から派生するカラー戦略をお伝えしていきます!

お断りする勇気

ところで本日のお題の「白刃踏むべし」は勇気があることのたとえですが、私がこれまで生きてきた中で、一番勇気を出したのは、中学生の時に、好きな男の子に告白した時でしょうか。

その時のことを思い出すと「あ~!!!」と絶叫して、壁に頭をぶつけたくなります。

(※注 フラれてはいません。笑)

以降の人生では、ここまでの勇気は出していませんが、起業してからは「断る勇気」というものに苛まれました。

起業して、会社員生活と全く違うんだな、と思ったことのひとつに「飲み会やイベントへのお誘いへの多さ」があります。

起業したばかりの頃は、人脈が欲しかったですし、お断りするのが申し訳なかったですし、なにより、お断りしたら嫌われる、とすら思っていたので、お誘いいただいたものには、ほぼ全て参加しておりました。

参加したかったわけではなく「お断りする勇気が無かった」ので、参加しておりました。

私が一番アホだったのは、Facebookでのお誘いです。

それこそ会社の忘新年会などの大人数の飲み会って、一斉メールでご案内してから、参加者や参加人数を詰めていくと思うんですけど、Facebookにはそれと同じようなことができる「イベントへの招待」という機能があるんですね。

でもその機能って、お誘いされた人には、

「●●さんがあなたを(イベントに)招待しています。」

という大げさな通知が、Facebookから来るわけです。

ただのお誘いなのに「招待」って、なんだかすごく大げさじゃないですか!?

でも起業と同時にFacebookを始めて、Facebookデビューが遅かった私は、そこが見抜けなかったわけです。

なのでFacebookから、

「●●さんがあなたを(イベントに)招待しています。」

と通知が来ると「●●さん」がFacebook上で知り合っただけの人で、リアルでお会いしたことが無い人でも、結婚式の招待状が届いたような感覚になってしまい、

絶対に行かなきゃ!
せっかく招待してくれたのに、行かなきゃ失礼に当たる!

と思い込んで、仕事を早く切り上げて、駆け付けたりしておりました。

リアルでお会いしたことが無い人にもそのような厳粛なご招待が届く、それがFacebookでのお付き合いなんだ、SNSってスゲー…と、勘違いの納得までしておりました。イタタタ

そして7,000円の会費を払って(たけぇ~)遠くから主催者の●●さんを、「あの人が●●さんかぁ~」と眺めたりしておりました。

リアルでお会いしたことが無いので、この温度感です。笑

「●●さん」とは一応名刺交換して、二言三言交わしますが、それ以上仲良くなることは無く、私が「招待」を重く受け止めていたこともフォローもされず…涙

そんなアホなことを何度か繰り返しているうちに、Facebookの「招待」って、そんなに重く受け止めなくても良いんだ、なんなら無視してても良いんだ、ということが分かり、今に至ります。

当時の私はこんな感じで、お誘いいただいた飲み会はほぼ全て出席し、しかも、起業のストレスから腰が痛くなってブロック注射を打って、やっと歩いたりしておりましたので、電車での移動が困難で、タクシーで飲み会に駆け付けたりしておりました。涙

なので経費の「交際費」と「交通費」がハンパなかったです。苦笑

今は、都合が悪ければ堂々とお断りしますし、そんなことで嫌われないと思っておりますし、もし嫌われたとしてもしょうがない、ぐらいに思っておりますが。

自分の時間が一番大事です。笑

「初めての時」しか出せない「魅力」

…とまぁ、お断りする勇気が無かったうえに、勘違いだらけだった私の起業当初ですが、誰でも「初めて」の瞬間ってありますし、その「初めて」が魅力に転ぶこともありますよね!

(※注 私の起業当初は悪い例です。笑)

今回は、

「初物感」を醸し出して、見る人を初心に帰らせてくれる色

●ほんの少しの「緊張感」が「フレッシュ」なイメージとして伝わり、見る人を飽きさせない色

の2色をご紹介したいと思います!

ところで、私が苦手なもの。

パッと思い浮かぶだけで2つございまして、1つは、立食パーティです。

なにせ私は雑談が苦手なので、立食パーティでは手持無沙汰になってしまい、お寿司やサンドイッチを、ひたすら食べているだけになっています。泣

もう1つは、駆け引きです。

相手がこう言ってきたら、こう言おう。
相手にこう言わせるために、こう言おう。

…はい、できません。

相手の言動なんて読めないですし、読めないものに対してコチャコチャ考えるのは時間のムダだと思っておりますので、さっさと本題を言いたい派です。

なのでご紹介する2色についても、ためずに、焦らさずに、さっさと答えを言いたいと思います!笑

初心に帰らせてくれる色

それは「ピンク」です!笑

「ピンク」は見た人に「優しい」イメージを与え、緊張感を和らげてくれる効果があります。

そして「男性・女性」で言えば「女性」を彷彿とさせ、「女性」の中でも大人の女性ではなく、「少女」を表現できるのが「ピンク」です。

そんなところから「ピンク」は、見る人に「若々しい」イメージを与え、いつも「初物感」を醸し出し、見る人を初心に帰らせてくれる効果もあるのです。

この効果は、例えば下記の場面に活かすと効果的です!

●ルーティンの作業を行うファイルを入れるクラウド上のフォルダの色を「ピンク」にする。

●ルーティンの予定を、カレンダー上で「ピンク」に塗る。

●ダイエット食品を食べるお皿の色を「ピンク」にする。←私です。笑
でも5キロ痩せましたよ!「ピンク」だけでなく、様々な努力の相乗効果だと思いますが。

●ダンナと久しぶりに二人でお出かけする際に「ピンク」「ピンク」の服を着て、「古女房」と言わせない。

●月初に「ピンク」のネクタイで出社して、部下に「前月の続きの今月」ではなく「前月は昨日で終わり。悪いことは引きずらない。『今月』という全く新しいステージが今日から始まる」と強く認識してもらう。

・・・上記のように、生活を細かく棚卸ししてみると、「ピンク」の効果を享受できる場面はたくさんあるのではないかと思います!

この機会に、是非、取り入れてみてくださいね♪

飽きさせない色

それは「水色」です!笑

空の色でもあり海の色でもある「水色」は、空や海の雄大さを彷彿とさせ、それが「爽快感」に繋がります。

でも「水色」の本当の魅力はそこに留まりません!

「水色」は文字通り「水」の色なので、水の性質…その場に留まっていない流動性が、一瞬しか無い「緊張感」となり、それを隠し味として演出することができる…それが「水色」の本領なのです!

また「水」は透明なので、汚れの無い潔癖さ…それもまた、心地良い「緊張感」に繋がります!

つまり「水色」はただ単に「爽やか」なだけではなく、ほんの少しの「緊張感」も感じさせることができる色なので、それが見る人を「飽きさせない」という効果になるんですね。

この効果は、例えば下記の場面に活かすと効果的です!

●気合を入れたい会議の予定を、カレンダー上で「水色」に塗る。

●ルート営業の相手先に訪問する際に「水色」のネクタイを身に着ける。

●クライアントに出した提案が通らず、再チャレンジする時の提案書のメインカラーを「水色」にする。

●Excelで見積書を作っている時に、似たような項目で入力を間違えて計算間違いしないように、セルの要所要所を「水色」で塗る。

回数をこなしていると、どうしても「飽き」がきますが、「水色」は適度な緊張感を与えてくれるので、ビジネスシーンではとても役に立つ色だと思います!

こちらも「ピンク」同様、是非、取り入れてみてくださいね♪

本日のカラー戦略的結論

「ピンク」と「水色」は時間と気持ちのコントロールができる

現代のカラー戦略で読み解いた「まとめ」

オンラインでの隠しワザ

この記事に関する「オンラインでの隠しワザ」を、プラスアルファ掲載したPDFブックをご購入いただくことができます!

*「オンラインでの隠しワザ」はPDFブックの限定企画です。

<ご料金>
1本200円(税別)

<お支払い方法>
クレジットカード
お申込み後、事務局よりカード決済用の請求書をお送りいたします。

初月無料! 半年ごとの定期購読

とてもお得な定期購読です!
毎月3回、「カラー戦略」を楽しくご紹介しているPDFブックをお届けします!

●過去記事に「オンラインでの隠しワザ」をプラスアルファ掲載したPDFブックを、月に2回お届け

*「オンラインでの隠しワザ」はPDFブックの限定企画です。
*「カラー戦略マガジン001」から順番に届きます。


●定期購読者だけの特典!
「お仕事がはかどるインテリアの色」を掲載したPDFブックを、月に1回お届け

<ご料金>
月額500円(税別)
初月無料です!
まずは無料にてご体験いただき、2ヶ月目以降も定期購読するかどうかをご検討くださいませ。

<お支払い方法>
クレジットカードによる自動決済です。

<お届け期間>
半年間
その後の更新はご自由です。

気に入った記事だけをご購入

これまでの記事の中から、気に入った記事だけを、何本かまとめてご購入いただくことができます!
こちらも「オンラインでの隠しワザ」をプラスアルファ掲載したPDFブックです!

*「オンラインでの隠しワザ」はPDFブックの限定企画です。

<ご料金>
1本200円(税別)

<お支払い方法>
クレジットカード
お申込み後、事務局よりカード決済用の請求書をお送りいたします。

マガジン先取り!無料メルマガ

こちらの「あなたの『選ばれ力』をアップする!カラー戦略マガジン」を、毎月2回、無料メルマガにてお届けしております!

弊社WEBサイトに掲載するよりも早く、情報を先取りしていただくことができます。

カラー戦略マガジン バックナンバー

過去のカラー戦略マガジンをご覧になっていただくことができます。

noteでできる定期購読

noteユーザーの方には「定期購読マガジン」がおススメです。

お問い合わせ

過去に「カラー戦略マガジン」をご購入いただいた方で、カード決済から2週間以上経っているのに、PDFが送られてこない方は、大変恐れ入りますが、こちらからお問い合わせをお願いいたします。

カテゴリー
お客様たちのお声 研修・講演系

自分が色で例えられる

チームビルディング研修

受講者

女性

自分が色で例えられる・・・それによって、こんな人ですね。先生がおっしゃった時はビックリしました。

初めての経験で、少し戸惑いましたが次回の講習を楽しみにしています。

有り難う御座いました。

カテゴリー
お客様たちのお声 セッション・レッスン系

目黒さんのアドバイスを生かすことができている自分が嬉しい

MeDeRu®ブランディング

個人事業主

女性

現在、社内向けの動画を作っています。今までのようにパワポをベースとして作っていますが、目黒さんのアドバイスを生かすことができている自分が嬉しくて、、、、、、自信を持って表現できます。
このお礼を直ちにお伝えしたくて、、、

カテゴリー
資料作成講座

資料作成講座 第1限目:パワポの提案書

<第1限目の教材>パワポの提案書

PowerPointで作成された実際の提案書を教材にして、Before(改善前)とAfter(改善後)を見比べていただきながら、良い点と改善点を目黒潤が解説していきます!

Before

After

教材をご提供してくださったのは、新日本パワーサプライ株式会社様です!

新日本パワーサプライ様は、マンション1棟単位でご提供するマンション一括受電サービスや、一括インターネットサービスをご提供している企業です。

ものすごく大雑把に言うと、電気料金を安くなるサービスをご提供なさっています。

本社が広島で、東京にも事業所があるので、ご興味のある方は、メルマガ講座後半のボタンから、新日本パワーサプライ様のHPに飛んでみてくださいね!


今回教材にさせていただいたのは、「提案書」です。

よく考えて作られている、レベルの高い提案書で、「絶対にここは直した方が良い! ヤバいよヤバいよ~」というようなところはございませんでした。笑

しかし「色」と、あと少しレイアウトを変えるだけで、もっと綺麗に、もっと分かりやすい資料になるので、お客様の「感性」にもっと響きます!

「感性」に響くものは、思考や理性でのストップがかからないので、どんどん相手の中に入っていきます。

そして、もっと売上をつくり出す資料になるのです!

それではこちらの提案書の「良い点」と「改善点」を解説していきましょう!

Before

<解説>Beforeの良い点

◎青系をメインに使用し、他の色をあまり使用していないので、全体的にスッキリした印象を与えています。


◎文中の重要箇所の赤文字に下線を引き、ユニバーサルデザインに留意しているのは意識がお高いです!
素晴らしい!!


◎さらにユニバーサルデザインとして優れたフォントである「メイリオ」を使用していますね!

色とフォントのダブル作戦でユニバーサルデザインに留意しているのは、多様性とともに生きる、今の時代を反映されていて、大変素晴らしいですね!


◎ブロックで区切られたレイアウトなので、紙面が整理されて、見やすいですね!


上記の如く、ユニバーサルデザインに留意された、とてもレベルの高い提案書ですが、もっと「感性」に訴えて、売上に直結する資料にしていきましょう!

「感性」に響くものは、思考や理性でのストップがかからないので、どんどん相手の中に入っていきます。

それが売上に直結します!

After

<解説>Afterで改善した点

<訴求テーマ>

北海道を除く全国でサービスをご提供しているという「サービス提供範囲の広さ」をアピールして、お客様にご安心していただく。

After

●ヘッダーの線に使用されている明るい水色が、新日本パワーサプライ様のコーポレートカラーのようですね。

右上のロゴとも同色なので、この水色を、提案書のメインカラーにすることに決めました。

メインカラーを決めて全体の色を統一すると、紙面にまとまりが出るので、見やすく、分かりやすい資料になりますよ!

Before

●Beforeでメインカラーとして使用されている青は、おとなしくて固い雰囲気の青ですね。

一方、コーポレートカラーの水色は明るく開放的な雰囲気なので、同じ青系でも、相反する雰囲気を持っています。

目的を定めずに、この相反する雰囲気の2色を同時に使用すると、両方の個性が活きません。

●Beforeのメインカラーの青…おとなしくて固い雰囲気
●Afterのメインカラーの水色…明るく開放的な雰囲気

今回は訴求テーマが「サービス提供範囲の広さ」なので、明るく開放的な雰囲気の方がテーマに合致すると考え、コーポレートカラーの明るい水色を、メインカラーに使用することに決定しました!

Before
After

●メインカラーがコーポレートカラーの水色だけだと単調で、グラフや見出しの色など、箇所による使い分けが難しいかもしれませんので、この水色の中で、濃い色と薄い色を作りました。

例えば、After右下のブロックをご覧になってください。

タイトルの背景には濃い水色を使用し、説明文の背景には薄い水色を使用しています。

このように、同じ「コーポレートカラーの水色」でも、その中で濃い色と薄い色を作り、使い分けています。


●「コーポレートカラーの水色」の中で、濃い色と薄い色を使い分けることで、見やすく、分かりやすくなります。

また、統一感を持たせながらも紙面の中でメリハリが付くので、リズムが生まれ、それが「綺麗だな!」「分かりやすいな!」と相手の感性に響きます。

After
Before

アクセントカラーは1色で良いのです!

Beforeはオレンジと赤の2色がアクセントカラーになっていますが、両方とも目立つ色で、両方とも主張するため、紙面がガチャガチャして散らかります。

これは下品な印象になりますし、読みにくくもなります。

メインカラーが明るい水色なので、アクセントカラーには、メインカラー同様に明るい雰囲気を持つ色の方が、紙面全体の統一感が出ると考え、赤より明るい雰囲気を演出できるオレンジを、アクセントカラーに決定しました。

そして赤は使用しないことにしました。(赤よ、ゴメン)

After

●Afterのアクセントカラーのオレンジですが、グラフの中のオレンジと、文中のオレンジでは、微妙に濃さを変えています。

文中のオレンジは、文字の読みやすさを担保するために、若干濃くしています。

これは相手に気付かれないかもしれない、地味な工夫ですが、相手に「読みにくいな…」と思われないために、必要な工夫なのです。

「読みにくいな…」と思われたら、スムーズに流れていたものが、そこで止まってしまいますから。


●紙面の中で大きな面積を占める日本地図は、目に入りやすいので、オイシイ材料です♪

この地図を徹底的に有効活用しましょう♪

決して野放しにしないように。笑

この紙面で最も訴求したいことは「サービス提供範囲の広さ」なので、そのことをこの地図を使って、相手の感性に響かせます!

サービス提供範囲を大きく丸で囲み、その関連箇所(右側のグラフ)と矢印で繋ぎました。

文章を読んでもらえなくても、この地図が目に入れば、たくさんの場所でサービスをご提供しているということを、一発で伝えることができます!

After

●Afterの地図上で、サービス提供範囲を囲んだ丸は、メインカラーの明るい水色にし、さらに透明度を70%にして、周囲になじませました。

大きいので、目立ち過ぎる懸念がありますが、目立ち過ぎると周囲に悪影響を及ぼしますので、それを避けるための配慮です。

After

●Afterでは、文章を黒と濃い灰色で使い分けました。

全てが黒だと、紙面の白とハレーションを起こし、目がチカチカする懸念があるので、それを防ぐためです。

そして、濃い灰色を使うと、もうひとつ良いことが。

濃い灰色の文字は、スッキリと洗練された印象を与えます♪

Before

●Beforeのヘッダーの真下の文章「全国32都道府県で~」の色は、どこにも関連性の無い色でした。

関連性の無い色は、紙面の中で浮き、それが違和感に変わり、相手の感性に響くことから遠ざかってしまいますので、極力使用しないようにしましょう。

Afterでは、この文章の重要箇所(冒頭)にアクセントカラーのオレンジ、それ以外は、黒に近い濃い灰色を使用しています。

After
Before

●Beforeをご覧になってください。

地図の下の文章ですが、太文字が多いとうるさい印象になってしまいますし、洗練された印象にもなりませんので、Afterでは、通常の太さにし、文字の大きさもBeforeより0.5pt小さくしました。

太さを通常にし、大きさを小さくしても、余白をちゃんと確保していれば、読みやすい資料になります。

余白を活かすことが、とても大切です!



●ブロックで区切ったレイアウトをさらに活かすために、右側の、上半分と下半分のタイトルのデザインを同じにして、ブロックでの統一感を出しました♪

After
Before

●Beforeの右上のグラフタイトル「供給戸数」は読まなくても分かりますよね。

こういうのは勇気を出して削除です!

その分、紙面を節約できて、余白として使えたり、他の要素を入れることができますので、良いことづくめです。


●Afterでは、グラフと凡例の色を揃えました。

こういう棒グラフと折れ線グラフのような、2種類のグラフが複合されているグラフは、凡例も2種類あるので、どっちがどっちの凡例なのか、一目で分かりにくい場合があります。

そんな時は、色を揃えて、色に伝えてもらいましょう!

今回は、

供給戸数…水色
供給棟数…オレンジ

に揃えました♪

これでどっちがどっちの凡例なのか、一発で伝わるようになりましたね。

After

●Afterでは、右下のブロックをメモを貼ったようなデザインにし、おしゃれな雰囲気を演出しました!

右下の角がめくれているようにして、本物のメモっぽくしたことがミソです。笑

このデザインは、PowerPointの「図形」を組み合わせてできます!

とても簡単なのですが、このおしゃれ演出が、メインカラーの水色の、明るく開放的な雰囲気をより強調し、訴求テーマの「サービス提供範囲の広さ」の強調に繋がっていきます!

<第1限目のまとめ>テストに出ますよ。笑

★その紙面(資料)では、何を訴求したいのか、狙いを定めよう!そしてその「狙い」を表現できる色を使おう!

→「サービス提供範囲の広さ」を訴求したく、それを表現するために、明るく開放的な雰囲気の水色をメインカラーに選びました。


★アクセントカラーは1色で足ります!

→Beforeでは赤とオレンジの2色がアクセントカラーになっていましたが、Afterではオレンジ1色に絞りました。


★図形と色を駆使して「読まなくても分かる・見ただけで分かる」資料を目指そう!

→地図上でサービス提供範囲を大きく丸で囲みました。

→グラフと凡例の色を揃えました。

カテゴリー
お客様たちのお声 カラーコード・デザイン系

社員みんなが感動

販促ツール無料診断

代表取締役

男性

当社やグループ会社の社員にも見てもらったのですが、みんな感動してました!

広島はビジネスや人から刺激を受けることが少ないので、とても勉強になってました。
これをキッカケに少しでも各員が前向きに、貪欲になればいいなと思ってます。

資料作成した●●が、すごく納得してました。
あと目黒さんにも元々の提案書を評価頂いたことも喜んでました!

カテゴリー
カラー戦略マガジン

カラー戦略マガジン027:色褪せる ~色褪せるも「役割」~

あなたの「選ばれ力」をアップします!

特許取得の色彩設計師® 目黒潤の「カラー戦略マガジン」を開いてくださり、どうもありがとうございます!

こちらのマガジンでは、古来から伝わることわざや慣用句から「色」が入っているものをピックアップし、現代のカラー戦略で読み解いていきます!

あなたの日々の生活や、ビジネスシーンに活かしていただき、「選ばれ力」をアップしていただけたら、とても嬉しく思います!

色彩設計師® 目黒潤

本日のお題

色褪せる
(いろあせる)

こちらの意味は・・・

1 色がさめる。色が薄くなる。

2 美しさやみずみずしさなどがなくなる。新鮮みがなくなる。衰える。

(出典:goo辞書)

だそうです。

こちらは現代の日常でも、よく使われる慣用句ですね!

暗黒の高校時代

私は高校時代、やさぐれておりまして、学校も休みがちでしたので、出席日数ギリギリで卒業しました。

中学の時は卒業生代表で答辞を読むほどの優等生だったので、まさか自分がやさぐれるとは思わず、希望に胸を膨らませて、その地域ではトップクラスの進学校に入学したのですが、入学してしばらくしたらヤル気が無くなってしまったんですね。

ヤル気が無くなった原因は2つございまして、

まず1つ目は、通学に、徒歩+バスの乗り継ぎで片道2時間かかっていたので、それに身体が疲れてしまったこと(能登半島のド田舎ですからねー。。。)

そして2つ目は、私は母子家庭の育ちなのですが、私が進学校に入学できたことを、母が誇りに思ってくれたのを過剰に受け止め、プレッシャーに耐えられなくなってしまったこと。

・・・という2つがあったなーと、今は分析しています。

当時は、宿題をやってこなかったら殴る先生もおりまして、私もガンガン殴られておりました。

女子とかそういうのは、関係無かったです。汗

兼業農家で鍛えた先生だったので、腕が太く、殴られた後も、結構長い時間ジンジン痛かったのを、今でも覚えています。

殴られるのはまだ良いのですが(本当は良くありませんが)先生に無視されるのには、とても辛いものがありました。

まぁなんせ、授業中は寝ていますし、体育はバックレますし、早退はしょっちゅうですし、学校行事はまるごとサボっておりましたので、先生にかわいがられないのは仕方ないのですが、先生からのあからさまな無視は、さすがにこたえましたね。

先生が授業の最初に、教壇のすぐ前に座っている生徒に「今日は何ページからだっけ?」と何の気なしに聞くのは普通だと思いますが、私が席替えのくじ引きに負けてその席に座っていると、先生は私を無視して、私の後ろに座っている子に「今日は何ページからだっけ?」と聞いておりました。

私の後ろに座っている子も、答えにくそうでしたよ。苦笑

素行が悪い私が悪いのですが、そんな自分のことは棚に上げて、とても傷ついておりました。

そして私はもっともっとやさぐれ、中学の時の優等生だった自分が反動にもなり、全てがイヤになって、しょっちゅう学校を休むようになってしまいました。

学校に行かずに自室に閉じこもっていた私は「人類はどうして生まれたのだろう。私は生まれてこなくても良かったんじゃないか」ということをずっと考えておりました。

学校に来ない私を心配して、公衆電話から電話をかけてきてくれた友達、私を心配して泣いている母親、、、たくさんの人たちに、心配をかけました。

やさぐれて、自分の「生」にも疑問を持っていた自分、心配してくれた友達と母親、そういったことが全て黒くドロドロしたものになって、私にねばねばとまとわりつき、自由に動けないような気持ちになっていました。

大人になってもこの感情は色褪せず、高校時代のことは思い出すのもイヤでした。

生涯の伴侶と出逢い、30歳を過ぎて結婚披露宴をする時にも、司会者の方が、私が生まれた頃からのエピソードを披露したいとおっしゃいましたが、高校時代はすっ飛ばしてもらいました、暗黒なので。

高校がある地名を聞くのもイヤでした。

暗黒の感情が3秒で溶けて無くなった強烈なもの

だけど3年前に、これらの感情は溶けて無くなりました。

きっかけは、3年前のゴールデンウィークに帰省した際に、高校の最寄り駅「羽咋駅(はくいえき)」にたまたま立ち寄ったことです。

高校がある街は「石川県羽咋市(はくいし)」という街なのですが、昔から「UFOが出る街」として全国的に有名な街です。

高校の同級生にも、UFO目撃者が多数おりました。

そんな羽咋市の中心部にある羽咋駅に、私が高校生だった30年前には無かったものが、3年前にはありました。

それは何かと言うと、めちゃくちゃなデザインの「UFOのオブジェ」です。

失礼な言い方で羽咋駅には申し訳ないのですが「オブジェ」というよりは「おもちゃのプラモデルの大きいヤツ」といった感じでしょうか。

UFOを載せている石の台も「ジャーン!」という文字の形をしています。。。なんとも自由なセンスですね。笑

この、力が抜けるくらいに意味不明なもの(←羽咋駅の皆さん、ごめんね!)が市の中心部である羽咋駅に、堂々と鎮座ましまししているのを見たら、なんだか「もういいんだなぁ~」という気持ちになり、今まで私にまとわりついていた黒いねばねばが溶けて、、、流れていき、、、そして無くなりました。

高校時代のイヤだった記憶と暗黒の感情が「色褪せた」瞬間でした。

あんなに苦しんでいたのに、、、溶けて流れて、無くなるのは一瞬でした。

3秒くらい?笑

「色褪せる」って、もっと強烈なものが出て来るから「色褪せる」のでしょうね。

ずっと同じ温度で、同じレベルで、鮮明な記憶を保つのは不可能ですものね。

プレゼン資料の中の「色褪せる役割」

「色褪せる」の意味は、なんと、プレゼン資料作成のテクニックにも活用できます!

「色褪せる」=「薄くした色」と考えていただければ、

特に、

写真を載せたプレゼン資料

に活きますよ!

例えばこんな感じです。昨日の私の頭の中を、PowerPointで表現してみました。笑

こちらは「写真」が活きるように、見出しや重要箇所などの色を付けた箇所は、全て「1つの色相」でまとめています。

ちなみに「茶色の色相1本」で作りました。

上の画像の、右から5本目が「茶色の色相」ですが、見出しや重要箇所など、色を付けた箇所はこの色相1本だけで作られています。

「写真を載せたプレゼン資料」って、その写真だけでも、様々な色が使われていますよね。

PowerPoint紙面全体の色どりとしましては、もうその写真の色だけで十分なのです。

ただでさえ、写真に様々な色が使われているのに、見出しや重要箇所でさらに色を使うと、まとまりの無い「まずどこを見て良いか分からない資料」になってしまいます。

どこを見て良いか分からなくなったお相手の頭の中は、、、「思考停止」になります。

「思考停止」はつまり、、、「ペンディング」になりますね。

「ペンディング」は怖いですね!
「検討しておきます」と言われ、そのままお蔵入りになってしまうこともありますからね。

それを防ぐために!
本日のアポイントメントに対するなんらかの結論を、お相手からいただくために!

お相手がまず、
どこを見れば良いか分かる資料

を作成しましょう!

そのために、特に写真を載せた資料では、見出しや重要箇所など、目立たせるために色を付ける箇所は「1つの色相」に絞ります!

「色相が1つ」でも、その色相の中の濃い色や薄い色を組み合わせれば、メリハリがつき、リズムができるので、寂しい印象や暗い印象にはなりません!

写真自体に様々な色がございますので、1つの色相しか使っていなくても、絶対に寂しい印象や暗い印象にはなりません!

それでは、具体的なやり方をお伝えしますね!

パワーポイントの色のパレットには「基本色」と、それを濃くした色や薄くした色が載っていますね。

色相の柱の、上3つあたりが「基本色を薄くした色」なので、これらを「基本色」の「補佐」として使うのが、ミソなのです!

1)見出しや重要箇所…基本色
2)上記1)以外の箇所…基本色を薄くした色


という風にシンプルに使い分けるだけで、写真が活きて、まずどこを見れば良いかも分かる、まとまりのある資料になります!

では、上記1)と2)を意識して、もう一度「昨日の私の頭の中」をご覧になっていただいても宜しいでしょうか(下に再掲出します)

見出しの「本日の夕飯は何にするか?」と<結論>の「おでん」に、まず目が行くのではないかと思います。

それは、まず見ていただきたい見出しと重要箇所である<結論>を「基本色」で、それ以外の箇所を「基本色を薄くした色(色褪せた色)」で記載し、メリハリをつけたからです。

見ていただきたい箇所を確実に見ていただくようにコントロールする「ビジネスカラー戦略(R)」です!

第1情報は「基本色」で、それ以外のものは「薄くした色」で

まとめますと、プレゼン資料のなかで、お相手にまず見ていただきたい第1情報は、

色褪せていない「基本色」

で記載しましょう!

そしてそれ以外の箇所は、

基本色を薄くした色(色褪せた色)

で記載しましょう!

私の人生に例えますと、

●UFOのオブジェ(第1情報/強烈なもの)…基本色
●暗黒の高校時代(色褪せてよいもの)…薄くした色
●今現在の楽しさ(活かしたいもの)…写真

という整理の仕方です。笑

全ての記憶を、ずっと同じ温度で、同じレベルで、鮮明に保つのが不可能なように、プレゼンのお相手のご理解も「順々」なのです。

なのでこちらが、

「まずはここを見てください!」

とナビゲートした方が分かりやすいですね!

そして私達が見ていただきたい「第1情報」をまずは見ていただき、ご理解いただければ、方向性がハッキリし、お相手を迷わせずに済みますので、スピーディな決裁にも繋がります!

コロナが少し落ち着き、世の中の停滞が動き出した感がある昨今、本領を発揮して、どんどん動いて行きたいですね!

本日のメルマガが、あなたの「選ばれ力」アップに繋がりますように!

本日のカラー戦略的結論

色褪せるも「役割」

現代のカラー戦略で読み解いた「まとめ」

オンラインでの隠しワザ

この記事に関する「オンラインでの隠しワザ」を、プラスアルファ掲載したPDFブックをご購入いただくことができます!

*「オンラインでの隠しワザ」はPDFブックの限定企画です。

<ご料金>
1本200円(税別)

<お支払い方法>
クレジットカード
お申込み後、事務局よりカード決済用の請求書をお送りいたします。

初月無料! 半年ごとの定期購読

とてもお得な定期購読です!
毎月3回、「カラー戦略」を楽しくご紹介しているPDFブックをお届けします!

●過去記事に「オンラインでの隠しワザ」をプラスアルファ掲載したPDFブックを、月に2回お届け

*「オンラインでの隠しワザ」はPDFブックの限定企画です。
*「カラー戦略マガジン001」から順番に届きます。


●定期購読者だけの特典!
「お仕事がはかどるインテリアの色」を掲載したPDFブックを、月に1回お届け

<ご料金>
月額500円(税別)
初月無料です!
まずは無料にてご体験いただき、2ヶ月目以降も定期購読するかどうかをご検討くださいませ。

<お支払い方法>
クレジットカードによる自動決済です。

<お届け期間>
半年間
その後の更新はご自由です。

気に入った記事だけをご購入

これまでの記事の中から、気に入った記事だけを、何本かまとめてご購入いただくことができます!
こちらも「オンラインでの隠しワザ」をプラスアルファ掲載したPDFブックです!

*「オンラインでの隠しワザ」はPDFブックの限定企画です。

<ご料金>
1本200円(税別)

<お支払い方法>
クレジットカード
お申込み後、事務局よりカード決済用の請求書をお送りいたします。

マガジン先取り!無料メルマガ

こちらの「あなたの『選ばれ力』をアップする!カラー戦略マガジン」を、毎月2回、無料メルマガにてお届けしております!

弊社WEBサイトに掲載するよりも早く、情報を先取りしていただくことができます。

カラー戦略マガジン バックナンバー

過去のカラー戦略マガジンをご覧になっていただくことができます。

noteでできる定期購読

noteユーザーの方には「定期購読マガジン」がおススメです。

お問い合わせ

過去に「カラー戦略マガジン」をご購入いただいた方で、カード決済から2週間以上経っているのに、PDFが送られてこない方は、大変恐れ入りますが、こちらからお問い合わせをお願いいたします。

カテゴリー
カラー戦略マガジン

カラー戦略マガジン026:十人十色 ~その前の「一人一色」~

あなたの「選ばれ力」をアップします!

特許取得の色彩設計師® 目黒潤の「カラー戦略マガジン」を開いてくださり、どうもありがとうございます!

こちらのマガジンでは、古来から伝わることわざや慣用句から「色」が入っているものをピックアップし、現代のカラー戦略で読み解いていきます!

あなたの日々の生活や、ビジネスシーンに活かしていただき、「選ばれ力」をアップしていただけたら、とても嬉しく思います!

色彩設計師® 目黒潤

本日のお題

十人十色
(じゅうにんといろ)

こちらの意味は・・・

考え・好み・性質などが、人によってそれぞれに異なること。

(出典:goo辞書)

だそうです。

こちらは現代の日常でも、よく使われる慣用句ですね!

天照大神(アマテラスオオミカミ)の圧倒的なリーダーシップ

私は神社巡りが好きで、一人で全国どこの神社でも行きますが、コロナ前は1年に2回ぐらい、三重県の伊勢神宮に参拝していました。

伊勢神宮は、太陽の神様である天照大神(アマテラスオオミカミ)が祀られていて、神社の中でもトップクラスに名高い神社ですね。

ある時の参拝後に、伊勢神宮横の有名な「おかげ横丁」で、これまた有名な「赤福」をほおばっている時に、周りを見渡して、ハッ!と気付いたことがありました。

それは、ほんっとぉ~に色んな人が、参拝客だということです。

お金持ちそうな人、貧乏そうな人(←すみません)、ギャル、おじさん、マダムの集団、家族連れ、外国人、ビジネスマン。。。

本当に多種多様の属性でした。

でも、みぃ~んな、みぃ~んな、この場にいる全員が、天照大神を慕って、全国津々浦々、色んな所からやって来るんだ!と気付いた時に、天照大神の吸引力たるや、なんてすごいんだっ!!と思いました。

もちろん私も含め、参拝客全員が、敬虔な信仰心を持っているわけではないと思いますが、交通費を払ってでも、時間を使ってでも「参拝したい」と思わせ、実際に人を動かす力が、すごいなー!と思いました。

私はこの吸引力は、一種の「リーダーシップ」だと思っています。

そして「リーダーシップ」には色んな種類があるとも思っています!

ド緊張から生まれた捨て身の「リーダーシップ」

私は講演講師としても活動していますが、実は私はめちゃくちゃ緊張屋です。

講演じゃなくても、普段からお客様と接すると緊張して汗をかいて、塩を吹いた跡が黒の服だとうっすら分かるくらいですので、壇上に立つと、息が乱れ、息を吸い込み過ぎて、むせることもあるくらいです。

なのでその分、緊張を解きほぐすための手段を、周到に準備してから講演に臨みます。

その1つが「冒頭に、テッパンのギャグを飛ばす」というものです。

そうすると、冒頭から会場全体が笑いに包まれますので、私と会場の皆様に一体感が生まれ、私の緊張度合いがグーン!と下がるのです。

しかし、ここで非常に大切なのは「テッパン」のネタである、ということです。

つまり「絶対に笑ってもらえる」という確証があるネタ、ということです。

これはスベったら、それこそ諸刃の剣で、目も当てられないので、用意周到な私は「お客様の属性ごとに」ギャグをパターン化して、絶対にウケるように準備して、講演に臨みます。

私の講演の際にお世話してくださったご担当者の方々はお気付きだと思いますが、私がしつこく、講演に来てくださる方々の年代や性別を質問していたのは、このためです。

ここで1つ、私の代表的なテッパンネタを種明かししますね!

これは、70代~80代の紳士の皆様が会場の大半を埋め尽くす、東京都内で講演を行う際に使えるテッパンネタです。

あ、でも、私しか使えませんので、いいなー!と思っていただいても、マネをしていただくことはできません、すみません。

では、種明かししますね!

私の名字は「目黒」ですが、これは結婚して嫁入りしたので「目黒」になっただけで、結婚前の旧姓は「大崎」でした。

それをネタにして、

「目黒潤です。
結婚して<目黒>になりましたが、結婚前は<大崎>でした。
どちらにしても山手線ですので、そのように覚えていただければ嬉しいです!」

と自己紹介すると、、、

そうですねー、大体、200%ぐらいの確率で、

「次は五反田かい!?ワハハハハ!!」

というヤジが、会場のどこかから飛んで来ます。

そのヤジに、会場全体がドッと笑いに包まれます。

待ってました!!

これは私の心の声です。

私だけが喋るのではなく、会場も喋る、そして笑う。

これが「会場との一体感」だと思います。
そしてこれが講演のしょっぱなからできるように、こちらは仕込んでいるわけです。

そのために自分が三枚目になっても、会場全体が笑いで包まれるのなら、安いものです。

「次は、五反田かい!?ワハハハハ!!」

のお声に対しては、特に気の利いた返しをしなくても大丈夫です。

まぁ私は一応、念には念を入れて、

「気を付けまーす!」
とか
「ご心配ご無用でーす!」
とか
「間に合ってまーす!」

の3パターンを使い分けて、またちょっと笑ってもらっていますが、大切なのは、

会場にも喋ってもらう、笑ってもらう。

ということなので、それが達成できれば80%成功したも同然で、あとの返しは特に印象に残らなくても良いと思っています。

そしてその後も、クイズを出したり、ワークをしてもらったりして、会場にも喋ってもらう、笑ってもらう。

私一人で喋るのは、緊張して緊張して場が持たないので、こういう方法を思い付き、弊社のホームページにはカッコ良く「双方向コミュニケーション」なんて書いていますが、種明かしをすると、実はこういうことなのです。

でもこれは私なりの、講演講師としての「リーダーシップ」です。

「会場を盛り上げる。講演を成功させる」という役割の。

上記はリアルでの講演を例に書きましたが、withコロナのオンラインでの講演でも、私の姿勢は変わりません。

プレゼン資料づくりも「リーダーシップ」の一環

このように「リーダーシップ」って、本当に色んな形があると思っているのですが、共通するのは「雰囲気づくり、空気づくり」ではないでしょうか。

みんなをグイグイ引っ張るとか、いつも正義感に燃えているということが「リーダーシップ」の本質なのではなく、そういうことも含め、その場の「雰囲気づくり、空気づくり」が「リーダーシップ」なのではないかな、と私は考えています。

つまり、その場の雰囲気をつくり、空気をコントロールできる人が、その場の「リーダー」だと思っています!

そういう風に考えると、営業の場やプレゼンの場でも「リーダーシップ」が必要なんですよね。

私は会社員時代から数えると、たくさんの方々のプレゼンや営業トークを聴いてきましたが、ちょっと残念なのが「プレゼン資料を事前に読み込まずにプレゼンをする」方が、時々いらっしゃるということなんですね。

どこに何が書いてあるのか熟知しておらず「あの辺にこういうことが書いてあったかなー?」というレベルなのです。

ひどい方になると「きっと、書いてあるはず!」という憶測(?)レベルです。笑

ちなみに、アシスタントに資料を作ってもらえたり、社内で共通の資料がある大企業の方に多いです。笑

資料づくりって、うまいヘタもありますが、本当に個性が出るんですよね。

なので、自分だったら重要箇所は「赤」で書く!というところでも、人によってはそれが「青」だったりしますので、自分以外の人がつくった資料を事前に読み込まずに客先に持って行くと、お客様の前で「まずどこから説明するか」を探してしまいます。

それは、目が泳ぐのでバレバレです。

こんな時に、社内でせめて「色」だけでも、

●一番重要な箇所は「赤」で書くので、時間が無い場合は「赤」の部分だけを説明しよう!
●時間に余裕があったら「水色」の部分も説明しよう!

みたいなルールを決めておけば、人がつくった資料でも、あたかも自分がつくった資料のように、自分の呼吸ピッタリに、自分のリズムで、いただいた時間内で説明できるのです。

説明の優先順位を「色」で図ることができるようにしておく方法は、誰が説明する時でも、簡単で、大変分かりやすいので、超おススメです!

念のために申し上げておきますが、私は、誰かに資料を作ってもらうのが悪いと言っているわけではなく、どんな資料でも、自分の呼吸ピッタリに説明できた方が良いですよね!というお話をしています。

そしてそのために「色」で、プレゼン資料説明の優先順位を図ることができるようにしておくのは、大変有効な方法だと考えています。

「色」が目印になるんですね。

私は超ブラック企業の営業出身で、泥の中をはい回っていた記憶満載ですので(笑)お客様がちゃんと時間を取ってくださって、お席に着いてくださって、きちんと向き合ってプレゼンの場をいただけるなんて、なんて貴重でありがたいことなんだろうと思っています。

私が営業をしていた頃は「話を聴いてもらえない」「門前払い」が当たり前でしたので。

そして、お客様にもいろんなご事情があり、プレゼンの最中、ご家族のことで頭がいっぱいでこちらの話が頭に入って来ない方もいらっしゃれば、急にお腹が痛くなってしまう方もいらっしゃる、とも思っています。

つまり、自分のせいじゃなくても「満足に話を聴いてもらえない」場面は起こり得るのです。

まぁ私は営業としては大したことはありませんが(笑)「満足に話を聴いてもらえない」場面を想定して、短時間でも、その場のリーダーシップをとり、自分がプレゼンしやすいように「雰囲気をつくる。空気をつくる」のは、大切なことなのではないかな、と思っています。

その「雰囲気をつくる。空気をつくる」方法の1つが、上記のように、プレゼン資料づくりの段階から「色」で仕込んでおく方法なのです!

「十人十色」を凌駕する「一人一色」とは

プレゼン資料づくりのスキルも十人十色、お客様のご事情も十人十色。

でもこちらをお読みくださっているあなたもそうだと思いますが、自分の情熱だけは、1本の柱、1つの軸、1つの想い、例えるなら、十人十色ならぬ「一人一色」ですよね!笑

そしてあなたは、ものすごく「一途な想い」でお仕事に臨まれていらっしゃることと思います!(こちらのページを読んでくださっていることが、そのことを証明しています!笑)

そのご自分の「一人一色」を実現するために「リーダーシップ(雰囲気づくり、空気づくり)」を、あの手この手で仕込むのは、とても効果的ですね!

特に、オンラインでの「画面共有」にて、プレゼン資料をどアップで見てもらえる機会が当たり前になった昨今、

プレゼン資料作成の「色」についての社内ルール決め

は、誰がつくった資料をプレゼンしても、自分の呼吸ピッタリに説明できる超おススメの方法です!

社内の誰もが納得して、使いやすい社内ルールができるのはお一人お一人の「一人一色」が結集して、強固で大きな「一人一色」になった時だと思いますが、その時は、まさに最強ですね!

「十人十色」を凌駕する「一人一色」の集団です!

あなたがリーダーの、最強伝説です!

この方法で、あなたの「選ばれ力」がアップしますように!

本日のカラー戦略的結論

「十人十色」である前に「一人一色」

現代のカラー戦略で読み解いた「まとめ」

オンラインでの隠しワザ

この記事に関する「オンラインでの隠しワザ」を、プラスアルファ掲載したPDFブックをご購入いただくことができます!

*「オンラインでの隠しワザ」はPDFブックの限定企画です。

<ご料金>
1本200円(税別)

<お支払い方法>
クレジットカード
お申込み後、事務局よりカード決済用の請求書をお送りいたします。

初月無料! 半年ごとの定期購読

とてもお得な定期購読です!
毎月3回、「カラー戦略」を楽しくご紹介しているPDFブックをお届けします!

●過去記事に「オンラインでの隠しワザ」をプラスアルファ掲載したPDFブックを、月に2回お届け

*「オンラインでの隠しワザ」はPDFブックの限定企画です。
*「カラー戦略マガジン001」から順番に届きます。


●定期購読者だけの特典!
「お仕事がはかどるインテリアの色」を掲載したPDFブックを、月に1回お届け

<ご料金>
月額500円(税別)
初月無料です!
まずは無料にてご体験いただき、2ヶ月目以降も定期購読するかどうかをご検討くださいませ。

<お支払い方法>
クレジットカードによる自動決済です。

<お届け期間>
半年間
その後の更新はご自由です。

気に入った記事だけをご購入

これまでの記事の中から、気に入った記事だけを、何本かまとめてご購入いただくことができます!
こちらも「オンラインでの隠しワザ」をプラスアルファ掲載したPDFブックです!

*「オンラインでの隠しワザ」はPDFブックの限定企画です。

<ご料金>
1本200円(税別)

<お支払い方法>
クレジットカード
お申込み後、事務局よりカード決済用の請求書をお送りいたします。

マガジン先取り!無料メルマガ

こちらの「あなたの『選ばれ力』をアップする!カラー戦略マガジン」を、毎月2回、無料メルマガにてお届けしております!

弊社WEBサイトに掲載するよりも早く、情報を先取りしていただくことができます。

カラー戦略マガジン バックナンバー

過去のカラー戦略マガジンをご覧になっていただくことができます。

noteでできる定期購読

noteユーザーの方には「定期購読マガジン」がおススメです。

お問い合わせ

過去に「カラー戦略マガジン」をご購入いただいた方で、カード決済から2週間以上経っているのに、PDFが送られてこない方は、大変恐れ入りますが、こちらからお問い合わせをお願いいたします。

カテゴリー
カラー戦略マガジン

カラー戦略マガジン025:色眼鏡で見る ~自分自身こそ、色眼鏡で見ない!~

あなたの「選ばれ力」をアップします!

特許取得の色彩設計師® 目黒潤の「カラー戦略マガジン」を開いてくださり、どうもありがとうございます!

こちらのマガジンでは、古来から伝わることわざや慣用句から「色」が入っているものをピックアップし、現代のカラー戦略で読み解いていきます!

あなたの日々の生活や、ビジネスシーンに活かしていただき、「選ばれ力」をアップしていただけたら、とても嬉しく思います!

色彩設計師® 目黒潤

本日のお題

色眼鏡で見る
(いろめがねでみる)

こちらの意味は・・・

先入観や偏見をもって物事を判断する。

(出典:ことわざ辞典ONLINE.)

だそうです。

こちらは現代の日常でも、よく使われる慣用句ですね!

「母子家庭」で培ってしまった「色眼鏡」

皆様は、人間として一番難しいことは、何だと思われますか。

私は
「許すこと」
だと思います。

元来、短気で怒りん坊の私にとって、これはかなり難しいことで、挑戦、挑戦の毎日です。汗

寝れば忘れて、あまり引きずらないタイプの私ですが、それは「忘れる」とか「薄れる」だけで「許す」とはちょっと違うなーと思っています。

私は能登半島の、歩けばカモメにしか出会わない、ド田舎の漁師町で生まれ育ちましたが、約50年前の田舎には珍しく「母子家庭」で子供時代を過ごしました。

今でこそ、離婚とか母子家庭とかシングルマザーは珍しくない世の中ですが、昔の田舎では、親が離婚した母子家庭は村中の噂の的で、とても肩身の狭い思いをしました。

東京などの都会はまた違うと思いますが、田舎はそういう噂があっという間に広がるんですよね(田舎あるある)

個人情報の保護に無頓着な時代でもあったので、保護者名と住所が書かれた学級名簿が配られた際、保護者名が母の名前になっているので、クラスメイトにも一発で「母子家庭」がバレました。

そういうことにビクビクしていたのですが、私に肩身の狭い思いをさせている、と母に思わせているだろうということが、よけいに辛かったです。

そして私は片親の自分のことを「不幸」だと思い、両親が揃っている家庭の方を「幸せ」だと決めつけるようになりました。

高校の修学旅行の時に広島県に訪れて、被爆者の方のお話を伺う機会があったのですが、その方は初対面の方とお会いすると

「被爆者か、そうでないか」

で、まず相手を見てしまう、とおっしゃっていました。

その方になぞらえるのは大変申し訳ないのですが、私もその方と似た感覚で、初対面の相手を判断していました。

「片親か、そうでないか」

で、まず相手を見て、両親が揃っていれば
「幸せ」
そしてその方に比べると私は
「不幸」
と二者択一で決めつけていました。

・・・完全な色眼鏡ですね!

今は様々な方と出会い、色々な経験をさせていただいたお陰で、人には「幸せか、不幸か」のモノサシはたくさんあり、それらは重なり合っていると思っています。

でも、子供時代の辛い経験が強烈過ぎて、20歳ぐらいまでの私は、極端な判断しかできなかったんですね。

なので、母子家庭になった元凶の父のことをずーっと憎んでいました。

それはとても辛かったです。

人を憎むって、ものすごくパワーを使うし、自分もすり減るんですよね。

父は何年も前に亡くなっているのですが、それでも憎んでいました。

そんな私が父を許すことができて、憎しみから解放された出来事がありました。

「家系図の作成」で「大きな許し」を経験できた

父を許すことができた出来事は、
「家系図の作成」
です。

実は結構最近の話なのですが、コロナでお仕事の大半が無くなり、ヒマになった私は、ひょんなことから家系図の作成を思い立ちました。

郵送で謄本を取り寄せて、祖父母の祖父母まで遡って、結構きちんとした家系図を作成することができました。

その時に、父の名字が何度も変わっていることが分かりました。

養子に出されたのに生家に戻って来て、戻って来たと思ったらまた違う家に養子に出されて…みたいな子供時代だったようです。

父の謄本から、父が子供時代にとても寂しい思いをしたことを感じ取り、
「お父さんも辛かったんだね」
と思いました。

その時に、ホッと、父のことを許せました。

日々「許すこと」に挑戦し続けている私が「あぁ、許せたなぁ」と心から思えた出来事でした。

そういう「大きな許し」を経験して、今に至ります。

今では、両親が揃っているかどうかで相手のことを判断しませんし、父のことも憎んでいませんが、子供時代にかけた「色眼鏡」を外すのに、45年以上かかりました。

・両親が揃っていれば「幸せ」で、片親は「不幸」だという「色眼鏡」

・とにかく父が憎い、それ以外の感情は入る余地が無い「色眼鏡」

私には二段階の「色眼鏡」がありました。

「色眼鏡」って一旦かけたら、外すのは大変なのかもしれませんね!

経営者だからこその「色眼鏡」

最近、お陰様でブランドビルディングのお仕事をよくいただき、お客様のコーポレートカラーを選定させていただくのですが、経営者の方が、ご自分の会社を色眼鏡で見ているなーと感じる時があります!笑

その方々は、私がコーポレートカラーを選定する前から、勝手な予想が激しいのです。笑

例えば、

・横浜の会社だから海のイメージで「青」
・女性向け商品を扱っているので「ピンク」
・士業だから真面目なイメージで「紺」

と、自社のコーポレートカラーをキメ打ちしてしまっているのですが、これも一種の「色眼鏡」ですね。笑

私はコーポレートカラーとは、その会社の「源泉」つまり「魅力」を色にしたもので、魅力ってそんな単純なものではないと考えていますので、経営者の方に、

「まぁ~うちは横浜の会社だから、多分、青でしょ~、目黒さん!」

と言われても、申し訳ありませんが、

「アハハ~」

とか言いながら、聞き流しています。笑

そんなことを言っていたら、横浜の会社は、みんな「青」になっちゃいますから。笑

「横浜の会社」ということも、もちろん魅力のひとつ。

でも、御社の魅力は、それだけじゃないですよね?と思っています。

ひとつの魅力だけでコーポレートカラーを決めるのは、早計です。

しかし、経営者の方がご自分の会社のことを考える時、当事者として、自社の魅力を冷静に挙げられなくなるお気持ちは、よ~く分かります。

知らず知らずのうちに「色眼鏡」をかけて判断してしまう状況も、本当によく分かります。

だからこそ私が、その会社の魅力をバランス良く取り入れた、正当なコーポレートカラーを選定させていただかなければ!と使命に燃えているのです!笑

「子供時代の記憶」による「色眼鏡」

コーポレートカラーをキメ打ちしてしまっている経営者だけでなく、自分のこととなると判断が鈍るのは「人に似合う色」も然りです。

実は割と多いのが、私もそうでしたが「子供時代の記憶」に縛られている方々です。

「親にこの色は似合わないって言われた」

だから、以降、何十年も、その色を避けている方が結構多いのです。

どうしてその色が似合わないのか?という理由を考えたことも無く、ただ親御様の一言が、そのまま理由になって、固まってしまっているんですね。

40代になっても、50代になっても、その呪縛は色褪せません。

これも一種の「色眼鏡」ですね。

子供時代は世界が狭いので、親の言うことが100%ということは当たり前ですが、大人になって世界が広がっても、子供時代にかけた色眼鏡は、そのままなんですね。

私がプロとして、お似合いの色をみさせていただくと、その色が似合わないということは、全くありません。

それをご説明して、ご納得いただくと、その方の表情がガラッと変わります。
ものすごく晴れやかに、明るくなります。

「色眼鏡」を外すことができた瞬間ですね。

泣いてしまう方もいらっしゃいます。
私もその方の辛かったお心が見えて、つられて泣きます。

現代の世の中だからこその判断軸として

「色眼鏡」で人を判断するのは良くないことですが、自分自身を判断する時こそ、本当に「色眼鏡」は不要ですね!

自分自身への「色眼鏡」は、ごみポイポイです!!

「色眼鏡」って、かけていることに自分では気付かない厄介なヤツなので、ご自分の会社や、自分自身を判断する時こそ「色眼鏡を外す!」という強い意識が必要だと思います。

想定外のことが起こったり、情報が溢れている現代の世の中だからこそ、

「自分自身を判断する時は、色眼鏡で見ない!」

という、

「敢えて、見ない」

という意識が、必要な判断軸になるのではないかと思います!

色眼鏡を外すことができた自分は「【選ばれ力】がアップしている自分」ですね!

本日のカラー戦略的結論

自分自身こそ色眼鏡で見ない!

現代のカラー戦略で読み解いた「まとめ」

オンラインでの隠しワザ

この記事に関する「オンラインでの隠しワザ」を、プラスアルファ掲載したPDFブックをご購入いただくことができます!

*「オンラインでの隠しワザ」はPDFブックの限定企画です。

<ご料金>
1本200円(税別)

<お支払い方法>
クレジットカード
お申込み後、事務局よりカード決済用の請求書をお送りいたします。

初月無料! 半年ごとの定期購読

とてもお得な定期購読です!
毎月3回、「カラー戦略」を楽しくご紹介しているPDFブックをお届けします!

●過去記事に「オンラインでの隠しワザ」をプラスアルファ掲載したPDFブックを、月に2回お届け

*「オンラインでの隠しワザ」はPDFブックの限定企画です。
*「カラー戦略マガジン001」から順番に届きます。


●定期購読者だけの特典!
「お仕事がはかどるインテリアの色」を掲載したPDFブックを、月に1回お届け

<ご料金>
月額500円(税別)
初月無料です!
まずは無料にてご体験いただき、2ヶ月目以降も定期購読するかどうかをご検討くださいませ。

<お支払い方法>
クレジットカードによる自動決済です。

<お届け期間>
半年間
その後の更新はご自由です。

気に入った記事だけをご購入

これまでの記事の中から、気に入った記事だけを、何本かまとめてご購入いただくことができます!
こちらも「オンラインでの隠しワザ」をプラスアルファ掲載したPDFブックです!

*「オンラインでの隠しワザ」はPDFブックの限定企画です。

<ご料金>
1本200円(税別)

<お支払い方法>
クレジットカード
お申込み後、事務局よりカード決済用の請求書をお送りいたします。

マガジン先取り!無料メルマガ

こちらの「あなたの『選ばれ力』をアップする!カラー戦略マガジン」を、毎月2回、無料メルマガにてお届けしております!

弊社WEBサイトに掲載するよりも早く、情報を先取りしていただくことができます。

カラー戦略マガジン バックナンバー

過去のカラー戦略マガジンをご覧になっていただくことができます。

noteでできる定期購読

noteユーザーの方には「定期購読マガジン」がおススメです。

お問い合わせ

過去に「カラー戦略マガジン」をご購入いただいた方で、カード決済から2週間以上経っているのに、PDFが送られてこない方は、大変恐れ入りますが、こちらからお問い合わせをお願いいたします。